A Request for Cooperation regarding the Corruption of Power in Japa

 

G7サミット参加国の指導者、メディアへの協力要請書

 

 

2016.May  25

                 平成28年5月25

  

請願人氏名 亀尾玲子
Reiko Kameo

 

address

 〒659-00127-15-211 Asahigaoka-cyo
 
Ashiya-shi Hyogo-ken Japan

 
Tel.09211850

 

住所 〒659-0012 兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町7-15―211
電話番号 09088211850

 United States of America  アメリカ合衆国      
  President Barack  Obama バラク・オバマ米国大統領、

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland   英国
 Prime Minister   David Cameron

                  デービット・キャメロン英国首相 

Federal Republic of Germany 
ドイツ連邦共和国

Chancellor  Angela Merkel
        アンゲラ・メルケル ドイツ連邦共和国首相

Republic of France   フランス共和国
  President Francois Hollande
       フランソワ・オランド フランス大統領 

Canada  カナダ
  Prime Minister   Justin Trudeau
       ジャスティン・トルドー カナダ首相

Republic of Italy イタリア共和国
   Prime Minister Matteo Renzi
     マッティオ・レンツィ イタリア共和国首相

 Summary of Request
協力要請の概要
On May 26 and 27 the G7 Summit is being held at Ise Island, Mie Prefecture. Making use of this opportunity, I wish to send this request to the leaders of the
participating countries, as well as to the large number of mass media representatives present. My motive in making this request is to enable the leaders of the
various nations and members of the mass media to understand the distortions of power in Japan and the present situation confronting the people of Japan. As a
victim of the misuse of power myself, in the present paper I explain why Prime Minister Abe is not suited to be the chairman of the G7 Summit meeting, owing to his unconstitutional behavior, which is the greatest possible criminal action. This makes him unfit to be the leader of Japan, let alone to act like an important leader on
the world stage
. 

 In January of this year I wrote to the world leaders and media requesting their cooperation. (The English parts of that paper are attached here, and a more detailed
explanation is provided in Japanese on the Internet.) A group that has suffered from the abuse of power by Japanese political leaders functioning in league with a
corrupted judiciary sent my papers to major world leaders, the UN system, and to the international mass media. In addition, the group has made them available on the
Internet.


 On behalf of the Japanese people, I wish to show my sincere appreciation at President Obama’s decision to visit Hiroshima. As President Obama knows, from my papers
that he has received already several times, I am opposed to the Japan-US Treaty as well as to Japanese rearmament. I am especially concerned because my late-father
was a native of Hiroshima, and like many of his relatives since the Edo Period, was in business there. The atomic bombing seriously damaged the business, besides killing
many of my close relatives in such hideous manner. Conditions, as exemplified by the situation of my relatives, were far worse than have been described by the media
and by Japanese officialdom. Nevertheless, although having suffered tremendously, none of my relatives has harbored a grudge against the USA or commented negatively
about their suffering. So, when President Obama visits Hiroshima, I firmly request that he makes time to listen first hand to the people who suffered directly
.

Another reason why I am opposed to the Japan-US Treaty and strongly support the complete removal of all US military bases from Japan is that the economical and
social costs to Japan are so enormous. Yet again last week there has been a tragic criminal example of the impact of the US military presence in Okinawa. The Okinawan
tragedy is always visible, but mainland Japanese are faced with the invisible impact of political and economical crime organized by US interests

.
My family and its business is a typical victim of such a barely visible crime. Although I have been requesting that President Obama, Foreign Secretary Clinton, and later
Mr. Kerry, and US Ambassadors Roos and Kennedy send a formal investigation team and also provide me with an opportunity to explain the US officials, nothing has been
done. In fact, I have never received a response

 Since Japanese leaders, the judiciary, and the media, typically hide or cover-up such crimes, I have no alternative but to open the case worldwide, because I have a very
large amount of supporting evidence to corroborate my statements. Further, I wish to let the world know how US large-scale enterprises use Japanese power to make
vast profits and control Japan, and likely the all of Asia, using Japan as a base. The US conflicts with China and Russia must be interpreted in these terms.


 Further, I strongly believe that President Obama has a duty to meet Governor Onaga, of Okinawa, as Govenor Onaga has requested.


 (An additional explanation is attached below.)

 A Request for Cooperation regarding the Corruption of Power in Japan

 日本の「国家権力の腐敗」に関する協力要請

           (1)

 

ENGLISH and JAPANESE ABSTRACTS

                    英語、及び、日本語の概要

                 2016.Jan.2
                 平成28年1月29日


請願人氏名 亀尾玲子
Reiko Kameo

address

〒659-00127-15-211 Asahigaoka-cyo
 
Ashiya-shi Hyogo-ken Japan

 Tel.09211850

 住所 〒659-0012 兵庫県芦屋市朝日ヶ丘町7-15―211
  電話番号 09088211850

Contents  項目

 1.Preface   English  p. 45
  序文 日本語  p 2628
2.Purpose of  my Request   English  p.  511
   協力要請の目的   日本語 . 2833
 
3Concrete Issue    English p. 1125
 
   具体的課題  日本語 p. 3365

(1) Organized Criminal Activities in Japan  p. 1112
     (Political, Economical Organized Criminal Activities)
     日本における政治経済組織犯罪の実態 日本語 p. 3340
(2) Lack of Police Intervention  p. 1213 
     警察の組織犯罪への不介入の実態 日本語p. 4045  
(3) Victim targeted by Civil Violence Lawsuits  p. 13 14 
     民事訴訟(訴訟詐欺、民事暴力)の実態 日本語 p. 45-51
(4) My Documents and Petitions  p. 14 15
     要請人が提出してきた訴状の数々 日本語  p. 5152
(5) Decoration of Major Contributors  p. 15
     権力者への勲章授与の問題点 日本語 p 5354
(6) Purpose of the petition to the Tenno  p. 1618
     天皇への請願の意図  日本語 p  54-5
7 Taking Cases to the UN Security Council and World Criminal Court p .1819
     国連安全保障理事会への訴え、及び、国際刑事裁判所に提訴の件 日本語 p . 57-60
 ()   My repeated warnings  p.1921
    協力要請人が繰り返えす危機の訴え p. 60 68

4.【referencep . 2125
     List of articles of Japanese constitution habitually violated by the Diet, courts, Public Prosecutor offices.   

4.国会議員、裁判官、検察が常習的に犯す「憲法違反」の「具体的条文」、及び、「検証が不可欠な懸案」 
  日本語 p. 68 71

5.Conclusion Based on Japanese Constitution 
    憲法的側面からの結論 (written in Japanese only  p. 7185

1.Preface
 

 Shortly, I will be sending a fourth petition to the Tenno based on Article 99 of the Constitution, because my interpretation of Article 99 gives him
the supreme authority to uphold the Constitution when national political leaders, the judiciary, and public servants are acting unconstitutionally.
Also, I discuss the topic of the Tenno of Japan being commonly mistakenly referred to as the “Emperor of Japan”.  It is important that the Japanese term “Tenno” to be
correctly translated and understood by the international society. And, among my other reasons for petitioning the Tenno is that of his successor, in order to
maintain the traditional authority of the Japanese Tenno system.


Representing people who share my sense of crisis, I will also send a fourth petition to Prime Minister Abe Shinzo, and the Leader of Koumeito, Yamaguchi Natsuo requesting
annulment of the unconstitutional
Right of
Collective Self-Defense Law, and the Specific Secret Protection Law, as well as related regulations.  Further, I will again demand that I be given the opportunity to
present at the Diet, details about the habitual and most
atrocious organized crime in Japan, which have not been revealed.

The reason I must testify at the Diet is that the organized crime I have been trying to expose was committed by the then most powerful Diet members, Fuyushiba Tetuzo,
formerly Koumeito Secretary-General,
and Itoyama Eitaro, a Jiminto Cabinet member, who planned the crime and who used the Soukagakki and the Sasagawa group. Judges and
Public Prosecutors cooperated
in making their most vicious crime almost perfect.

Further, Diet members have been collaborating in the concealment of the organized crime of Soukagakkai, the Sasagawa Group, and Koumeito for many years. Having myself been
a victim of their most vicious organized crime, for 20 years I have been trying to expose and eliminate Komeito.



All Japanese people must know about the abnormal power structure of Japan
The organized crime by which our three companies (Sangyo Shuppan, Sangyo Shimbun and Fujikosan) were targeted, was planned and led by an integrated conspiracy of
Soukagakkai, the Sasagawa group and Komeito
, which has had  the biggest influence on Japanese Politics and the Economy.


For Japanese politicians, judges, prosecutors, and the mass media, uncovering the highly illegal activities of Soukagakkai and Koumeito, that make use of violent gangsters, is an
exceedingly dangerous undertaking
.  Therefore, all Diet members join together to conceal
the involvement of the highest court and the highest public prosecutors office in the
Soukagakkai, Sasagawa group, and Komeito’s nationwide organized criminal activities.
Which I have been trying to prove at the Diet for more than 10 years.

 In Japan, many people are aware of the horror of Soukagakkai, because of the violent gangster power that exists behind it. (However, the gangsters are actually being used by
Soukagakkai, Komeito and the Sasegawa Group).



Because it is already open in the Internet.
Many people clearly understand that Soukagakkai is not only a religious, social group, but also intervenes heavily in politics, because Soukagakkai formed it’s own political Party,
Komeito.

 

 No Japanese Politician can be free of the pressure of the power of Komeito, as the role of this unconstitutional party is to perform as the puppet Government of U.S. in
Japan
.

 . Purpose of my Request
This “Request For Cooperation” is from a Japanese citizen to all the Japanese people, politicians, mass media, and experts, and also to foreign governments and mass media
concerned by “Unhealthy Political Power in Japan”.


This English abstract is a translation of the Japanese abstract that I wrote. In both English, Japanese abstracts, I added articles of the Japanese constitution violated
by Diet members, judges, public prosecutors officers,
as references. A
further explanation is added in Japanese.

At first, I would like to emphasize the importance of the Preamble of the Japanese Constitution, because it has the keyto solve the problem of all kind conflicts exist in the world,
and can be a guidance to Japan as a nation, and Japanese peoples contribute to the World Peace
.


By referring to the Preamble of the Japanese Constitution, we Japanese people can clearly recognize the fact that majority of Japanese Diet members are violating the
Constitution
.  It is the main reason that Rule of Law is collapsing in Japan.

   Constitution Article 99  The Emperor or the Regent as well as Ministers of State, members if the Diet, judges, and all other public officials have the
obligation to respect and uphold this Constitutions
.

 
Except The Emperor, nobody is faithfully keeping this obligation in Japan.

Yet, most Japanese People are not aware of this fact, the malfeasance of Power.  This phenomenon is the biggest tragedy of Japanese people, because, violation of the
Constitution and all kinds of illegal act by those who hold power have been causing deprive of legal rights, and enormous economical loss, that have led to huge number of
Japanese Enterprises Peoples Assets Lives in danger,

   Political, Economical Organized Crime exist in Japan, which power is used as tools, is deeply related with the Japan- US Security Treaty, the Japan-U.S. Status of Forces,
the Japan-U.S. alliance. 

  It is the reason I have to request cooperation widely, not only domestically, but, internationally

I start with the Preamble of the Japanese Constitution, because it is inherently the most affective words for dealing with abused power.
We reject and revoke all constitutions, laws, ordinances, and rescripts.

 

 Interpret of the Preamble faithfully,  leads to the conclusion, that  violation of the Constitution of Abe Cabinet, and, breach of trust, not only to the country and people,
 
but also to the International Society.

 Constitution Preamble
  We the Japanese people, acting through our duly elected representatives
in the National Diet, determined that we shall secure for ourselves and our posterity the fruits of peaceful cooperation with all nations and the
blessings of liberty throughout this land, and resolved that never again shall we be visited  with the horrors of war through the action of government,
do proclaim that sovereign power resides with the people and do firmly establish this Constitution.  Government is a sacred trust of the people, the
authority for which is derived from the people,
the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are
enjoyed by the people
. This is a universal principle of mankind upon which this Constitution is founded.

  We reject and revoke all constitutions, laws, ordinances, and rescripts in conflict herewith.

We the Japanese people, desire peace for all time and are deeply conscious of the high ideals controlling human relationship, and we have determined
to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world
.  We desire to occupy an honored
place in an international society striving for the preservation of peace
,
and the banishment of tyranny and slavery, oppression and intolerance for
all time from the earth
.  We recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.

We believe that no nation is responsible to itself alone, but that laws of political morality are universal; and that obedience to such laws is
incumbent upon all nations who would sustain their own sovereignty and justify their sovereign relationship with other nations.

We, the Japanese people pledge our national honor to accomplish these high ideals and purposes with all our resources.

 

  During the time of the Noda Cabinet, I explained already to U.S. President Obama about Soukagakkai, Koumeito’s political and economic organized crime, and, requested his
cooperation,
because Rockwell International, a major U.S. company was heavily involved
in the crime.


I described to President Obama, that those three groups together are the agents of U.S. for controlling Japanese politics, economy, and military affairs.

 And, I explained, it is the reason Japanese public servants and mass media are prohibited from interfering in Soukagakki, Koumeito’s illegal
activities.

 

 The principal cause of  the corruption of Japanese poweris,  the Japanese national election is totally controlled by Sokagakki, which is internationally recognized today as
a
violent cult. This can be confirmed easily on the internet
.

 After the main text, I list those articles of the constitution of Japan that are violated by the Diet, Courts, and Public Prosecutors offices.  Because, I am a rare survivor of the
organized crimes of Soukagakkai, Koumeito,
and, I can prove unimaginable violation of law by Japanese public servants holding the highest position in power, collaborating with the
anti-social activities  of  
Soukagakkai, the Sasagawa-group, and Komeito.

 Because I myself have been a victim of the organized crime of Soukagakkai,  Komeito, and also, violation of law by the Diet, courts, public prosecutors office members, I have
been petitioning the Diet in order to prove those violations of power, under every Cabinet, since Koizumi  Jimin-koumei regime.

 I have been petitioning Prime Ministers, and. many leaders of all parties.  I have been petitioning also the Supreme Public Prosecutors Office, Special District Public Prosecutors
Offices, and the mass media
.  Neither cabinet members, nor prosecutors offices accepted my appeals. Also, the mass media covered up the Soukagakkai, Koumeito’s organized
crime.

Through their behavior, I have confirmed that most Japanese mass media are not performing their duty.

 

 Certainly, one of the main causes of the corruption of the Japanese Power is that the Japanese mass media is controlled by the extraordinary power of the perpetrators of
this organized  crime, and of the USA that stands behind and actually controls them,
like “Japan Handlers”.
That means, the Japanese people have not received the Right of constitution article 21.

 Twenty Years ago, as soon as I found three of our companies and our family were targeted by Sokagakkai, Sasagawa group, Komeito’s violent organized crime,  I started to
request help from many police departments, Diet Members, and the mass media.
 
Soon after taking action to the Diet, I found out that I had stepped into the Extraterritorial Power, which is the biggest taboo of Japan.

 

※ Intervention of the Political, Economical Organized Crime of Soukagakkai, Komeito is The Biggest Taboo for Japanese Public Servants in general, and, Diet members, Courts,
Prosecutors, Mass media.
 Many decades of this vicious  circle made  the Japanese Power corrupted totally.

 Ever since I started to open the case to the Public I have never been free of threats to my life threat from violent power.  It is almost a miracle that I am still alive.  Under
isolated conditions, I cannot continue my battle with violent power, any longer, as I am now reaching my financial and psychological limits.  Yet, my willpower and a sense of
mission
become stronger by the day, in order to let the Japanese people and leaders of the world and international society and mass media
know about  the Crisis of the
Corrupted Japanese Power
.

 
I still believe that Japan as a nation  and its people can contribute to making a better world, with cooperation of the peace loving leaders of the world, mass media, civilians, civic
groups, domestically and internationally
.

I say this believing that Japan has the world most peaceful, democratic constitution.
 

Yet, unfortunately, the Japanese constitution has never been functional in Japan, as the result of its public servants abuse of power, which was given by the people.


 The Japanese people lack of an awareness of the controlled power structure in Japan since being defeated in World War II. In particular, that the Japanese people have
been neglecting the corruption of Power after the establishment of
Jimin-Komei unconstitutional Coalition Government, has been a biggest problem of
Japan.
As soon as Komeito formed a coalition with Jiminto, the corruption of power spread rapidly throughout the nation
.
 

 The corruption of Japanese power is making it most difficult for Japan to achieve the status of an Independent, Democratic, Constitutional Nation .

 During a formal visit to the US in April, 2015, Prime Minister Abe was the first Japanese Prime Minister permitted to give a speech to both houses of the US Congress. In that
speech he pledged to pass Right of Collective Self-Defense Law through the Lower and Upper houses of the Diet, without due legal process.

 
 

That incident alone is a perfect example that Japan is not yet an Independent, Democratic, Constitutional nation. 

 Most of Japanese politicians emphasize, that their most important duty is to secure the property and lives of Japanese people.  But, most of the Japanese Diet members are
interested only in securing their own position and power.  Based on my over 20 years experience dealing with many Diet members, judges, prosecutors, I have decisively
concluded that most  Japanese public servants in high position are hypocrites  and  cowards.

 The political ill affects of Soukagakkai and Koumeito have eliminated most politicians, judges, prosecutors, mass media that value justice, and democracy. As a result, Japanese
Parliamentary Constitutional Democracy has been destroyed totally.

 

※ It is an obligation of Japanese citizens to condemn the breach of trust and abuse of power of the Diet members, judges and public prosecutors.
I believe the “Power of Japanese People” can defeat the “corrupted power”
.
That is the only way, that Japan can become an independent, democratic, constitutional country.
 

 The Purpose of My Request For Cooperation is the “Establishment of Healthy Power Structure in Japan.
I want World Leaders, and International Society to become aware of the fact that Japan is still totally controlled by the supreme power of the US-Japan alliance and world wide
military league
,
and, help to free the country and people.

 

 

3Concrete Issues of Request

 () Political, Economical Organized Criminal Activities in Japan

 As I already explained , the atrocious organized criminal activities in Japan remained hidden because the criminals cooperated with the courts and prosecutor’s office to cover
their tracks and commit a perfect crime

   As is well known from the information widespread on the internet, the Soukagakkai and Komeito loaded the courts and prosecutor’s office and the Diet with people they had
trained and put in place.
Nowadays, many Japanese are worried and filled with a sense of crisis regarding “unhealthy” Diet, courts, prosecutors and power.
An excellent
example is the case of Ozawa Ichiro, who was supposed to become Prime Minister following the change from Aso’s Jiminto-Komeito coalition government to a Democratic Party
government. Ozawa’ political position was destroyed by a false court case.

 Disclosing those actions of vicious organized crime to Japanese people, and international society is my duty as a Japanese citizen, because since the 1960’s our company and
my family has been victimized
by the circumstances described in this document.

  An immense amount of assets, and people's lives are lost by those organized criminals. Yet, the fact is still hidden.

 The organized crime of which my family and our three companies were targeted, since 1960’s, from my parent’s generation, and which eventually involved me, during its last
stages alone caused us a huge loss of several hundred million dollars
.
 

 This is not just an isolated example, since many smaller crimes add up to be a massive amount that involves finally huge Japanese companies, like major banks and the Toshiba
Corporation.

Using the courts and the Public Prosecutors offices as tools, the organized crime traitors committed an almost perfect crime.

                   

()Lack of Police Intervention

 Although such a large and important case, no police have become involved in seeking a solution to this crime. I took the case to many different offices of the National Police
Agency of Japan, the Metropolitan Police Department, the Osaka District Police Headquarters, and the Hyogo District Police headquarters.
Finally, the person in charge of
criminal cases at the Hyogo District Police headquarters admitted to me that they unable to touch Soukagakkai and Komeito.  In addition, he observed that even if he accepted
the case, the Public Prosecutor’s Office would not permit it to go forward. That would damage the police’s credibility and, moreover, would not solve anything.

 
After being rejected by all the police I went to the Osaka Special Investigation Department of the Public Prosecutor’s Office.  I learned that the prosecutor’s office was totally
in collaboration with Soukagakkai- Komeito, and that all their orders were being given by the national cabinet
.

I learned from the Special Investigation Department of the Osaka District Public Prosecutor’s Office that they accepted the case and took down all manner of information, which
they then leaked to Soukagakkai-Komeito.

 Also, a large amount of material evidence was stolen, which was also leaked. The most important part of the material evidence stolen was that relating to the many decades of
criminal activities of Soukagakkai, led by our lawyer, Fuyushiba Tetsuzo,
who was Secretary-General of Komeito during the time of Prime Minister Koizumi Junichiro. Following
this our lives were often threatened.

 

() Victim targeted by Civil LawsuitsCivil Violence
     
At first it needs to be understood that the Japanese police are forbidden to become involved in civil law cases. That unwritten rule, instigated under Komeito guidance , is being
abused by organized crime to commit near perfect  crimes.

 I was the target of civil lawsuits by Toshiba Corporation and Itoyama Etaro, the latter one of the most important Jiminto position-holders for many years.  They were the ones
who actually committed the crime of fraud. While I was fighting with the Special Investigation Department of the Osaka District Public Prosecutor’s Office this civil law suit was
in the final appeal stage at the Supreme Court, in Tokyo
. I could tell that the Supreme Court and the Special Investigation Department of the Osaka District Public Prosecutor’
s Office were in collaboration against me
. I went twice to the Supreme Court in Tokyo, but on both occasions I was refused admittance to the building.

 In 1996 we removed the criminal activity group from our company, at which time all the criminals and their collaborators started to sue me and weakened our company.  The
court completely took their side against me and my company, and cooperated in the destruction of evidence.
So, although the victim, for 9 years I was being sued by many
companies who had collaborated with the Soukagakkai organized crime group
, and thus I was forced to act as the defendant.

 After I could prove the Supreme Courts and the Supreme Public Prosecutor’s Office all the way down to the branches, were acting in tightly organized manner, I started to take
the action to the Diet, at the time of the Koizumi and Komeito regime, and began to send many petitions to prominent Diet members,
starting with the Prime Minister. For over 10
years I have been doing this.

 ※ I also took action to the Supreme Public Prosecutor’s Office to sue Fuyushiba Tetsuzo, Komeito’s Secretary-General, Itoyama Etaro and Ikeda Taisaku, Honorary
President of Soukagakkai
. My entire case was refused by the Supreme Public Prosecutor’s Office.


 ()  My Documents and Petitions

 I sent the accusation documents to the Prime Minister, the Internal Affairs Minister, and also National Public Safety Commissioner of every cabinet. Finally, since 2013 my
petitions have been sent to the civilian groups victimized by the police, courts, prosecutors office, and organized criminals, and to all Diet members from the Prime Minster downwards, including former Diet members. More than 1,000 Diet members and former members alone are receiving my petitions and related documents via email.  In addition, The
Imperial Household Agency,
local governments, 80 Japanese and foreign mass media, the Supreme Court, the Supreme Public Prosecutor’s Office, beginning with the USA, over
60 foreign embassies,
as well as organization aiming for peace, receive the documents. I asked the members of the victimized groups to distribute my documents so widely
because Japanese power is controlled by the USA.


 Since the start of the Abe administration all my documents, including those sent to the Diet, the Tenno, and President Obama and the US Congress are available to the general
public all over the world on the Internet.
Even so no Japanese Diet member has accepted my petition. This demonstrates completely that Japanese power is controlled by the
USA. Meantime,
while the Diet members are not performing their duties, many Japanese lives and assets have been lost. This is the reason that I am taking this case to the UN
Security Council and the International Criminal Court.

  ()  Decoration of Major Contributor

 The last Chief Justice of the Supreme Court, Mr. Takesaki, quit before his term ended. When I was accusing the Supreme Court regarding organized crime he was its
Secretary-General.
I am sure he was handling my case under the orders of Komeito.

  I can say so decisively because when I met Fuyushiba he himself told me, in an attempt to pressure me, that he was in close communication with the Supreme Court and the Supreme Public Prosecutor’s Office, and, in particular, with their secretariats. When I was appealing to the Supreme Court, Machida was its Chief Justice. Later he was
decorated for his contributions to the nation.

 Often persons who make major contributions to Soukagakkai-Komeito or who hold positions of power are decorated.

 

※ On November 3, 2015, Richard Armitage and Donald Rumsfeld were decorated in the name of the Tenno, at the Abe cabinet’s request and probably at the insistence of the
USA.
That alone demonstrates the strength of the US control of Japanese power.

  ()  Purpose of the petition to The Tenno

 There are three main reasons why I must petition the Tenno immediately.
The underlying cause of the unconstitutional acts of Japanese politicians and judges is the Japan-US treaty.

 Although, most Japanese are against the Right of Collective Defense Law, and most constitutional experts have stated that the law is unconstitutional, the Abe Cabinet and the
Jiminto-Komeito coalition forced the Japanese people to accept it.

This is because the Japan-US treaty overrides the Japanese constitution, and creates the Japanese unhealthy political power.

 The first reason
:
As already mentioned, The Tenno, as the person having the most important duty to uphold the Constitution (Article 99, of the constitution) has the right to order the Abe Cabinet
and the Liberal Democratic-Komeito coalition to obey the Constitution.

 On behalf of the Japanese people, I hereby request that The Tenno be allowed to perform his duty.

 The Tenno is prohibited constitutionally from becoming involved in any political act. However the Tenno has the highest duty to uphold the Constitution.

 
Exploiting this situation, Prime Minster Abe Shinzo, and. most Jiminto –Komeito Diet members are using The Tenno’s authority to acquire power. Since Komeito made a coalition
with Jiminto, those who contribute to US sovereignty are rewarded with a good position and honors. Those who try sincerely to contribute to the nation and the people are either
trapped by some form of conspiracy, or threatened, or killed
. In Japan, politicians die under suspicious circumstances, but in the general society countless people have been killed
by organized crime.
The same is happening not only in the Diet, but in every public service organization.

 Since World War II, Tenno became a symbol of the Japanese people, therefore the politicians’ use of Tenno, requires that the Japanese people must take responsibility
themselves.

 
The second reason
:
Use of the term “Emperor of Japan is an incorrect translation of the Japanese title “Tenno”, since in Article 1 of the Japanese Constitution it is stated clearly that the
Tenno is the symbol of the nation and people.
In contrast, “Emperor” connotes imperialism and the expansion of power.

 This is of the utmost importance at this time, because in May, 2016, the 42nd meeting of G7 (without China and Russia in attendance) will be held at Ise, in Mie Prefecture. Ise
Shrine is the spiritual center of the Japanese, as the most revered national shrine. Shintoism cannot be considered a religion because of its basis in natural beliefs. The Tenno’s
most important duty is t
o pray, with intense physical effort, for peace for both the Japanese nation and the world. Ise shine is thus the basis of this aspect of the Tenno’s
duties. As a result, international media coverage will be intense and the term “Tenno” will undoubtedly be emphasized. Mistranslation of the term would convey an incorrect
impression worldwide
, because the Tenno system has nothing in common with the “Royal Families”.

 Further, the absence of China and Russia at the 42nd meeting of G7 is both appalling and ludicrous! After all, what kind of meeting will it be without two of the world’s most
important nations present to counterbalance the opinions of Western countries?

 The third reason;

I already mentioned this issue in the Preface. For the country and people existence of the Tenno is most important, therefore, solving the issue of his
successor in critical in order to maintain the traditional authority of the Japanese Tenno system.
The most appropriate person must succeed to the Tenno
’s position. Also, the role of the Empress is very important, and so too is another essential matter.

 

 ()  Taking my Case to the UN Security Council and World Criminal Court

 
If the present Japanese government maintains it unconstitutional stance, I will take this case to the UN Security Council and to the World Criminal Court. These organizations are
appropriate because Japan, as part of the Western-led security alliance, is threatening the lives and assets of the Japanese, as well as to provoking the rise of international
terrorism.

On July 1, 2015  I sent a document accusing the unconstitutional law-making process i.e., without first obtaining cabinet approval, used to secure passage of the Right of
Collective Self Defense Law
. In my document I said that I would be suing Prime Minister Abe, Deputy Prime Minister Aso, and Komura, the Vice-President of Jiminto, Yamaguchi,
Chairman of Komeito and Kitaguchi, Vice-Chairman of Komeito, and Minister Ota, the former Chairman of Komeito.
The last three Diet members had long-served as
“apprentices
” to Fuyushiba Tetsuso.

I know already that the Japanese Prosecutor’s Office and courts would not accept such a law suit.  So when I gave notice, my intent was to convey that I would be taking my
case to the UN Security Council and the World Criminal Court.

The Japanese Power has been always controlled by the US, and has formed unhealthy relations, not only Japan and U.S., but also, the relationships with other nations. The loss
to Japan as a nation, and people are incalculable.

 

The Japan-U.S. Security Treaty, the Japan-U.S. Status of Forces and, The Japan-U.S. alliance are all forced by extraterritorial power, which controls all the Japanese Power
Today, even after 70 years, as a defeated nation, Japan and people are virtually under U.S. sovereignty.  The Japanese Diet, courts, prosecutors office and administrative
agencies are still under the extraterritorial power of the USA
.

 Finally many Japanese citizens and groups and legal experts started taking action against Abe’s unconstitutional law-making. But, I am afraid even those peoples’ efforts will end
in vain,
since Japan is still under the extraterritorial power.  The fact, Japanese powers are controlled by the extraterritorial power has not only caused enormous economic loss
, but also, a great  many  peoples lives have been taken illegally.

Without being free of the domination of US power, Japan will never be able to become a Truly Independent, Democratic, Constitutional nation.

It is obvious, the International Military-Industrial Complex has created an enormous destruction of world peace.

It is time that the whole of international society took action to solve the problem of the unhealthy power structured by military alliance, which is lead by England and the USA.

By an unconstitutional Abe Cabinet (in a coalition with an unconstitutional party, Koumeito), Japan is now totally incorporated into the world alliance, which is against the
Japanese constitution
.


That is the reason of my petitioning the UN Security Council, and the International Criminal Court. It is time, that the whole international society get together solve the problem of
world unhealthy power of military alliance

.

 (8)  My repeated petitions and warnings

 Dissolution of the Komeito party is indispensable for Japan

 The reason for seeking the dissolution of the Komeito Party is not only because it is contrary to Japanese Constitution, Article 20, which specifies the separation of the state
and religion, but also because lies at the heart of organized criminal activities,  perverting the main powers in Japan
and making use of the violent  criminal syndicates.

 I mentioned this already in my first petition to President Obama, during the Noda regime, and noted that the group Soukagakkai-Komeito is an agent of the USA, controlling
Japanese politics, its economy and the military
. Four petitions I sent to President Obama under Abe Cabinet are available on the Internet. It is vital to understand that therefore
most laws introduced by Komeito are unconstitutional and so void.
Since I found out 20 years ago about Fuyushiba’s intimate involvement in criminal activities, I began to warn
the main politicians in Japan about it, and also indicate the need to dissolve Komeito.

 
Petition to US President Barrack Obama, and, the US Congress

 I started to send petitions to the US President and the US Congress several years ago.  And continued petitioning US Government under Abe’s Cabinet

.I sent several petitions, under Abe’s unconstitutional Cabinet to all the Cabinet Members.  Beginning three years ago, I started sending petitions to all members and chairpersons
of the Japanese Diet, Prime Minister Abe, and three times to the Tenno, and four times to Barrack Obama, and the US Congress.
 My petitions are all open to the pubic on the
Internet

.

 

※ It is important to understand that it is the duty of the Prime Minister to hand petitions to the Tenno, but that Mr. Abe has never handed my petitions to him. This
demonstrates the Prime Minister’s abuse of power. That alone is sufficient reason for accusing him of criminally.

 Further, it must be understood that my petitions to the Tenno are being done of behalf of all the Japanese people who have been victimized by corrupted power.

The right of any Japanese citizen to petition the cabinet and the Tenno is guaranteed by the Constitution. However, since none have accepted my petitions to all cabinet
members, I am now requesting the cooperation of all Japanese citizens and the world community
. This is the purpose of the present document.

 Beginning during the cabinet of Prime Minister Noda Yoshihiko I sent a petition twice to President Obama, Foreign Secretary Hillary Clinton, to the then US Ambassador to Japan.
Roos, and to the US House of Congress.

In these petitions I requested their cooperation to remove US military bases and once-and-for-all, and to remove the overbearing US influence over Japan.

I included information on the Rockwell International criminal action, and requested US Government assistance in taking action against it.

 Since then, I have sent four petitions to President Obama, Foreign Secretary Kerry, and US Ambassador to Japan, Caroline Kennedy, repeating the same requests, and including
the same information on the Rockwell International criminal action.

 Until I receive an adequate response from President Obama and Ambassador Kennedy, I intend to continue to send petitions to them. I will also petition the winner of the 2016 US
presidential election.
 

All petitions are publically available on the Internet
.

In fact, I will continue to send petitions until the problem of the US bases in Japan is resolved and the US meddling in and control of Japanese politics is ended.

 

4.reference
 

List of articles of Japanese constitution habitually violated by the Diet, courts, Public Prosecutor offices. 
 
国会議員、裁判官、検察官ら公務員の憲法違反の具体的憲法条文実例 及び、日本の政治、司法の問題に関する条文

 

Annotation

Based on the Constitution Preamble, unification of the Self-Defense Forces of Japan with US and other nations military alliance is a violation of the
Japanese constitution
. Automatically,
Right of Collective Self-Defense Law, is violation of Japanese constitution, and, it is invalid.  This is another reason why Abe

Jimin-Koumei Coalition Government’s legislated unconstitutional laws are all invalid.
Because of article 20 Koumeito is an unconstitutional l disguised party.
Soukagakkai, as a religious organization, is receiving enormous  political, financial benefit. And, Soukagakkai is an advocacy group of Komeito,
Soukagakkai, Komeito are an inseparable organization.

Logical grounds for invalidation of Abe Cabinetis, Komeito itself obviously un unconstitutional Party.
All Japanese citizens have to be aware that they are being swindled by an invalid Government.
                                                        

Below are the List of Articles violated by the Diet Members, Judges, Prosecutors, especially related with the organized crime of, Soukagakkai,
Sasagawa-group, Koumeito
.

 [Article  1]  The Emperor shall be the symbol of the State and of the unity of the people, deriving his position from the will of the people with whom
resides sovereign power.

 [Article 6]  The Emperor shall appoint the Prime Minister as designated by the Diet, (2) appoint the Chief Judge of the Supreme Court as designated
by the Cabinet.

 [Article 13]  All of the people shall be respected as individuals. Their right to life, liberty, and the pursuit of happiness shall, to the extent that it does not interfere with the public welfare, be the supreme consideration in legislation and in other governmental affairs.

 [Article  15] The people have the inalienable right to choose their public officials and to dismiss them.

(2)  All public officials are servants of the whole community and not of any group thereof.

(4)  In all elections, secrecy of the ballot shall not be violated.

 [Article 16]  Every person shall have the right of peaceful petition for the redress of damage, for the removal of public officials, for the enactment,
repeal or amendment of laws, ordinances or regulations
and for other matters, nor shall any person be in any way discriminated against

for sponsoring such a petition.
 

[Article 17]  Every person may sue for redress as provided by law from the State or a public entity, in case he has suffered damage through illegal act
of any public official
.

 
[Article 18]  No person shall be held in bondage of any kind.

[Article 20] Freedom of religion is guaranteed to all. No religious organization shall receive any privileges from the State, nor exercise any political
authority.

(essential reason of dissolution of Koumeito )

  [Article 21]  Freedom of assembly and association as well as speech, press and all other forms of expression are guaranteed. (2) No censorship shall
be maintained, nor shall the secrecy of any means of communication violated.

 [Article 29]  The right to own or to hold property is inviolable.

 [Article 32] No person shall be denied the right of access to the courts.

 
[Article 35]  The right of all persons to be secure in their homes, papers and effects against entries, searches and seizures shall not be impaired
except upon warrant issued for adequate cause and particularly describing the place to be searched and things to be seized, or except as provided by Article 33.
 

[Article 53]  The Cabinet may determine to convoke extraordinary sessions of the Diet. When a quarter or more of the total members of either House makes
the demand, the Cabinet must determine on such convocation.

 [Article 62] Each House may conduct investigations in relation to government, and may demand the presence and testimony of witnesses, and the production
of records.

 [Article 64] The Diet shall set up an impeachment court from among the members of both Houses for the purpose of trying those judges against whom removal proceedings have been instituted.


 [Article 76] The whole judicial power is vested in a Supreme Court and in such inferior courts as are established by law.

(3)  all judges  shall be independent in the exercise of their conscience and shall be bound only by this Constitution and the laws.

 
[Article  77]  The Supreme Court is vested with the rule-making power under which it determines the rule of procedure and of practice, and of matters relating to attorney the internal discipline if the courts and the administration of judicial affairs.

(2) Public prosecutors shall be subject to the rule-making power of the Supreme Court.
(3) The Supreme Court may delegate the power to make rules for inferior courts to such courts.

 

[Article 78] Judges shall not be removed except by public impeachment unless judicially declared mentally or physically incompetent to perform

official duties. No disciplinary action against judges shall be administered by any executive organ or agency.

 [Article 81] The Supreme Court is the court of last resort with power to determine the constitutionality of any law, order, regulation or official
  act.

 

[Article 82] Trials shall be conducted and judgment declared publicly.
(2) Where a court unanimously determines publicity to be dangerous to public order or morals, a trial may be conducted privately, but trials of political
offenses, involving the guaranteed in Chapter 3 of this constitution are in question shall always be conducted publicly.

 [Article 95] A special law, applicable only to one local public entity, cannot be enacted by the Diet. without the consent of the majority of the voters
of local public entity concerned, obtained in accordance with law.

 [Article 96] Amendments to this Constitution shall be initiated by the Diet, through a concurring vote of two-thirds or more of all the members of each House and  shall thereupon be submitted to the people for ratification, which shall require the affirmative vote of a najority of all voters cast thereon, at a special referendum or at such  election  as the Diet shall specify.

(2) Amendments when so ratified shall immediately be promulgated by the Emperor in the name of the people as an integral part of this Constitution.

 [Article 97] The fundamental human rights by this Constitution guaranteed to the people of Japan are fruits of the age-old struggle of man to be free
they have survived the many exacting tests for durability and are conferred upon this and future generations in trust, to be held for all time inviolate
  
 

 [Article 98] This Constitution shall be the supreme law of the nation and no law, ordinance, imperial rescript or other act of government, or part
thereof, contrary to the provisions hereof, shall have legal force or validity.

 [Article 99] The Emperor or the Regent as well as Ministers of State, members if the Diet, judges, and all other public officials have the obligation to
respect and uphold this Constitution.


A Request for Cooperation regarding the Corruption of Power in Japan

 日本の「国家権力の腐敗」に関する協力要請
           (1)

 

ENGLISH and JAPANESE ABSTRACTS

英語、及び、日本語の概要

  2016.Jan.2

平成28年1月29日

請願人氏名 亀尾玲子

Reiko Kameo

1. 序文

 
近日中に、私は、『憲法弟99条』を根拠に天皇陛下への四回目の「請願書」を提出します。
「日本国憲法弟99条」は、天皇に「最も重い憲法擁護義務」を課していることから、天皇陛下は、「憲法擁護遵守義務を課された総理大臣、閣僚、最高裁判所長官、
以下の国家公務員」の「憲法違反」
に対し、国民に代わって、「憲法擁護遵守の命令を下す権限が与えられている」と解釈するからです。

また、天皇陛下への請願にて、私は、日本国天皇が「エンペラー」と「国際的に誤訳」されているため、憲法にて定められた「日本国民の象徴としての天皇」と、
「正確な英訳に修正する要請」
を行います。

同時に、「伝統的日本固有の日本の皇室制度」を維持するため、「天皇の皇位継承懸案」にても「天皇陛下に請願」を行います。

また、私は、安倍自公政権の「数々の憲法違反に危機感を抱く国民」を代表して、安倍晋三内閣総理大臣、及び、山口公明党代表に対して、「憲法違反の集団的
自衛権行使、特定秘密保護法、及び、関連法、制度」などの「撤廃」
を訴える「四回目の訴状」を提出します。

同時に、我々企業三社を標的にした今日まで公にされてこなかった「国家規模の組織犯罪」、「創価学会, 笹川組織、公明党が一体化した最も凶悪非道な経済組織犯罪の
検証、立証」
「国会にて行う機会を求める要請」を行い被害者として「救済の要請」を再度行います。

「国会にて、私自身が検証に介入することが不可欠な理由」は、「それらの経済組織犯罪が、最高権力を長年行使してきた元公明党幹事長冬柴鉄三、糸山英太郎元自民党
衆議院議員が共謀で画策実行」
し、国会議員、最高裁判所判事、最高検察庁、地検特捜部以下、司法、行政の権力者の違法行為にて「完全犯罪化される性質」「権力を
道具に使った国家犯罪の存在、及び、日本の異常な権力構造の実態」
を日本国民の全てが把握する必要があるからです。

我々企業三社(産業出版株式会社、株式会社産業新聞、富士興産)を巧妙に連動させ、企業、及び、経営者家族を標的にした経済組織犯罪は、「日本の政治、経済に
最も強い影響力を持つ
創価学会、笹川組織、公明党が一体化した組織による国家規模の組織犯罪」です。

私は、十年以上(12年も前)から、「国会にて検証、立証」を行おうと最大の努力をしてきましたが、日本の国会議員、裁判官、検察官、メディアにとって、
「創価学会、公明党の組織犯罪を公にすることは最も危険な試み」であるため、「10年以上前からの私の要請」、「国会にての創価学会、笹川組織、公明党の
組織犯罪の検証、立証」、「最高裁判所、最高検察庁以下の組織的犯罪の実態の検証要請」を、全ての与野党議員が黙殺、隠蔽」してきたのです。

日本では多くの市民が創価学会を恐れています。何故ならば、組織の背後の暴力を恐れるからです。

(創価学会が暴力団組織を使って目的を達成してはいますが、実際には、日本の暴力団組織は、創価学会、笹川組織、公明党に使われているに過ぎないのです)。

インターネットにて、「創価学会の凶悪非道な組織活動の実態」は国内外に公にされ、多くの市民は、創価学会が単なる宗教団体、市民団体ではなく、学会自体が
日本の政治経済に最も強い影響を及ぼす公明党(憲法違反の政党)を形成している事実を認識し、「権力の暴力」との因果関係を明確に認識
するまでになりました。


※ 日本の国会議員の誰一人として、「公明党の圧力から逃れられない立場」に置かれるのは、事実上、「憲法違反(政教分離違反)の公明党」『日本を支配するため、
米国の傀儡的役割』
を担っている事実を把握しているからです。



2.協力要請の目的

本書は、一日本国民からの「日本の不健全な国家権力構造」に危機感を抱く「日本国民、政治家、メディア、有識者」、及び、私の訴えを理解して下さる「外国政府、
海外メディア」に対しての「協力要請」
です。


「英語文」は、私が「日本語で記述した文章の翻訳」です。

また、英文、日本文にて、「日本の国会議員、最高裁判所、最高検察庁以下の常習的憲法違反の実態」を明らかにするため、「日本の権力者による憲法違反の具体的条文」
を列挙し、「日本語にてはより詳細な説明を補足」しております。

※ 先ず、「日本国憲法前文」を転記し、「重要性を強調」させて頂きますが、その理由は、世界に多発する「紛争の解決、改善への鍵」となり、「日本国家、国民の
世界平和構築への貢献の指針」
になると信じるからです。


「憲法前文」を忠実に解釈すれば、「大多数の日本の国会議員が憲法違反を行っている事実」が確認できます。

唯一、「立法権」を国民から託された「国会議員」の「憲法違反」「日本の法治主義崩壊の最大の原因」になっております。

 
憲法第99条 

 天皇又摂政 及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と明文化されていますが、日本で、憲法99条を忠実に
守っているのは、「天皇陛下只一人」です。

 しかし、日本国民の殆んどが、国民から権力を託された「公務員の大多数が憲法違反を行う重大事態を把握していない状況」が、「日本最大の悲劇」を招いているのです。

 「憲法擁護義務を課せられている国家公務員の背任行為」「日本国家国民に想像を絶する損害」を与え、憲法が保障する「国民の権利剥奪」、及び、「膨大な経済的損失」
を生み
国家権力が介入できない政治経済組織犯罪」にて、多くの日本企業、国民の財産、生命が奪われてきたのです。



 日本には、『日米安全保障条約』、『日米地域協定』、『日米同盟』と深く関係する、「立法、司法、行政の国家権力を道具に画策実行される政治経済組織犯罪」
 存在します。


   私が、「広く国内外に協力要請」を必要とする理由もそこにあります。

   先ず、憲法前文の引用を行いますが、「憲法前文」には『われらは、これ(前文)に反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する』との「憲法の条文さえも
 拘束する厳しい理念」
が貫かれているからです。


※ 憲法前文を忠実に解釈すれば、「安倍自公政権の憲法違反」「日本国家国民のみならず、国際社会への背任」との結論に至ります。


【憲法前文】

   日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じ行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす
 恵沢を確保し政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を制定する。

  そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その権力は国民がこれを享受する。

  これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。

※ われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する

   日本国民は、恒久の平和を祈願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と
 生存を保持
しようと決意した。


  われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいとい思ふ。われらは、
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


  われらは、いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法制は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、
自国の主権を維持し、他国との対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

  日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

※ 野田民主党政権下、私は、オバマ大統領に「創価学会、公明党の政治経済組織犯罪」に関しての説明を行い、「米国の大企業、ロックウェル インターナショナル社が
 その組織犯罪に重大な役割を担っていたため、検証の協力要請」
を行いしました。


  また、オバマ大統領に、私は、「創価学会、公明党が形成する売国組織は、米国の日本における政治、経済、軍事工作部隊」と形容し、全ての日本の政治家、メディアが
それらの組織的違法活動への介入を禁じられている理由
もそこにあると説明しました。


 日本の国家権力の「腐敗の最大の原因」が、「創価学会による選挙工作」にあり、今日、創価学会は、国際的にも「カルトとして危険視」され、それは、インターネット
 にても確認可能な事実です。


 「概要、要旨文」の後に、国会、裁判所、検察の国家権力者が侵す「憲法違反の実例検証」ため、「具体的条文」を列挙するのも、私自身が「創価学会、笹川組織、
公明党が一体化して実行した経済組織犯罪の被害者」
であり、「日本で最も高い地位にある国会、裁判所、検察の権力者」らが組織犯罪に加担する「想像を絶す憲法違反を
立証」
できる立場にあるからです。


  私は、小泉政権下から「国家権力の組織的違法行為の実態」を国会にて立証を行うため、歴代の政権下で訴えを提起し続けてきました。

  「国会、裁判所、検察の権力者による組織的犯罪の被害者」として、冬柴鉄三公明党幹事長が事実上の最高権力者であった時期)小泉自公政権下から、全ての政権に
対し、「立法、司法、行政の権力組織による法律違反、憲法違反の立証のため、「協力要請」、「請願」を国会に繰り返してきました。

  歴代の総理大臣、政党党首、与野党幹部議員に対し、『国会にての検証の請願』と並行して、「最高検察庁、東京地検特捜部にも告訴状提出」を繰り返してきました。

  私が「請願書」を提出した全ての与野党議員が私の訴えを隠蔽し、最高検察庁、地検特捜部も、私の告訴を拒絶し続けてきました。

  また、「メディアも、権力者と一体化」して、「公明党、創価学会の最も凶悪な組織犯罪を隠蔽」し続けてきたのです。

  「日本の巨大メディアが、義務違反を行う実態」を、自らの長年の体験から確認しました。


※ 「日本の国家権力の腐敗の最大の原因」が、「権力の監視役であるメディア」までが「同じ超国家権力の支配下」に置かれていることにあるのは確実です。

  それは、「憲法21条が日本国民に保障する権利が完全に剥奪されている実態」を意味します。

  20年前、「我々企業、経営者が創価学会、笹川組織、公明党が一体化した組織犯罪の標的にされている事実」を把握した時点で、私は、「多くの警察に協力要請を行い、
告訴を提起する試み」
と同時に、「与野党議員に個別に情報提供を行い、マスメディアにも協力要請」を繰り返し始めました。


「権力への行動」を起こし始めて直ぐに、私は、自身が、「日本最大のタブー」である「超国家権力が形成する治外法権に足を踏み入れた」ことに気付きました。


※  「創価学会、公明党が形成する政治経済組織犯罪」に、「国会、裁判所、検察、メディアが介入」することが「日本最大のタブー」となり、その何十年もの悪循環が
  「今日の日本の国家権力を完全に破壊させた原因」なのです。


  今日までの20年間、私は「生命の危険」から開放されたことはありません。

  未だに「生きていること自体が奇跡」としか思えません。

  長年、孤立を余儀なくされた状況下、私は、「経済的、精神的に限界」に直面し、最早、これ以上、「日本の立法、司法、行政の権力の暴力」との戦いは著しく困難な
状況に置かれていますが、「日本全国民、世界の指導者、国際社会に日本の国家権力の崩壊の危機を」訴える「気力、使命感」だけは、日に日に強まっております。

  私は、今も、「平和を望む国内外のリーダー、市民、団体の協力」を得られれば、「日本国家、国民は、より良い世界を建設する貢献が行える」と信じております。

  何故ならば、日本には「世界で最も平和的、民主的な憲法」が存在するからです。

  しかし、不幸にも「日本が誇れる憲法」が、国民から権力を与えられた「国家公務員の職権乱用、憲法違反」によって、機能してこなかったのが現実です。

 日本国民が、敗戦後の「日本の国家権力が支配され続けてきた実態」を把握せず、特に、「憲法違反の公明党」に連立政権を樹立させ、「反立憲主義的な権力構造を
 国民が放置」
してきたことが、「日本最大の問題」なのです。


   「公明党が自民党と連立政権」を樹立させた直後から、「国家権力の腐敗」が急速に拡大し始めたのは事実です。

※ 「日本の国家権力の腐敗」が、『日本の独立、民主、法治国家達成をより困難な状況』にしているのです。

   安倍総理の「昨年4月の米国公式訪問」にて、日本の総理大臣として始めて米国上下院議会」にての「スピーチの機会」が与えられ、日本の国会にての法的手続きを
 経ずに
『集団的自衛権行使の公約発表』、確約を行いましたが、それは、顕著な「国家国民への背任、職権乱用の証」となりました。


   その安倍総理の「憲法違反の一件」だけで、「日本が未だ、独立、民主、法治国家ではない最大の実例」になりました。

   日本の政治家は、『国民の生命財産を守ることが最大の責務』と強調しながら、現実は、「自らの政治的地位と権力を維持することが最大の関心事」なのです。

   私は、20年に及ぶ「私自身の国会議員, 裁判官、検察官らとの接触の体験」から、大多数の日本の立法、司法の権力者は、「偽善者、或いは、臆病者」との結論に
 至りました。「売国奴との表現」が最も相応しいと確信するに至りました。

   「創価学会、公明党による権力支配の悪循環」が、「正義、民主的理念を尊重する国会議員、裁判所、検察の立法、司法、行政関係者を排除」し、その結果、
  「立憲議会民主政治の完全崩壊」を招いたのです。


※ 「国会、裁判所、検察の立法、司法、行政の権力者の国家国民への背任、職権乱用の責任追及」は、「日本国民の最重要義務」です。

   私は、「日本国民の結束した力」が、「腐敗した権力」に打ち勝てると信じています。

   それが、唯一、「日本の独立、民主、法治国家達成への道」です。

   「日本に真の独立、民主、法治国家達成への道を開く選択肢」は、日本国民自身自らが「代理人に与えた権力が健全に行使されているか否かを監視する義務」
 果たすことでもあります。


   私の「本協力要請の目的」も、『日本の権力構造の健全化』にあり、日本国民が果たすべき「使命感」からです。

   世界の指導者、国際社会に『日本が未だに同盟が形成する超国家権力支配下にある事実』を把握して頂き、「日本を同盟国の支配から開放して頂く協力」
 得られることを、私は期待しております。



3.要請の具体的懸案

().日本における「政治経済組織犯罪」の実態


   『日本における最も凶悪非道な組織犯罪』が今日まで、「日本国民、国際社会に隠され続けている原因」は裁判所、検察が、「加担、或いは、証拠隠滅することで
 完全犯罪化」
されてきたからです。


   今日、「多くの情報がインターネットにて検索できる状況」が作られ、「創価学会、公明党が、国会、裁判所、検察などの権力機関に多くの特別に訓練された人材を
 適材適所に送り込んでいる実態」
は、広く国内外に知られるまでになりました。


   今や、多くの日本国民が、「国会、裁判所、検察の不健全な権力行使に強い危機感」を抱くまでになりました。

   「小沢一郎元民主党代表の事件」は最適な実例です。

    麻生自民政権から民主党への政権交代時、本来、「日本の総理になっていたはずの小沢一郎議員の政治的影響力」は、「検察、裁判所連携の偽装の捜査、
  審議によって完全に剥奪」
されてしまいました。


   本文で説明するように、我々企業、経営者家族,は、「創価学会、笹川組織、公明党が一体化した凶悪非道な組織」の1960年代からの「複雑にして凶悪非道な手口」
 によって、「想像を絶する経済的、精神的被害を受けてきた被害者」です。


 私には、日本国民として、今日まで、「権力によって隠蔽されてきた日本における凶悪非道な政治経済組織犯罪」を、「日本国民、国際社会に明らかにする使命」
 あるのです。


   「創価学会、笹川組織、公明党が一体化した組織犯罪」によって、莫大な国民の資産、多くの国民の生命が奪われてきたにも拘らず、未だにその実態が権力によって
 隠蔽されているからです。



   1960年代からの我々企業三社、経営者家族が標的にされてきた経済組織犯罪にて、娘の私までが標的にされた「最後の組織犯罪」だけでも、「数百億円の損害」
 発生しているのです。



   それらの組織犯罪は、単に、我々企業を標的にした一件の犯罪ではなく、多くの企業、個人を絡めた組織犯罪を巧妙に連携させ、最終的には、「東芝などの日本の大企業」、
 複数の日本の大金融機関」に巨額な不正を強要する「国家規模の経済組織犯罪」
であり、「裁判所、検察を道具に完全犯罪化」させる「売国組織犯罪」なのです。



【補足説明】

   私は、「日米安全保障条約」が日本政府、経済界に強要する「経済協力」が、「立法、司法、行政の国家権力を道具にした経済組織犯罪を日本に形成してきた」
 断言します。


   今日まで「日本の権力者の背任によって隠蔽されてきた経済組織犯罪の実態」を被害者として自らの権力との戦いの体験から検証、立証できる人間になったからです。

   数ヶ月前、「東芝の不正会計処理」が公になりましたが、それは、「東芝が標的になった国際的経済組織的犯罪の氷山の一角」が露呈したに過ぎません。

   第三者委員会は、「東芝が抱える膨大な負債を隠蔽する役割を担った」に過ぎないのです。

   第三者委員会の委員長に、「東京高検元検事長」が指名されたこと自体がその証でもあります。

   第三者委員会によって、「東芝の膨大な負債が隠蔽」されたことで、「何時か、東芝も破綻は免れない」と、私は危機感を強めています。

   「東芝が抱える負債は、莫大な額」であるにも拘らず、「不正会計処理の僅かな額だけで隠蔽」され、「元会長、社長らに個人的責任」を負わせて、すべてが「闇」に
 伏されようとしています。


 「東芝が隠蔽し続けてきた莫大な負債」が公にされなければ、「米国企業との不健全な関係が繋がっていることから、日本企業として延命するのは不可能」になります。


   私は、数年前から、昨年までに5回も西田会長、佐々木元副会長にも繰り返し、「東芝の詐欺に関しての協力を要請」してきました。

   「東芝が国策企業」であるが故に、最高幹部らは、私の「要請を拒絶した」と解釈してきましたが、「我々企業に対して行った詐欺を隠蔽」したことで、経営者らは
 個人的に全ての責任を負わされ、「詐欺が闇」に葬られようとしています。


   我々企業は、既に、長年、「活動実態も無い会社」になっているにも拘らず、未だ企業の生命だけは守ってきたため、「創価学会、笹川組織、公明党は、組織犯罪の隠蔽」
 全精力を投じなければならないのです。



※ 冬柴鉄三公明党幹事長と糸山英太郎議員が共謀で画策した我々の事件は、日本で、「常習的に創価学会、笹川組織」によって長年行われてきた「雛形手法」
 使われているため、
「東芝の事件」が明るみにされれば、日本の大金融機関に強要してきた「巨額架空融資の実態」までが明るみになるからです。

   「東芝が我々企業、経営者に行った凶悪非道な詐欺」は、「東芝と言う日本の大企業を蓑」に使ったに過ぎず、「組織犯罪の主体は、創価学会、笹川組織、公明党が
 形成する英米に利益供与を行う売国組織」
なのです。

   「日本の大金融機関を始め、多くの詐欺、架空融資を強要された企業」は、加害者でありながら、「莫大な損失を抱えさせられ、弱体化」されているのが実態です。

   「東芝グループの莫大な損失」は、未だ、表に見えないだけで、「企業の基盤が崩壊する規模の負債額」が画されているはずです。

    私は、「原発関連部門のウェスティング ハウスを想定外の価格」で買わされた時点から、既に、『東芝は崩壊状況に直面している』と感じてきましたが、その後、
 公になった事実から、より強く、「東芝の将来が危うい」と感じるまでになりました。


    東芝による「ウェスティング ハウスの原発部門買収」の過程でも、「米国、英国大企業の計画的工作」が確認可能です。


 東芝が、「ウェスティング ハウスの原発部門」を買わされた背景には、「米国での巨額賠償訴訟の圧力」があり、「想定価格の三倍以上の価格の6千4百億円」
 支払わされ、「1万2千人の従業員を抱えさせられた」ことでも、どれ程の負債が拡大したかは明らかです。


   東芝は、「米国での損害賠償訴訟」にて、「和解に至る過程」で、英国企業を迂回させ、ウェスティング ハウス買収を強要されたのです。

   東芝は、原発事業でも、津波による「原発事故で莫大な損害」を抱えたのです。

   巨額な損失を生む事業を抱えたまま、「西洋企業の膨大な数の従業員を長年抱えたことで、どれ程の赤字が発生したか」は明らかです。

   また、米国のウエスティン ハウスは、一旦、英国企業に売られてから、東芝が「想定価格の三倍以上の価格で買わされた」のです。


※ これは、「日本の経済組織犯罪でも常習的に使われるロンダリング手法」です。


   また、「米国から日本が買わされている武器装備品」などでも「同じ手法」が使われています。

   日本が購入する計画の「オスプレー機」も、やはり、「米国での価格の何倍もの値段」で買わされることになっています。

   オスプレー機は、米国の市民からも嫌われている軍用機であることから、「日本は、事実上、米軍の不用品を買わされる」と私には思えます、

   「我々企業に詐欺を行ったロックウェル インターナショナル社」は、当時、「中古の新聞印刷機を弊社に売却する架空売買の詐欺」を計画的に実行したのです。


   「東芝と不可分の関係で画策されたロックウェル インターナショナル社の架空売買」にては、「日本の複数の大金融機関の不正」が複雑に絡んでいたことで、
 徐々に、「米国の大企業が日本の大企業、大金融機関を介在」させた「国家規模のマネーロンダリングの実態」が明らかになり始めました。


   創価学会、公明党が裏から指令を下していた実行犯舎弟らを企業から排除した後、私は、「ロックウェルの日本支社の幹部」とやり取りを始めたのですが、彼らが
 隠蔽工作を行ったことから、私は、「米国の本社と連絡を取り始めた」のです。


   我々企業への「機械の売却の件」は、「アジアの極秘案件」にされているとの事で、「回答が拒絶」されました。

   その後、「日本支社を介して、中古の機械をアジアの途上国に売っていた事実」も明らかになったのです。

   「ロックウェル社の過去の経営実態」を調べれば、ロックウェル社には、「中古の機械部門が存在した事実」も確認できます。

   問題は、「中古の機械を新機に装って売却する巨額な詐欺行為」です。

   そこまでのことを私に知られたことで、ロックウェル インターナショナルの日本支社は、「会社の形態」を全面的に変えてしまいました。

   「三人の白人の役員」も撤退し、中古の機械を売ることも止めてしまいました。


 その後、米国の本社でも、ロックウェル インターナショナル社が全面的な組織改造を行い、何度も、「企業の統廃合を繰り返し、企業名も変更」しています。


   元ロックウェル社の多くの部門が、「現在の米国の大企業」と繋がっていますが、痕跡を辿ると、誰が見ても、「如何わしい合併、編成」が繰り返されています。

   「我々企業を標的にした事件」では、「ロックウェルは、架空売買の証拠を隠蔽」するために「裁判所に共謀させて、断行を実行させた」のですが、「訴訟が存在
 しなかった処理」
が行われ、「断行の訴訟記録までが廃棄される法治国家としては有り得ない異常事態」が起こったのです。

   ロックウェル社が行った「断行が成功した」ことで、冬柴鉄三幹事長は、東芝にも同じ断行を行わせ、裁判所を使って完全犯罪化させようと試みたのですが、
 「大阪地裁特捜部が共謀で訴訟詐欺を行っていた事実」を、私に察知され、「最高裁、最高検察庁に共謀させる必要性に迫られた」のです。


 「東芝の訴訟詐欺」を検証すれば、「日本における企業を標的にした経済組織犯罪の雛形」を確認することができます。


   日本企業に加害者、被害者を作り、共に莫大な損失を与え、裏から資産を抜く手法です。

   「暴力団組織と裁判所、検察に挟み撃ちさせて、被害者を闇に葬る雛形」です。

   私にそこまで把握されているからこそ、未だに、「東芝の詐欺事件」も完全に隠蔽しなければならないのです。

   しかし、「東芝が詐欺を隠蔽」すればするほど、最終的には、「企業事態の弱体化が進行し、売国組織の組織犯罪の実態も露見」することになるのです。

   その種の経済組織犯罪は、「被害者、物証を完全に葬り去ってこそ、完全犯罪化を可能」にできますが、それが出来ずに終わった場合には、「日本の国家権力を
 道具にした経済組織犯罪の全体像を露呈」
させることになるのです。

   何故ならば、我々企業を標的にした組織犯罪にては、大中小の組織犯罪のすべてが密接に繋がっているため、その一部でも露見した場合、すべてが芋ずる式に
 露呈する
からです。

   私は、20年も前に、「東芝グループが創価学会、笹川組織、公明党が画策実行した経済組織犯罪にて、我々企業に詐欺を行っていた実態」を把握した時点から、
 「何時か、東芝は米国の大企業に取り込まれると危機感」を抱いていました。



 我々企業を標的にした「東芝の詐欺」は、巧妙に、「第一勧業銀行、大和銀行、中小企業金融公庫、住友生命の子会社の三和信用金庫他、多くの日本の金融機関の
 架空融資」
に繋がっていたのです。



   私は、日本の大金融機関を始め、多くの金融機関が、「創価学会、笹川組織、公明党が画策実行した経済組織犯罪」にて、「架空融資、迂回融資を行っていた事実」
 把握してから、「日本のバブル経済」は、「計画された経済の虚構」と確信するに至りました。


   そのような確信を私が抱くまでになったのは、事件発覚後に把握した事実からです。

   冬柴鉄三元幹事長の指令で動いていた、何十年も我々企業の経営部長であった「創価学会の壮年部長の経理処理から、「東芝を始め、複数の大金融機関に不正を
 強要した実態」
が確認できるまでになったからでした。

   「不良債権額」は、「会社の経営が傾いてから計上される」にも拘らず、「冬柴鉄三、糸山英太郎らが共謀で最後の事件に着手」する以前から、「不良債権化
 させる数字を計算していた陰謀」
が分かったからです。

   事実、その数字が、「冬柴鉄三自身が設立した御堂筋法律事務所」によって、我々経営者が関与しないうちに準備され、「和議申請の時点」で、不良債権化させる
 数字として、「事件着手前に創価学会幹部の経理部長が計算していた額」
が使われていた」からです。


※ 私が、20年も前から、「東芝が標的になっていると解釈した理由」は、前述したように、「米国の武器産業、宇宙開発の中核を担っていた米国の大企業、
 ロックウェル社と東芝が不可分の関係の詐欺」
を我々企業に行っていたからです。



   私は、「東芝の詐欺を把握」した後も、「日本大企業の汚点になり、東芝が弱体化されるとの懸念」から、「法的な対応を控え、東芝機械、東芝リースの担当者、
 部長らとの接触」を続け、「東芝に損害を与えないようにとの配慮」を繰り返したのです。


   私の配慮を逆手に取り、「東芝は、次から次へと汚い手口で、我々企業を弱体化させる攻撃」を掛け、遂には、「架空売買の証拠物件の、オフセット輪転機を
 裁判所に断行処分させ、弊社を倒産させる陰謀を実行」
したのです。



※ 「東芝が冬柴鉄三幹事長の指令で動いていたのは確実」でした。

   何故ならば、私が冬柴鉄三を弊社に呼び出した、平成12年1月7日から、大きな動きが出たからです。

   「執行官と東芝の代理人弁護士が、突然、来社し、当社で稼働中のオフセット輪転機を4日間費やし解体し裁判所に偽装の断行を行わせたのは、私が冬柴鉄三
 幹事長を会社に呼び出して、2,3週間後
のことでした。

   平成12年には、「弊社は完全に潰されるところだった」のですが、私が先手を打ったために、その後も延命することになったのです。

   糸山英太郎に「本社のビル」を取られる前に、冬柴鉄三が、私の母(当時代表)に、投資させた新たな社屋、設備投資が裁判所共謀の「偽装競売」にて、
 機械類も取り上げられたことで、企業延命は殆んど不可能な状況が作られていたのです。

   また、冬柴鉄三が主導した「新社屋建設、設備投資」では、不動産から建物、機械購入に至るまで、「全てに違法性」が確認できたのです。


※ 糸山英太郎、東芝が並行して行った「訴訟詐欺」、「大阪地方裁判所、大阪高等裁判所、最高裁判所の組織的犯罪」と、「大阪地検特捜部が完全に共謀していた」
 断言できるのは、それを「立証に足る物証」が残っているからです。

   大阪地検特捜部は、「検察審査会までに不正」を行わせたのです。

   大阪地検特捜部が、私に「検察審査会に行くように提案」したことから、「私が会った検察審査会の男性は、検察関係者であった可能性が高い」とも感じました。

   私が、「西松建設事件」が発覚した時点で、小沢代表が検察、裁判所に共謀させて完全に潰されると警告し、民主党幹部らに協力を求めたのも、「裁判所、検察から
 権力の暴力を受けた被害者として、自らの長年の体験」があったからです


   私が、当時、「民主党幹部らに提出した文書」には、事前に、「検察審査会にも共謀させると指摘」していましたが、実際に「小沢代表の強制起訴」は、検察審査会に
 よるものでした。



().警察の組織犯罪への不介入の実態

   このような「国家規模の重大なる経済組織犯罪」には、「日本の警察が一切介入できないのが実態」です。

   私は、警察庁、警視庁、大阪府警本部、兵庫県警本部を始め、「数え切れない数の警察に協力を求め、告訴」を試みましたが、全てが拒絶されました。

   「警察庁、警視庁にても事件の説明を行い、協力」を求めましたが、「最寄りの警察に行くようにと指導」され、適切な対応は得られませんでした。

   遂に、「兵庫県警本部の担当刑事」は、私に、「創価学会、公明党の事件には警察は介入できない」と認めました。

   彼は、「警察が告訴状を受理しても、検察が反対を向けば、警察に汚点が残るだけで、問題解決は一切不可能」と、『日本の警察には限界がある事情』を私に説明して
 くれました。


   全ての警察から告訴を拒絶」されたため、私は、「身の危険」を承知で、「大阪地検特捜部にて告訴」を試みたのです。

   大阪地検特捜部に告訴を試みて確認できたのは、全ての指令が、「公明党が支配する国家最高権力の官邸からの下される実態」でした。

   私が危惧していたように、私が提起した「告訴」を「大阪地検特捜部は受理」し「立件」しながらも、「不起訴処分」にしたのです。

   地検特捜部が我々に「繰り返し物証を提出」させ、多くの情報を取りながら、不起訴処分したのも、我々企業、経営者を葬るために「創価学会、公明党指令に従った
 組織的違法行為と確認」
できたのです。

   大阪地検特捜部は、私が提出した物証を一切返してこなかったにも拘らず、「全部返した」との主張を最後まで通しました。

   大阪地検特捜部にて、冬柴鉄三、糸山英太郎ら有力国会議員が共謀で画策実行した経済組織犯罪の全貌の情報提供を行ったことで、1960年代からの彼ら創価学会、
 笹川組織連携の経済組織犯罪の膨大な重要な物証が盗まれた
のです。


   小泉政権下で冬柴鉄三議員が公明党幹事長であった時期、「大阪地検特捜部による情報漏洩」にて、我々企業三社の顧問弁護士、監査役、経営者家族の代理人を何十年も
 努めてきた
「冬柴鉄三の長年の組織犯罪の膨大な重要な物証が盗まれた」のです。


   私が、「大阪地検特捜部にて告訴」を試みた時期、我々企業には想像を絶する攻撃が掛けられ、「経営者家族には、生命の危機を示唆する様々な圧力」が掛けられ
 始めたのです。



【補足説明】

   通常、創価学会、笹川組織、公明党が一体化した組織犯罪にて延命することは「奇跡」が起こらない限り有り得ないことです。

   私には「その奇跡が起こった」のです。

   既に、「莫大な経済的損失」は発生した後ではありましたが、企業乗っ取りの最終段階で、私が先回りしたことで、「乗っ取りを失敗」させたことで国家権力との
 戦いが始まったのです。


   乗っ取りを失敗させても、「延命は不可能」であったはずが、「法律の専門書」、和議に関する本を手に入れたことが「運命の別れ道」になったのです。

   冬柴鉄三は、自らが設立した御堂筋法律事務所の手で『和議』を通過させた後、「企業舎弟らが会社を食い物にする多くの事例」が書かれた法律の専門書を手に入れ、
 「組織犯罪の研究所」から、『民事暴力の第一人者と言われる、宮崎乾朗弁護士が一番適当』との提案を頂き、協力が得られることになったのです。

   宮崎弁護士は、国松警察庁長官、伊丹十三映画監督と共に動いておられた方でした。

   「民暴の女」も、伊丹十三監督と共に作ったと宮崎弁護士は私に話して下さいました。

   私は、そのような著名な弁護士が、「複数の弁護士事務所を合体させた対策」を講じて下さったことで、「事件解決も早い」と期待したのですが、不正を行っていた
 組織が大企業、大金融機関を使った様々な工作を行い、「事件が実に複雑な方向に展開」して行ったのです。

   それも当然と言えば当然です。


※ そのような署名な「弁護士グループ」が動き出したため、冬柴鉄三、糸山英太郎らは、『創価学会、笹川組織、公明党に全力投球させ、国家権力を動員させ証拠隠滅』
 始めた
のです。



   例えば、私が、「第一勧業銀行の架空融資、迂回融資」の不正を追及し始めたと同時に、「宮崎会長の首吊り自殺」が起こり、「奥田頭取の逮捕」が起こったのです。

   我々の事件での第一勧業銀行の関係書類には、「奥田頭取の代表印」までが押されたものが存在したのです。

   恐らく、「奥田頭取も冤罪」で、実際には、「第一勧業銀行内の舎弟らが弊社の創価学会舎弟と工作した」と、私は解釈したのです。

   その後も、次から次へと「金融関連の不祥事」が発覚し始め、時々、「糸山英太郎の名前もそれらの事件では浮上」し始めました。

   私は、その当時から、「何百もの不正な手形発行の物証」が残っていたため、あちこちの警察に足を運びました。

   しかし、「冬柴鉄三、糸山英太郎らの名前」を聞いただけで、何処の警察も私の告訴を受けようとはしませんでした。

   時には、「被害者の私に怒鳴りつける刑事」まで現れる始末でした。

   私は、既に、1960年代からの「親の代からの創価学会と笹川組織が一体化して公明党を設立させた実態」を認識しており、「それが如何に危険な偽装政党であるか」
 早くから、把握できていたため、公明党が野党であった時期から、多くの与野党幹部議員にも警告を始めたのです。



※ そもそも、私と妹が、「暴力団舎弟を企業から追い出す以前」から、「背後の創価学会、笹川組織、公明党の組織」のみならず、「米国の巨大な権力の存在」までを
 認識していたのです。


   私が、平成8年に、冬柴鉄三の正体を把握した時点で、「命がけの戦いを決断」したのも、「日本国家、国民の運命を左右する売国組織の存在を確認」したからです。

   我々のような、「冬柴鉄三、糸山英太郎らが司令塔となり、彼らが直接介入した足跡が残った事件」など「二度と検証、立証は不可能」との確信から、私は「使命感を
 持って戦いに挑む決断」をしたのです。

   それから、20年近くが経過しますが、「日本の国家権力の腐敗」が急速に進みました。警察も、今や、本来の使命が全く果たせなくなっています。

   警察が「事後処理だけを担わされる組織」になったのも、「法務大臣、国家公安委員長」までが、「公明党に支配された官邸の意思で動く権力の腐敗」に原因があり
 それも当然の現象と言えます。


   私は、警察とも、「20年に渡って度々接触」してきましたが、警察の内部も、他の国家権力組織同様、濁っていると感じております。

「実に爽やかな正義感あふれる警察官らが多く存在する」のも事実ですが、幹部になるほど、「資質が失われているのは事実」です。

   「旨く立ち回る者が出世し権力の座を手にする組織」のようです。

   しかし、私の、「裁判所、検察、警察との体験」からは、「警察が、一番汚染度が少ない印象」を受けています。


※ 警察が事件の現場で、一番大変な立場に立たされることから、「警察を健全化、強化させる法律の整備が不可欠」です。

  「警察が裁判所、検察の意思に従わねばならない状況」を放置すれば、日本における凶悪組織犯罪が増殖する一方です。

   今や、「日本は国家の頂点から社会の底辺まで、「無法地滞が拡大」してしまいました。

   「創価学会、公明党という日本の国家権力を支配する超国家権力の存在」を容認すれば、日本国家、社会の無法地滞化防止は不可能です。

   20年前から、私が、「公明党解党に最大の努力」をしてきたのも、そうした考えからです。

   日本での「民事訴訟」には、「警察が介入できない原則」(民事不介入の原則)があり、それが、「創価学会、笹川組織、公明党の組織犯罪を完全犯罪化させる要因」
 なっているのです。


   公明党は、常に、「政権を裏から支配」し、「国家規模の組織犯罪に必要な法律、制度の立法化」を実現してきたのです。

   私は、東芝グループ、糸山英太郎ら、巨額詐欺の加害者から「訴訟詐欺攻撃」を掛けられ、二年後、二件の民事訴訟が最終段階の最高裁への上告の過程で、
 「大阪地検特捜部にて告訴を試みた最大の理由」は、何年もの間、「詐欺を行った加害者から複数の民事訴訟を提起され、裁判所に共謀させる証拠隠滅」
 繰り返されていたからです。


   何年もの長きに渡り、「裁判所の組織的不正」により、自らが想像を絶する経済的、精神的、物理的被害を受けていたため、「検察特捜部が創価学会、公明党の
 組織犯罪を起訴する可能性は極めて少ない」と最初から判断していたため
、私の「大阪地検特捜部にての告訴提起」は、危険を覚悟で、「創価学会、公明党が裁判所、
 検察に共謀させる実態」を確認する目的
で行ったのです。


※ 大阪高等裁判所にて、「詐欺の加害者の東芝グループ、糸山英太郎が原告」となった「二件の民事訴訟」にて、「裁判所共謀の訴訟詐欺」「偽装判決」が下され、
 「最高裁判所に上告する必要」が出たため、「上告と並行して検察特捜部にての告訴が不可欠」と感じたからです。


   「何故ならば、裁判所、検察特捜部が連携して組織的不正を行う実態」を確認できれば、それら裁判所、検察の両組織への指令」が、確実に冬柴鉄三公明党幹事長から
 下されている事実を立証できる」
と考えたからです。

   最高裁判所への「東芝、糸山英太郎原告の二件の訴訟詐欺の上告」にて、それらが、完全なる「裁判所に共謀させた訴訟詐欺」と確認できたのです。

   何故ならば、私は、上告の訴状を最高裁判所に提出してから、「最高裁から受け取ったとの通知」が送られてきた後、上京し、最高裁判所に、二度足を運んだのですが、
 「建物に入ることさえ拒絶」され、訴訟の当事者であるにも拘らず、最高裁判所にて訴訟記録さえも見ることを拒絶され、巨額経済組織犯罪の証拠隠滅が謀られたのです。

   平成8年(1996年)には、創価学会、笹川組織の指令で活動していた企業舎弟らを会社から排除し、企業健全化させる態勢を整えたにも拘らず、組織犯罪での
 加害者側から提訴され始め、「我々企業は急速に弱体化」され始めたのです。

    「裁判所が共謀した複数の訴訟詐欺」にて、証拠隠滅が行われ、被害者であるにも拘らず、私は、「9年間も被告」にされ続けたのです。

   私は、「裁判所共謀の訴訟詐欺」を早くから把握し、『民事暴力』の実態「国民に明らかにする使命感」を強く抱き続けてきました。

   複数の訴訟攻撃にも負けずに、企業を守り抜いたため、遂に、巨額詐欺の加害者の『東芝グループ』、『糸山英太郎』が同時に「訴訟攻撃」を掛けてきたのです。

   私は、被害者として、最高裁判所、最高検察庁以下、全ての下部組織の組織的背任、職権乱用の検証、立証が可能になってから、「国会にての国家権力の暴力の検証、
 立証の機会を要請」
し始めたのです。

   小泉自公政権以、今日まで、「歴代の総理、政党幹部らに請願書提出」を繰り返してきたのですが、未だに私の「請願」を受理する議員は現れません。

   国会への訴えと並行して、私は、繰り返し、冬柴鉄三公明党幹事長糸山英太郎元自民党衆議院議員、及び、池田大作創価学会名誉会長「最高検察庁に告訴」して
 きましたが、議員、検察によって全てが隠蔽、妨害されてきました。



(3)民事訴訟(訴訟詐欺、民事暴力)の実態

   まず、「日本の警察は如何なる凶悪な事件での民事訴訟においても介入できない原則」が存在することを認識する必要があります。

   この「司法の原則」が「公明党主導で作られた」のは明らかです、何故ならば、「この原則が創価学会、笹川組織の組織犯罪を完全犯罪化」させているからです。

   詐欺の加害者であったの「東芝、糸山英太郎に訴訟攻撃」を掛けられ、大阪高等裁判所にて、密室で裁判所共謀の民事暴力を受け、私が、大阪地検特捜部に告訴を試み、
 「検察特捜部の不正」とも戦っていた最中に、それら二件の訴訟詐欺が「最高裁判所への上告過程」にあった
のです。


 「大阪地検特捜部と最高裁判所が通謀共謀する様子」は直ぐに察知できました。


   最高裁判所に追加訴状を提出するために最高裁に行ったところ、「裁判所の建物にも入れず」に帰らねばならなかったのです。

   「棄却決定」が下されて、再度、最高裁判所に行ったところ、数名の事務員の男性が建物から出てきて、私が建物に入ろうとするのを物理的な圧力をもって、
 「私が裁判所に入るのを阻止した」
のです。

   経済的困窮の中、上告費用までを作ったにも拘らず、「訴訟記録を見ることさえ拒絶」されたのです。

   「法治国家では有り得ない現象」です。

   1996年には、創価学会、笹川組織が弊社に送り込んできた知能犯らを会社から排除したにも拘らず、その直後から、「組織犯罪に共謀していた企業、
 個人から次々と訴訟」
を提起され、企業は著しく弱体化され、経営者も経済的に困窮する窮地に追い込まれたのです。


   並行して、しばしば、「生命を脅かす圧力」が何者かによって、長年、掛けられ続けたのです。

   裁判所が「組織犯罪の証拠隠滅に加担する状況」が繰り返され、「巨額の架空債務が実態ある債務にすり替えたれた」のです。

   何度も繰り返しますが、私は、被害者であるにも拘らず、「9年間も裁判所で被告として国家権力の暴力と戦う運命」を強いられたのです。

   それも、「全ての訴訟が密室」で行われ、法廷が使われたのは、「裁判開始宣告」「棄却決定」が下される時だけでした。


 最高裁判所に至っては、「建物に立ち入ることさえ拒絶され、訴訟記録も閲覧できずに終わった」のです。

 
   その後、私は、何度も、最高検察庁に「冬柴鉄三公明党幹事長、糸山英太郎、池田大作創価学会名誉会長ら三名の告訴」を繰り返し試みましたが、全てが
 司法によって門前払いされました。


   十年以上もの、「被害者としての私の国会への請願」、「議員への協力要請」、「メディアへの協力要請」の訴えも全て拒否されてきたのが実態です。

   日本では、「外見からは確認不可能な国家権力の暴力」による「人権侵害」が常習的に起こり、「莫大な国家規模の経済的損失」のみならず、「国民の生命、
 財産が侵害される悲劇」
が現在も起こり続けているのです。

   私は、何年も前から、国連への『日本の国家権力の暴力の実態検証の訴え』を考え始め、その為の物証を作るためにも繰り返し、「国会、検察に対してしての請願、
 告訴」を繰り返してきたのです。


   市民団体によって、私の「国会への請願、天皇陛下への請願、オバマ大統領、米国政府、議会への協力要請書」がインターネットに掲載され始めたのは、
 僅か三年前からですが、私は、今日まで、長年、「国家権力の暴力の実態」「公明党、創価学会が形成する日本の権力構造」を、日本国民のみならず、
 「国際社会に公にする努力」
をし続けていたのです。

   ようやく、「国連機関、国際刑事裁判所に訴えを実行できるまでの準備」が整いました。

   「日米安全保障条約」の存在故に、「日本の国家権力の暴力化」を加速させ、「日本政府の独裁化」を実現、「裁判所、検察を道具に政治経済組織犯罪の
 完全犯罪化」
を可能にしてきたのです。

   「米国企業に利益供与を行う創価学会、笹川組織、公明党一体化の巨額経済組織犯罪」の被害者である私が「複数の偽装の民事訴訟(裁判所共謀の訴訟詐欺、
 民事暴力)」で、9年間もの長きに渡って裁判所の密室にて体験させられた「権力の暴力の実態」は、その顕著な証です。


   創価学会、公明党が裏から支配する「日本の国会、司法、行政の国家権力の闇」が、「日米安全保障条約の最大目的」である「日本統治強化、政治経済軍事支配の実現」
 密接に繋がっているのです。

   「日米同盟強化」も、そのような「権力の売国奴化を実現」できたからこそ可能になり、「集団的自衛権行使、TPP参加に繋げる基盤」を作ったのです。

   私が、「安倍自公連立政権の憲法違反」、「反民主、反法治政治」を国連機関に検証要請する意図もそこにあるのです。


補足説明

   私が、二度目に最高裁判所に行った時点で、大阪高等裁判所に提出した「最高裁判所への上告の訴状、物証の数々」は、実際には最高裁には届いておらず、
 単に、事務的な処理だけの、「偽装の棄却決定の通知書」が送られてきたことが確認できたのです。


   私を最高裁判所の建物に立ち入らせないために、数人の事務方の男性がゲートまで出てきたのですが、私の強い疑念の問いかけに答えるため、内部の職員に
 電話していた時の会話が聞こえたのです。


   「資料が無い」との言葉が聞こえたからです。

   最高裁判所と大阪地検特捜部が連携する実態は、「裁判所と検察特捜部の連携した違法な事件への対応」から明白でした。

   大阪地検特捜部は、私に、「三回も告訴状を書き換えさせ、冬柴鉄三、糸山英太郎、池田大作らの名前を削除しなければ、告訴訴状は受け取れない」として、
 「たった数百万円の従業員の横領事件にすり替え、それも、「時効成立直前の事件を告訴の対象」にさせて立件したのです。

   そもそも、巨額な犯罪が存在するにも拘らず、「検察特捜部が数百万円の従業員の横領事件を立件」すること事態が不自然です。

   検察は、告訴受理まで「8ヶ月掛け、私に何度も事情聴取、情報提供」させ、不起訴の結論を出すまで、裁判所と共謀で証拠隠滅に加担したのです。

   審議官、検察担当検事は、全体像を把握するだけの資料を私から受け取っりながら、「立件したのは偽装工作に過ぎず、最高裁判所にて決定が下るまでの間、
 意図的に私を待たせた」
のは明らかです。

   「大阪地検特捜部は、告訴状を受理し、最高裁判所の決定が下されるまで時間稼ぎ」を行った後、「我々の自宅から盗まれた偽装契約書」を根拠に『不起訴』の
 決定
を下したのです。

   自宅から盗まれた「偽装契約書が、担当検事の調書に綴じられていた」ことで、私が徹底的に追求したところ、私が告訴していた「創価学会の指令で動いていた
 舎弟らから受け取った」
と担当検事が認めたのです。


   同時に、その担当検事は、「指令を下していたのが、小林次席検事」と「白状」したのです。

   担当検事は、単に指令に従って「捜査を行う芝居」をしていただけで、その「偽装契約書の内容、重要性」さえ理解していなかったのです。

   私が、「大阪地検特捜部が官邸からの指令で動く」との確信を得て、検察と対決し始めた直後、「三井公安部長の事件」が発覚したのです。

   「三井公安部長逮捕」の報道で、即、その「陰謀の主を冬柴鉄三公明党幹事長」と、私は確信しました。

   「当時の我々の事件の担当検事の直属の上司であった小林次席検事」が、十年後、「村木厚生労働局長の郵便不正事件」、「小沢代表の事件」、「福島県知事の事件」、
 「小室哲也氏の事件」を担当した「前田検事の上司の小林検事正」
だったので、私の当時の直感に間違いなかったと確信を強めたのです。


   『大阪地検特捜部」は、確実に「冬柴鉄三、糸山英太郎らが弊社に送り込んできた暴力団舎弟らと通謀共謀」し、「大阪高等裁判所、最高裁判所とも通謀共謀」して
 いたのです。


   私が、最高裁判所、最高検察庁以下、全ての下部組織への指令が、「官邸から下されていると断定するだけの物証」を得られた頃は、「長年の複数の加害者側からの
 訴訟詐欺の被害」
、及び、「裁判所の組織的不正からの被害」を受け、企業活動が完全に停止され、経営者家族も経済的疲弊で住むところまでを点々としなければならない
 状況
に陥っていたのです。


 「創価学会、笹川組織、公明党の指令に従った裁判所の組織的不正」により、「架空の巨額債務が実態ある債務」にすり替えられ、経営者個人にも、「巨額の偽装の
 連帯保証が確定」
されたのです。


   私が、「本協力要請を行う最大の理由」は、自らが、「長年、権力の暴力の被害を体験させられた生き証人」であり、全国民のみならず、世界の指導者、国際社会にも、
 『日本の権力の腐敗、暴力』が、「日本企業を常習的に弱体化させ、健全な組織を潰すのみならず、経営者を経済的困窮に陥らせ、生命までを奪う恐ろしい日本の現実」
 把握していて頂きたいからでもあります。

   1996年には、創価学会と連携していた企業舎弟らを命がけで排除し、「健全なる企業経営が行える状況」を作ったにも拘らず、共謀していた企業から繰り返し
 「証拠隠滅の訴訟攻撃」を受けたことで「我々企業は急速に疲弊」されられたのです。


   組織犯罪の完全犯罪化に共謀した「裁判所、検察の責任は最も重い」ことから、私は何としてもその実態を明らかにする所存です。

   「国会議員が私のその行為を妨害」するのであれば、私は、「議員にも同様の責任追及」を行います。


※ 全ての訴訟が「裁判所の小さな密室」で行われ、詐欺の当事者である「原告と裁判所が通謀」し、「証拠隠滅のための偽装裁判」で、私は被告にされ続けたのです。


   「裁判が法廷を使わずに密室」で行わねばならなかったのも、「我々の事件が治外法権に属する事件」だったからです。

   裁判官、書記官らは確実に自らの不正を認識していました。

   「訴訟記録にまで手を加える不正」を行っていたからです。

   また、私は、裁判所が不正を行う度に、「裁判所の不正を指摘」していたため、裁判官らも大変私を恐れていました。

   裁判所が、最初から、冬柴鉄三が画策した『偽装和議』に共謀していたため、何としても裁判所は、連携して、我々企業、経営者を闇に葬る必要があったのです。

   創価学会、笹川組織が一体化して画策実行する組織犯罪にては、「裁判所の組織的犯罪が常習化している実態」を、私は、「被害者であるにも拘らず、長年、
 偽装裁判にて被告にされた体験から断定」
できるまでになりました。

   「最高裁判所、最高検察庁以下、全ての下部組織」が、創価学会、笹川組織、公明党の組織犯罪を、「指令の下、完全犯罪化に共謀する実態を立証」できるまでに
 なってから、小泉自公政権下、私は、「国会に対し、憲法で保障された訴え」を提起し始め、それ以来、十年以上に渡り、私は、「歴代の総理大臣、与野党幹部ら」
 「協力要請書、請願書、建白書、要望書」など、有りとあらゆる形態の訴状を提出し、「創価学会、笹川組織、公明党が一体化して、裁判所、検察を腐敗させる実態を
 国会にて検証する訴え」
を繰り返してきました。

   今日まで、私の「国会、検察への訴え」は、「全て黙殺、あるいは隠蔽、妨害」されてきました。

   私の十年以上に渡る、「憲法で保障された請願の全てが黙殺」される実態は、「この日本の国家権力が如何に腐敗しているかの証」であり、「国会議員の資質劣化の証」
 でもあります。



 私は、「冬柴鉄三公明党幹事長、糸山英太郎元自民党衆議院議員、池田大作創価学会名誉会長三名の告訴」を繰り返すと同時に、「国家国民に著しい背任を行った
 幹部議員らの告訴」
も繰り返してきました。


   私は、冬柴鉄三元公明党幹事長を始め、小泉元総理安倍総理(第一次安部政権下)鳩山元総理を始め自民、公明党幹部ら複数の議員ら「告訴」してきました。

   告訴が隠蔽妨害されることを承知で、「国家国民に背任」、「職権乱用」を行った幹部議員らを告訴してきたのも、「日本の権力構造を健全化させる使命感」からです。

   公明党が主導権を握った「法律、制度」には、「憲法違反」が色濃く現れるため、私には直ぐに察知できます。

   公明党は、常に、政権の監視役、与党内野党として、自民党を牽制するかの芝居をしながら、実は、自民党を裏から誘導してきたのです。

   「日本の野党が本来の使命を果たせない理由」も、野党議員自身も、「同じく国家国民に背任を行っている」からです。

   程度の差こそあれ、「背任」を続ける以上、議員としての責務は果たせません。


※ 「集団的自衛権行使反対」を幾ら叫んでも、誰もが『日米安全保障条約』、『地位協定』、『日米同盟』を容認する以上、無意味なのは、議員自身が一番認識
 しているはずです。


   真実を国民に訴えたのは、「山本太郎共同代表」だけです。


※ 「日米安全保障条約」を『売国条約』と表現して、議長から撤回を強要されましが、『日米安全保障証約』は、事実、「売国条約以外の何ものでもありません」


   また、日本の与野党議員が「憲法違反の偽装政党、公明党」を認める以上、「国家国民への背任」は免れません。

   国会議員は、国家最高権力機関にて、立法権を国民から委ねられている代理人です。

   「最高裁判所、最高検察庁以下の全ての司法、行政の下部組織の腐敗の根源」も、「憲法違反の公明党に支配された国家最高権力機関の国会の完全腐敗」に起因するのです。


()  要請人が提出してきた訴状の数々

  
遂に、2013年10月以降、私が「安倍総理、法務大臣、国家公安委員長、全ての閣僚、全ての与野党議員宛で提出した請願書」がようやく、「警察、検察、
  裁判所から損害を受けた被害者が形成する市民団体」
によって、「元議員を含め1,000人以上の国会議員」、「最高裁判所」、「最高検察庁」、「警察庁」、
  「各省庁」、「宮内庁」、「国内外の主要マスメディア」、「様々な平和活動団体」、有識者に、メールで送信され、インターネットに掲載されるようになりました。

    また、米国を始め、60カ国以上の外国政府にも送られるまでになりました。

    市民団体に、私の訴状を「可能な限り広範に送って頂くお願い」をしてきたのも、『日本の国家権力が米国に支配され、権力の腐敗が急速に進む状況』にあるからです。

    2013年の10月から、私が、「安倍総理を始め国会議員」に提出した「二度の請願書」、「建白要望書」「天皇陛下への三通の請願書」『オバマ大統領、
  米国議会に提出した4通の訴状』
(東芝の第三者委員会、歴代の最高責任者に提出した文書)の全てがインターネットに掲載されています。


    一日本国民が、如何なる努力をして、「憲法にて保障された請願」を繰り返しても[日本の国会議員の誰一人として、請願書を受け入れないのがこの国の実態]です。

   この状況自体が、「如何に、日本の国会が米国に支配されているかの証」です。


※ 国会議員が責務を放棄」する[背任]により、「どれ程の国民の生命、財産が奪われているか計り知れない」のです。


    私が、「国連安保理」、「国際刑事裁判所」に訴えを起こさねばならない最大の理由」がそこにあるのです。


補足説明

   私が最初に創価学会の組織犯罪の告訴を試み、情報提供を国会議員に行い始めたのは20年近く前でした。

   冬柴鉄三議員自身が「新進党に入り、政界工作」を行っている最中でした。

   既に、私は、「公明党が国会乗っ取り」を「既に殆んど完全させている」との確信から、自ら、冬柴鉄三議員に会いに国会まで出向きました。

   彼と会って、彼自身の口から、「最高裁裁判所、検察とも蜜に交流している」との言葉を聴き、「司法を裏から操れる立場にあるとの確信」を得たのです。

   彼が私に脅しのように言った通り、その直後から「複数の訴訟攻撃」が掛けられ始め、「我々企業は急速に弱体化」されたのです。

   公的な訴状を与野党幹部に提出し始めたのは、平成16年、小泉政権下からですが、以来、私は、数千ページの訴状を国会に提出し、何十万枚ものコピーを、
 議員、メディアに郵送、
または、ファックスしてきました。


   当時は、メールではなく、郵送、又はファックスだけで提出していたので、経済的に困窮する中大変な負担でした。

   細かいようですが、「郵便代、文書のコピー代だけでもかなりの費用」を掛けました。

   そこまで、創価学会、公明党の組織犯罪、裁判所、検察の組織的犯罪の被害者が「救済」の訴えを行っても、今日まで、「誰一人として、私に直接何らかの対応を
 行った議員は現れません。」


   この国では「組織犯罪の被害者が救済される道は全て閉ざされている」のが現実です。


※ 日本の国会議員には、「国民の生命財産を守るのが使命」などと言える人間は殆んど存在しないと言う意味です。


   私は、企業舎弟らを追い出した頃、多くの関連企業も標的に遭い、潰されて行く状況を確認しました。

   ある経営者は、得意先の大企業の営業の担当者から、「自殺して保険金で負債を払え」と言われたと聞きました。

   我々の事件からは、「大金融機関、大企業、裁判所、検察」内部にも、企業舎弟と連携を取る人材が適材適所に送り込まれている実態を確認できました。

   恐らく、「国会にも数え切れない数の舎弟らが潜伏」しているはずです。


(5)権力者への勲章授与の問題点


    竹崎前最高裁長官は、「体調不良を理由」に、「任期満了を待たずに退官」しました。

    彼は、私が、「東芝、糸山英太郎らに提訴された訴訟詐欺」を、最高裁に上告していた時期、「最高裁判所の事務局長」を務めていた人物です。

    当時、「竹崎氏が、冬柴鉄三率いる官邸、公明党の指令で動いていたのは確実」です。


 私にそこまでの断言が出来るのは、私が冬柴鉄三に疑惑を抱き、直接彼に会った際、私を「牽制、圧力を掛ける意図」から、「自分は、最高裁判所、最高検察庁と
 密接にやり取りしている」
と私に語った際、「特に事務局とやり取りしている」と言っていたからです。



   私が「最高裁判所に上告」し、最高裁の不正に怒りを露にし、抗議をしていた時期の最高裁判所長官は、町田と言う人物でした。

   町田元最高裁長官は、退官後に、「勲章を授与」されています。

   頻繁に、「創価学会、公明党への貢献度が高い人物に勲章が与えられる状況」が繰り返し起こっています。


※ 昨年、11月3日、「リチャード アーミテージ元国務副長官」、「ドナルド ラムズフェルド元国防長官」が、天皇陛下の名の下に勲章が授与されました。
 日本の政治、経済、外交、軍事の総司令塔と言っても過言ではない彼ら元政府高官に天皇陛下から勲章を与える工作が謀られ、国民に自己責任を負わせる構造が
 出来上がっているのです。


   「天皇陛下からの日本の権力を支配する外国人への勲章授与」も、「安倍政権、官邸からの要請」で行われているのは明白ですが、恐らく「米国の強い意向」が
 働いていたはずです。


   日本に強い要望を受け入れさせてきた米国の元政府要人が勲章を与えられる一件からも、『米国の日本の権力支配の頑強さ』が確認できます。


補足説明

   扇元国土交通大臣、元参議院議長は、天皇陛下から「二度も勲章を授与」されていますが、私は、扇議員が「自由党から離脱し、保守党」を作らされ、」
 党首になった時から、「保守党を公明党の傀儡政党、補完政党」と指摘していました。


   また、森自公政権下、扇議員が「建設大臣」に指名された時から、その人材登用は、「冬柴鉄三公明党幹事長の意思」と警告していましたが、扇議員が初代の
 国土交通大臣
になったことで、私の指摘が正しかったと確信しました。

   扇議員は、元宝塚歌劇の女優であり、創価学会によって、宝塚歌劇が大変な状況になっているのは、誰もが知る事実です。

   また、「扇議員が参議院議長にまで上り詰めたのも、冬柴鉄三幹事長の意思」以外には考えられません。

   扇議員には、参議院議長のような要職に就くだけの資質はないからですが、同時に、保守党のような小政党の党首に、「国家の領土、基盤を守る重責」
 担わせること自体が有り得ないからです。

    冬柴鉄三は、「南野議員のような元産婆上がりの議員を、法務大臣にまでする人間」です。


※ 「国会の無法地滞化」が急速に進んだのは、公明党が政権に合流し、「小泉自公政権誕生」以降の現象です。


   小泉政権下、「冬柴鉄三公明党幹事長が事実上の総理であったことを立証」できるだけの情報、根拠を私は握っていました。

   小泉政権下、「日米安全保障条約から、日米同盟強化の政治外交経済基盤が形成された」のは紛れも無い事実です。


※ 竹崎前最高裁長官の「早期退官」の原因は「私の請願書がインターネットにて公になり始めたこと」と、「竹崎長官と小泉総理の間に裏取引が行われたとの
 情報が流れ始めた為」
と、私は解釈しました。


(6)天皇陛下への請願の意図

   私が「天皇陛下に緊急に請願」を行う「目的は三つ」あります。

   日本の政治家、裁判官ら、最も「憲法遵守」を義務付けられている「国家権力者の憲法違反の最大の原因」が「日米間の条約」にあると解釈するからです、

   大多数の日本国民が反対し、「法律家、学者らが憲法違反と指摘する集団的自衛権行使」を、安倍自公政権は、民意を無視して強制的に受け入れさせようとしています。

それは、「日米安全保障条約、日米同盟が日本国憲法より上位」に位置付けられ、「日本の最高法規の憲法をも拘束」しているからです。


第一の目的

   既に記述したように、『憲法弟99条』が天皇に、「誰よりも重い憲法擁護遵守義務」を課す理由は、「国民に代わって象徴である天皇には、権力者の憲法違反を
 是正させる権限を保障する必要性」
からであるのは明らかであるため、私は多くの日本国民を代表して天皇陛下に、「安倍総理を始め、自民党、公明党議員らの憲法違反の
 責任追及義務」を果たして頂く要請
を行うのです。


   天皇陛下は、憲法にて政治介入を禁じられてはいても、「憲法擁護に関しは最大の義務」を課せられていることから、安倍自公政権幹部議員らは、その「天皇の権威を
 逆利用し、米国統治に貢献することで自らの権力と地位を享受」
しているのです。


   日本の政界では、国家国民に忠実であろうとする議員には、頻繁に何らかの陰謀、又は、圧力が掛けられるか、殺される状況が起こっているのです

   時々、「政治家の不可解な死」が起こりますが、同じ売国組織によって「法人の生命が奪われ、企業関係者の殺人」などは事件化されずに常習的に隠蔽されてきたのが
 実態です。


   また、国会議員だけではなく、あらゆる公務員もその危険に晒されているのです。

   戦後の「日本国憲法は、天皇を国民の象徴」と位置付けていることから、「権力者の天皇の政治利用」の結果、「責任の全てを国民が負わされる」ことになるのです。

   そのような不条理を避けるたにも、「天皇には、権力者の憲法違反には厳しい対応を行って頂く必要がある」のです。


第二の目的

   既に述べましたが、「エンペラーの英訳」は、「日本国憲法にての天皇とは意味が全く異なる」ことから、国際社会に正確に天皇を理解してために、
 英訳の訂正を求める必要
があるからです。

   「エンペラーとは、「帝国主義の国家の皇帝」を意味し、憲法が定める「国家国民の象徴」とは全く意味が異なっているからです。

   今年、2016年5月には、三重県伊勢にて「G7先進国首脳会談」が日本主催で行われる予定です。

   伊勢は「伊勢神宮」が存在し、「日本国民の精神的支え」になっています。

   私は、「神道は、宗教ではない」と考えています、「宗教は通常人間に生きるために規範を与える拘束力」を持つ反面、「神道は、自然を崇め人間個々の内面に
 宿る哲学」
と考えるからです。


   天皇の最大の公務」は、「日本国家、世界の平和安泰のため、体力的にも過酷な祈願を行う行為」です。

   「伊勢神宮」は、その天皇の「祈願の中核を成す神社」です。

   「天皇陛下の存在」は、「日本国民の精神的支え」でもあるのです。


 「その天皇が皇帝のような誤訳」で、世界に報じられるのは「日本国家国民にとって著しい損失」です。


   伊勢でG7カ国サミットが開催されることで、世界のマスメディアは恐らく「天皇についても誤訳のまま報道」することになります。

   この機会に、日本の天皇を正確に世界に理解して頂く必要があると私は考えております。

   日本の皇族は、西欧の『ロイヤルファミリー』と言われる王族とは、性質、役割も全く異なっているのです


  G7の世界先進国首脳会議に関して、その会議に疑問を感じる日本の一国民として、私は見解を述べさせて頂きます。

   今日、最も影響力を有する『中国、ロシア』が参加しい「先進首脳会議」など、「同盟国主要国の総会」のような意味しかないと思えるからです。


第三の目的

   序文でも書いたように、「天皇の継承問題の解決」です。

   日本国家国民にとって、天皇の存在は最も重要なことから、最も天皇にふさわしい方にその役割を担って頂かねばならないからです。

   また、「天皇陛下と一体化した皇后の役割も大変重要」であるため、その懸案も「重要な課題」になります。


(7) 「国連安全保障理事会」への訴え、及び、「国際刑事裁判所」に提訴の件

   もし、このまま「安倍政権が憲法違反姿勢を変えない場合」、私は、集団的自衛権行使のみならず、『日米安全保障条約、日米同盟、地位協定』などを、
 国連安全保障理事会にて、世界の国々の代表に検証して頂く訴えを起こす心構えをしています。


   西洋諸国が形成する同盟の一員として、「日本が憲法違反の武力行使」を行えば、必ず、「国民の生命財産を危険に晒す事態」は避けられません。

   また、日本が武装することは、「世界にテロを拡散する結果を招く」のです。

   日本には、「平和的解決の指針となる平和憲法が存在する」のです。

   「一握りの権力者だけの意思」で「憲法の歪曲解釈」が実現されれば、「国家自体の崩壊に繋がる」のです。

   また、日本では、「国会議員、裁判官、検察官らの憲法違反、法律違反が想像を絶する人権侵害」を発生させ、多くの国民の生命、財産を危険に晒していることから、
 「権力の暴力」が是正されなければ、「国際刑事裁判所」に訴えを起こす以外には選択肢はありません。


   「特定秘密保護法」は、既に、「国連機関から、日本政府の人権侵害の違法性」を指摘されております。

   2015年7月1日、集団的自衛権容認の「閣議決定」の当日、私は、安倍総理、衆参両議長、全閣僚、与野党全国会議員に当てた、「建白要望書」を提出し、
 「憲法違反の背任に強い抗議」を行いました。


   国会にて審議も一切行わずに、「閣議決定だけで、国家の形を変えるほどの重大懸案を決定」するのは、「明らかに憲法違反であり、重大な背任、職権乱用罪に
 該当する犯罪」
と解釈し、私は、安倍総理、麻生副総理、高村副総裁、及び、公明党最高幹部の、山口代表、北側副代表、太田国土交通大臣の六名を告訴する
 記述しました。

   山口、北側、太田の三名の公明党議員は、「長年、冬柴元幹事長の直属の部下」であった人物です。

   日本の「検察に告訴」しても、「検察自体が官邸の下部組織」であることから、私が安倍自公政権の最高幹部らの告訴を予告をした時点では、私の訴えの対象は、
 「国連の安保理会、及び、国際刑事裁判所」を意味していたのです。


   「日本の国家権力の全てが米国の支配下」に置かれていることで、「不健全な権力構造が形成」され、米国と日本の関係のみならず、日本は他国との関係にも
 多大な悪影響を及ぼしてきた
のです。


   この「米国と日本の異常な関係」が「日本国家国民に及ぼす損失」は計り知れないのです。

   「日米安全保障条約」「日米地位協定」「日米同盟」などは、「国家の頂点から、社会の底辺にまで、治外法権を国家内に形成」させ、「米国による
 日本の全ての国家権力を支配する構造」
を作っているのです。


   その最大の役割を担っているのが、「公明党、創価学会が形成する売国組織」であり、彼ら売国組織による「選挙の偽装工作」によって、「米国に計り知れない
 利益供与」をもたらす「日本の政治経済軍事支配」を可能にしているのが実態です。


   「創価学会の急速な巨大化、公明党の設立」が、岸信介首相が自動成立させた「日米安全保障条約改正」と並行して起こったのは偶然の現象ではありません。


   「日本独立」を達成させたかに偽装し、米国は、「間接支配権」を手に入れたのです。

   私が、「公明党、創価学会による日本の闇の国家権力支配」を国際社会に明確に理解できる形で検証、立証する必要があるのも、「日本の完全独立、民主、
 法治国家達成」
には不可欠だからです。

   敗戦後、70年経過する今日、日本は、未だ、「米国の統治下に置かれ、国会、裁判所、検察、その他の官庁も米国支配下」に置かれているのです。

   ようやく、「安倍政権の憲法違反の政治姿勢」に対し、多くの市民、法律家、有識者が行動を起こし始めましたが、その活動も無駄に終わると私は強い危機感を
 抱いております。


   何故ならば、「日本の国家権力が米国の完全統治下」にある以上、「主権は日本国家国民には属していない」からです。

   日本国内に形成された「治外法権の権力構造」により、「莫大な損失が発生し、多くの国民の生命が違法に奪われてきた」のです。

   この米国の支配から開放されなければ、「日本の独立、民主、法治国家の達成は不可能」です。


 「軍事同盟が世界に形成する軍産複合体」がどれ程、「世界平和を破壊してきたかは、明白」です。


   「憲法違反の公明党との連立を組む安倍政権」「憲法違反」によって、今や、日本は、「米国のみならず、西洋諸国の軍事同盟」に完全に組み込まれてしまいました。

   私が「国連安保理、および、国際刑事裁判所に訴えを起こさねばならない理由」もそこにあるのです。

   世界的に不安定な今の時期、国際社会は、一致協力して「米英が中核となる軍事同盟」がもたらす「世界的不健全な権力構造」に対する問題解決」を行うべきです。


補足説明

    「テロ批判を行い、軍事的圧」を掛けても「問題は大きくなるばかり」です。

   何故ならば、テロリストと言われる人間は、「命を捨てることが前提」で動いているため、どのような「破壊行動」も辞さないからです。

   「世界的に軍事支配してきた国々も歴史的観点」から「反省を行わねば問題解決は不可能」です。


※ 「日本のような平和を望む国」に対してさえ、未だに、「米国は、政治経済軍事的完全支配の欲望を捨ててはいない」のです。


   私は「権力者の違法行為」にて、20年もの長きに渡って、「死ぬよりも苦しい体験」を強いられ、今日に至るもその苦しみから開放されずにいる人間です。

   私は、米国が完全支配する日本の国家権力の暴力の被害者として、国連、国際刑事裁判所にて検証して頂けるだけの「権利、資格」を有する人間と自らを解釈しています。

   私は、今日も、「生命の危険」から開放されないまま放置されている人間です。

   日本には、政治の劣化により、「生命を奪われる必要のない多くの人々が殺されるか、自ら生命を断ち、生きながらの地獄を強いられている人々が数え切れないほど
 存在する
のです。

   私には、「それらの人々の苦しみを背負って行動を起こす使命がある」と感じております。

   「国際機関にて証人になるだけの物証」が有り、「私自身の20年間の国会、裁判所、検察との体験」だけでもかなりの題材になるはずです。

   その為にも、私は、三年も前から、国会、天皇陛下、オバマ大統領、米国議会に提出した訴状の数々を各国政府、海外のマスメディアにも送り、
 インターネットにても公
にしてきたのです。

   私が長年救済を求めてきたこれほど凶悪非道な「組織犯犯罪を放置する権力構造」がどれ程腐敗しているかは、私の「訴訟、請願の履歴」を見て頂くだけで明らかです。


(8)協力要請人が繰り返えす危機の訴え

   私が、長年、「公明党解党」に対して多大な努力をしてきた理由は、の「憲法第20条、政教分離違反」であるのみならず、国家権力を道具に、
 「凶悪非道な政治経済組織犯罪を形成」しているからです。


   創価学会、笹川組織は一体化して、暴力団組織までを支配下に置き、「闇の政治経済組織活動」を日本国内のみならず、国際的規模で展開しているのです。

   公明党による立法、司法、行政の「権力支配が、組織犯罪にても権力を道具」に使える要因となっているからです。


オバマ大統領への要請書提出の件

   私は、既に、野田政権下、オバマ大統領に二度提出した訴状にて、「創価学会、笹川組織、公明党が形成する売国組」は、『日本における米国の政治経済軍事支配を
 行う工作部隊』
と形容し、協力を求めました。



※ それらの訴状にて、私は、大統領、米国議会に対し、米軍の存在と日本の国家権力支配、及び、政治経済組織犯罪が密接に関係しているため、「日本からの米軍の
 全面撤退を要請」
しました。

   我々企業を標的にした経済組織犯罪に、「米国ロックウェル インターナショナル社の架空売買の不正」があり、その「調査、検証の要請」も行いました。

   安倍政権樹立以降、「四回、大統領、司法長官、国務長官にも訴状を繰り返し提出し、その件に関しても「協力要請」を繰り返しています。

   ケネディー駐日大使を介して訴状を提出していますので、大統領には届いていると確信しています。

   野田政権下で私が提出した訴状は確実に大統領に届いたのを確認したので、その後、安倍自公政権下で提出した訴訟も届いていると信じております。

   野田政権下、私が米国大統領に提出した「二通の訴状」は未だ公にしていませんが、安倍政権樹立以降、私がオバマ大統領に提出した「四通の訴状」は、
 インターネットにても掲載されています。



 公明党が主導権をもって成立させた「憲法違反の法律、制度が」「無効、撤回」出来ることを、日本国民は認識する必要があります。


   そもそも、「憲法違反の政党との連立自体」が、「自公政権を憲法違反」と断定し、「その政権の立法を無効」にできるとの解釈を導き出せるからです。

   私は、安倍政権下で国会に提出した複数の訴状、天皇陛下、オバマ大統領に提出した訴状にても、「米国支配と公明党の関係」を繰り返し指摘し、
 「自公政権の無効性」を訴えてきました。


   20年前、冬柴鉄三元公明党幹事長が、凶悪非道な経済組織犯罪の主導者であった事実を把握して以来、要職にあった議員らにも情報提供し、
 『公明党解党の必要性』を訴えてきました。


   米国大統領、米国議会には、私が「安倍総理を始め、全国会議員に提出した訴状」、「天皇陛下への訴え」を真剣に検討して頂きたいと望んでいます。

   何故ならば、「日本の権力者を介在させた間接権力支配、政治経済軍事支配」は、「何時か、日本と米国の関係を悪化させる」と危惧するからです。

   「日本人は、忍耐強い国民ではあっても、限界を超えると、膨大なエネルギーを発揮する国民性」があると、数年前にはオバマ大統領にも伝えました。


 「安倍総理の違法行為」に関しては、私の「三回に渡る天皇陛下への請願書を天皇陛下に提出しなかった背任行為」だけでも「背任、職権乱用の責任」を問えるのです。


    「請願権」は、「憲法にて保障された国民の権利」であり、天皇陛下への請願は、事実上、「安倍総理以外には扱えない規則」があるため、私にはその責任を
 安倍総理に問える権利があるのです。


※ この一件だけでも刑事責任が問えるはずです。


   特に、私の天皇陛下への請願は、「権力の暴力によって多大な被害を受けた多くの国民を代表しての請願」であったことから、「安倍総理の責任はより重い」のです。

   安倍総理は、自らを「立法、司法、行政の最高責任者」と公言した人物であり、「裁判所、検察の組織的犯罪行為への対応」には、最も重い義務が課せられているのです。

   私が「天皇陛下に請願」を行うに至ったのは、国会、裁判所、検察など権力者の許し難い背任を体験させられ、全国民にその実態を認識して頂く必要性からです。

   同時に、私は、「国家権力の暴力によって不幸な運命を強いられた全ての国民」を代表して、「天皇陛下への請願」を行っているのです。

   私が書いているこの文書も、日本国民のみならず、世界の指導者、国際社会に「日本の権力の腐敗の原因」「米国による日本の権力者を介しての統治」にあり、
 「その暴力的支配が如何なる不幸を日本にもたらしているか」を認識して頂く必要性からです。


   私は、今後も「米国企業の経済犯罪の検証」を米国政府に訴えて行きます。


※ その「経済組織犯罪」が、「日本の裁判所を道具」とし、裁判所が共謀して断行を行ったにも拘らず、裁判所が介在しなかった司法処理」が行われるなどの事情が
 存在するからです。正に、「米国による日本の権力支配の実態の証」となる事例でもあるからです。



   このような権力支配を容認すれば、「米国企業に利益を与える如何なる経済組織犯罪も可能」になるため、私は、「米国議会にての検証」を米国政府にも要請して
 いきたのです。


   私は、大統領から回答を得られるまで、協力要請を続けます。

   オバマ政権下で回答が得られない場合、大統領選挙にて新たな政権誕生後も米国政府への要請を繰り返します。

   オバマ大統領、「米国政府への訴えが拒絶された実態」、「訴状提出の私の行為自体」が、「国際社会に訴える重要な物証」にもなるのです。

   民主、法治主義を自認する米国政府が、このような企業犯罪を黙認することは、米国自体にとっても良い結果には繋がらないと考えるからです。


補足説明

   太平洋戦争にての日本の、「米国との戦争も、遡れば、武力をもって日本を開国させ、それ以来の米国の日本支配」の歴史的経緯も無関係ではないと、
 私は感じております。

   このまま、「米国の日本支配が継続」すれば、日本国民の多くは「米国に対して嫌悪感」を抱き、それが、大きな流れを作るのは必至と考えます。

   私は、「米国の裏の権力支配の状況」までを把握する人間であり、「米国民の多くも被害者」だと感じておりますので、「米国との友好関係」を強く望んでおりますが、
 日本には、「米国の力が関与した企業を標的にした経済組織犯罪が横行」しており、その為に、生命財産を奪われた国民が無数に存在することから、どれ程、日本の立法、
 司法、行政の権力者、メディアがその実態を国際社会に隠しても、「何時かは、世界にも公にされる時が来る」と私は確信してします。

   私が、米国大統領、議会に「米国企業の我々企業に対する経済犯罪に関しての検証」を要請できるのも、その「立証が行える物証」が存在するからです。

   「偽装売買した新聞印刷のオフセット輪転機」は、巨大な機械でありますが、裁判所によって断行処分された時、本体に連結する機械の一部が残されたのでそれを保管
 したのです。

   その一部の機械は、「弊社が発注した新機の機械には作動しない型」であり、弊社に売られた「機械が十五年も古い機械であった事実」が明らかになるのです。

   ロックウェル社が弊社に売却した機械本体を裁判所介入させて偽装執行させたのも、「偽装売買の証拠隠滅」が不可欠になったためであり、今からでも、専門家による
 付属品の機械の検証を行えば、「架空売買の機械本体がどのような機種であったか」
も明らかになるのです。

   ロックウェル社は、裁判所に強制執行させた後、訴訟が無かった形態を取り、証拠隠滅を謀ったのです。

   「ロックウェル社が偽装売買した機械、東芝の機械」共に、断行される前に、「録画したフィルムが存在し、それも大きな物証」になります。


※ また、東芝の架空売買も同じく、「中古の機械」であったために、断行に及んだのですが、機械本体が存在しなくとも、「契約書を検証」し、最高裁に
 至るまでの裁判の過程、「訴訟資料を精査すれば、完全に巨額経済組織犯罪立証が可能」
となります。


   「東芝の詐欺」に関しては、「日刊スポーツ社の詐欺、訴訟詐欺も検証」する必要があります。

   昭和三十年代、弊社は「日刊スポーツ社」から莫大な損害を受けた背景があり、冬柴鉄三元公明党幹事長は、再び、「日刊スポーツ社に不正」を働かせたのです。

   昭和三十年前半、旧梅田コマ劇場の裏に、「750坪の新聞社の社屋」を建設、設備投資した際、弊社の「ベテラン技術者、営業の従業員百人」と共に、
 その
新社屋、機械の全てを、実質的に乗っ取られ、私の両親は「再建」のために長年、筆舌に尽くし難い苦労を強いられたのです。

   私は、未だ子供でありましたが、経営者家族の表現し難い苦労を強いられた体験が、「現在の私の戦う気力」になっているのです。

   創価学会の弊社を標的にした「日刊スポーツ社への利益供与」は、極一部に過ぎません。


 背後に、「創価学会、笹川組織の経済組織犯罪」の存在があったことから、我々経営者は親子二代に渡って、次から次へと莫大な負債を抱えさせられ続けたのです。


   弊社の莫大な損害が発生し続けた時期と、「創価学会が急速に拡大し、公明党の政党の政治活動活性化」は並行して起こっているのです。

   「冬柴鉄三が中核」にて、それらを主導してきた実態が分かってから、私は、何としても「公明党解党実現」まで諦めないと決断をしたのです。

   私の父も60代で、「巧妙に命を奪われた」こともその根拠の一つではありますが、それ以上に「日本国家の崩壊を誰よりも危惧」したからです。

   私は、多くの物証を検証する過程で、「私の父が描いていた理想の日本の将来像」をよく理解できるようになったのです。

   私の父は、「メディア人として、スポンサーに媚びず、使命を貫徹する強い意思の持ち主」でした。

   『広告の無い新聞、日本一高い新聞』と自慢していたこともありました。

   また、糸山英太郎の結婚式の当日、『これから日本は大変なことになるぞ』と将来に危機感を抱く言葉も発していました。

   父の死後、振り返って考えれば、「若くして鉄鋼、日本の主要産業の業界紙発行企業」を設立し、50十代には、既に、北海道から沖縄まで専用回線を持ち、
 日本各地に支社を持つ新聞社に成長させ、その後、ニユーヨークにまで支局を開設していたのです。


   「笹川組織、創価学会に莫大な損害」を受けながらそこまでの実績を残した父、また、その父を支えた「母の苦労」を、私自らが見続けてきたからこそ、
 「その精神を引き継ぐ使命感」が私をここまで支えてきたのです。


※ 母は、「金融機関との融資の全てを何十年も担ってきた」のですが、その背景に冬柴鉄三弁護士の金融機関の裏工作が何十年も続いていた事実が分かったのは、
 「昭和三十年代からの膨大な何十もの金融機関の融資の記録」を手に入れた時でした。



   私が、「日本の経済組織犯罪の研究所を設立する構想」を描き始めたのも、そうした、「金融機関らかの融資の実態」を確認したからです。

   「金融の専門家」が調査すれば、「如何わしい融資の実態」が明らかになると、確信したからです。

   私が創価学会組織による「金融機関支配の事実」を把握できたのは、金融機関しか持っていないはずの、「第一勧銀の融資の要請用紙の冊子」までが弊社の
 創価学会壮年部長、長年、経理部長であった男性が持っており、「手形の操作方法」も把握できたからです。

   「年金詐取も手形の操作にあると確認」できたのは、平成8年のことでした。

   小泉政権下、坂口公明党議員が厚生労働大臣に登用され、「年金は百年安心」と言った意味を私は誰よりも理解できました。

   「莫大な年金のマネーロンダリングの証拠隠滅」を行うと国会に提出した文書にて私が指摘したのも、「五千万件の年金記録不明が発覚」するかなり前、
 『冬柴鉄三幹事長が作成した三党合意偽装契約』時でした。


   社会保険事務所と弊社の経理部長が共謀して「厚生年金の納入金を操作」していたのです。


※ 私が「研究所設」立を考えたのも、創価学会の急速な巨大化も金融機関の巨額融資が背景にある企業組織犯罪と密接に関係があると解釈したからです。


    一室に、全ての資料を保管し、融資の記録だけでも、「何メートルもの壁に三段の棚を作って保管」していたのですが、大阪地検特捜部に告訴した後に、
 それらの「融資の記録の全てが何者かによって奪われました」

   「冬柴鉄三が検察への指令を行っているとの確信」がより強まったのも、彼が「何十年も関与した需要な物証が繰り返し盗まれる状況」が起こったからです。

    当時、自宅も偽装競売で奪われ、「借家でもあり、完全な管理は不可能な状況」に置かれていたのです。


創価学会のメディア支配

   今の、「私の父のメディア人としての魂」が、今のメディア人に少しでもあればと願って、「メディアの健全化も私の大きな使命」と感じています。

   私は、「新聞社、出版社のオーナーの一人」ではありましたが、実務である執筆などの体験もなく、私が、「会社経営に介入したのは、暴力団舎弟を追い出す時点」
 からですから、「売国組織、権力との戦い」に明け暮れ、物を書く勉強の機会も無いまま来ましたが、私の訴えの内容は理解して頂けるはずです。

   「創価学会のメディア支配」は、誰もが知る事実ですが、既に、昭和三十年代から、「冬柴鉄三が裏で報道機関を支配する工作を行っていた実態」、弊社、および、
 「産業新聞」の歴史からも明らかに出来ます



 昭和11年に私の父が設立した「産業新聞」は、私が現在代表を努める「産業出版の子会社」でしたが、両社の「弁護士、相談役、監査役などを何十年も務めていた
 冬柴鉄三元公明党幹事長が、糸山英太郎と共謀で画策実行した経済組織犯罪一端」
で、尼崎の裁判所の偽装裁判にて、冬柴鉄三は、「産業新聞の株式を巧妙に移動」
 させたのです。


   冬柴鉄三自身が作成した「偽装契約書は最大の物証」になります。

   このような偽装契約書が作られ、裁判所に共謀させれば、「一瞬にして企業乗っ取りが可能」になるため、私は十年以上前から、「国会にての検証を要請」してきたのです。

   尼崎の裁判所を道具に「産業新聞の株が不正に移動」されたため、産業新聞の経営実態は把握できませんが、未だ、「日本を代表する鉄鋼関連の業界紙」として
 存在しているようです。

    現在、米国支社は閉鎖し、「上海に支局」を出しているようです。

   「産業新聞社」は、日本の経済発展途上にて、鉄鋼業界紙であり、鉄鋼新聞とともに、日本を代表する鉄鋼業界紙として拡大した新聞社です。

    「世界鉄鋼会議にも日本を代表する鉄鋼業界紙」として参加し、私も若い頃、父と共にブラジルで開催された世界鉄鋼会議に行ったことがあります。

   当時、父と親しくしてい頂いていた「稲山新日鉄の会長」にもホテルでお会いし、お話をしたこともあります。

   その稲山会長が土光会長の後、経団連の会長をされたのです。

   私の父の社葬では得意先の代表として、稲山氏が「弔辞」を読んで下さいました。

   「土光会長、稲山会長が存在したころの経団連」は、現在と全く逆に、日本の国益、国民のために尽くして下さる人材が豊富だったのを思えば、
 私は、現在の経団連を情けなく感じています。


   「同盟一辺倒の経済主導」が、国家国民にどれ程の損失を与えているか計り知れないからです。

   私は、若い頃から、「何故、我々企業が笹川組織に巨額な損害を受けるのか」を考えてきました。

   「世界の情勢、特に同盟の世界支配」を自らが把握できる年代になって、初めて、米国の経済支配と密接な関係があると考えはじめたのは、
 「笹川良一の弟の笹川了平、続いて、娘婿の糸山英太郎からも多大な損害」を受け始め、「笹川組織の役割」が理解できるようになったのです。

   笹川組織以上に、「創価学会組織が危険な組織」と分かったことが、私が「命がけの戦いを決断した最大の根拠」です。

   創価学会、笹川組織が「公明党を作った過程で弊社が蓑になった」との確信が得られたからです。


 私の「最大の使命が公明党解党」となったのも、「公明党の背後の組織が米国の権力と繋がっている」との確信が得られたからです。


   また、「米国の軍事産業、宇宙開発の中核を担っていたロックウェル インターナショナルの弊社への経済組織犯罪」は、単に「架空売買」のみならず、
 「東芝の詐欺、第一勧銀」「興銀関連金融機関」「大和銀行」を始め、「複数の金融機関の組織的架空融資、迂回融資」にまで繋がり、「裁判所、
 検察の組織的不正」
までに繋がっているからです。


   「米国に利益供与を行う形態の経済組織犯罪」が日本で「完全無法地帯化」するのも、「日米同盟、日米安全保障条約」などの「偽装条約」にて日本の国家権力が
 完全支配された結果です。

   「米国の暴力的な日本支配」は、必ず、「何時か壊れる」と私は確信していますが、「日本が集団的自衛権行使により武力介入してしまえば、国際的にも日本は
 平和国家として主張ができなくなり、米国との不健全な関係から永久に逃れられなくなる」
と私は危機感を抱いております。


   米国が、「日本に不自然な程、集団的自衛権行使、TPPを強要する最大の理由」も、「日本国民の民意が反米になる前に「日本統治を強化する目的」があると
 感じております。



マイナンバー制度に関して

※ 安倍政権が、集団的自衛権行使の法整備に国民の意識が奪われている最中に、「マイナンバー制度」など、世界に類の無い、「国民完全管理制度」
 施行させてしまいました。


   私は、その制度は、「奴隷に背番号を付すと同様の制度」と解釈しています。

   日本政府は、情報を、米国を始め同盟主要国と共有すると明言しています。

   「反独立、民主、法治国家の日本を継続」させるためにも、「国民管理の手段が不可欠」であり、民意を完全無視した「マイナンバー制度」が決行されたと
 解釈しています。

   この制度が、経済組織犯罪にて、「最大の武器、道具として使われるのは必至」です。

  今日までのように、全国的な創価学会の組織網を使った情報収集を行わずとも、コンピューターのボタン一つで全ての情報が得られるため、
 「経済組織犯罪にては、最大の武器になる」
と解釈するからです。

   一国民個人も富裕層などには危険な制度ですが、「日本企業にとっては、より危険な制度」になります。

   日本国民の大多数は、「何となくマイナンバー制度に違和感」を抱いていますが、それが「恐ろしい制度であると感じる国民もかなり存在」します。


4.国会議員、裁判官、検察が常習的に犯す「憲法違反」の「具体的条文」、及び、
 「検証が不可欠な懸案」

   憲法第1条 天皇は日本国家、日本国民統合の象徴であり、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基ずくものである。

   憲法第6条 天皇は、国会の指名に基いて内閣総理大臣を任命し、内閣の指名に基いて最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

   『憲法第13条』 全ての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、
         立法その
他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

    『憲法代15条』 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

    『憲法第16条』 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、
           何人
も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

    『憲法第17条』 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

    『憲法第20条』 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。如何なる宗教団体も、国からの特権を受け、又は政治状の権力を行使してはならない
              (公明党解党を必要とする最大の根)

    『憲法第21条』 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

    『憲法第29条』 財産権は、これを侵してはならない。

    『権法第32条』 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪われない。

    『権法第35条』 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることの無い権利は、第33条の場合を除いては、
          正当な理由に基ついて発競られ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する礼状が無ければ、侵されない。

    『憲法第53条』 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いずれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣はその召集を決定
                しなければならない。

   『憲法第64条』 国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議員の議員で組織する弾劾裁判所を設ける。

    『憲法第76条』 全ての司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。(3)すべての裁判官は、
           その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

    『憲法第条77条』 最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。
                (2)検察官は、最高裁判所の定める規則に従わねばならない。
                (3)最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所に委任することができる。

     『憲法第79条』 最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成し、その長たる裁判官以外の裁判官は、
           内閣でこれを任命する。


     『憲法第81条』 最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する最終裁判所である。

     憲法第82条』 裁判所の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ。
               (2)裁判所が、裁判官の全員一致で、公の秩序又は善良の風俗を害する虞があると決した場合には、公開しないでこれを行ふことができる。
            
但し、政治犯罪、出版に関する犯罪又はこの憲法第3章で保障する国民の権利が、問題となっている事件の対審は、常にこれを公開しなければ
            ならない。


     憲法第89条』 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは
           博愛の事業に対し、これを支出、又はその利用に供してはならない。


     憲法第95条  一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるとところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を
           得なければ、国会は、これを制定できない、


     憲法第96条』 この憲法改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない
           この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

                (2) 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体をなすものとして、直ちにこれを公布する。

     憲法第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に耐え、
           現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。


     憲法第98条』 この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

      憲法第99条』 天皇又摂政 及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


5.  憲法的側面からの結論 (日本語のみ)

    日本は、現在、民意が抹殺され、「国家の形」までが変えられる過程にあります。

    「日本国憲法が完全に形骸化」され、今や、『安倍自公政権の暴力的政治』を止める術も無くなっております。

    日本国民、有識者の多くは、未だ、「選挙で何とか良い結果に繋げられる」との希望を抱いておりますが、近年の「日本の選挙」は、「全て創価学会、
 公明党によって事前に工作」
され、選挙前から結論が出されているのが現実であるため、「選挙を待っていては手遅れ」になります。


    既に、安倍自公政権は、「憲法改正にまで着手」し始めております。

    安倍総理は、既に、メディアを介し「憲法改正」を国民に公言しましたが、総理が言及した時は、既に、「選挙を含め憲法改正の工作」は終わっている時でもあるのです。


 憲法を変えずとも、既に、「憲法改正の実績」までを作ってしまっているのです。


    本来、「国家の形」までを変える「集団的自衛権行使容認、安保法整備」は、憲法を変えてからでなければ立法に着手できないにも拘らず、
 「安倍総理は、閣僚だけの閣議決定」
で結論を出し、米国両議会にて公約を行い、その後、日本の国会にて形式だけの審議で立法化を強行させて
 しまいました。


    「安倍総理が米国議会にて公約」した時は、既に「実現するまでの工作が終わっている」のです。

    「手続きが全て逆」であり、「日本が真の独立、民主、法治国家ではない実態」が国際社会にも明らかになりました。

    日本では、国会議員の「憲法違反は常習化」し、「自らが憲法違反を行い、国家国民に最大の背任を行っていることさえ自覚しない議員」が大半を占めるまで
 「国会議員の資質は劣化」し、『立憲民主制は疾うに崩壊』しているのです。



※ そもそも、『憲法違反の公明党』が「立法、司法、行政の国家権力を完全支配」して久しいことから、日本では、国家の基本原則である「三権分立」が、
 官邸を頂点に『三権一体化』
「権力構造」に変貌しているのです。


    多くの国民市民団体が、「安倍自公政権の憲法違反」に抗議、或いは請願を行っておりますが、一切、効果が上がっておりません。

    また、有識者、市民団体による『全国規模の訴訟』が提起されていますが、「裁判所が政府の下部組織」であるため、何の効果も得られません。

   そもそも、「内閣法制局までが官邸の下部組織」に成り下がり、集団的自衛権容認の「閣議決定の議事録さえ残していない事実」が明らかになっているのです。

   今や、国民の側に立って、「権力者を監視」できる者は日本には存在しません

   私が、「安倍総理以下、全国会議員に提出した複数の請願書、建白要望書」「天皇陛下への請願書」「オバマ大統領への訴状」などを、日本国民のみならず、
 世界のメディア、府関係者にまで届ける必要があるのは、「公明党、創価学会の立法、司法、行政の権力支配」が、「日本国家国民に取り返しが付かない損害を
 与えてきた実態」
を、国際社会、世界の指導者にも知って頂かねば、「日本の国権力の健全化は不可能との結論」に達したからです。

   それらの訴状の全てが、インターネットにても公になっておりますので参考にして頂きたくお願い申し上げます。

   内容は、「同じ要請」を繰り返しておりますので、本文を読んで頂ければ十分ですが、最近の二、三年間だけでも、一日本国民の私が、「日本を健全な平和国家」
 するために、『全国会議員を始め、天皇陛下、米国大統領』に、どれ程の要請を行ってきたかを知って頂けるはずです。

   野田政権下、「オバマ大統領、クリントン国務長官、ルース駐日大使、米国議会に私が提出した一回目、二回目の協力要請書」を、「未だに公にしていない理由」は、
 「オバマ大統領に対しての強い批判を行ったため、現段階では、大統領の名誉を重んじる必要」があると感じるからです。


   その訴状は、「クリントン国務長官の日本の主権侵害への言及」「小沢代表の事件にクリントン国務長官の関与を示唆する私の見解」までを書いた「訴状」だった
 からです。



 オバマ大統領の任期は残り僅かですが、未だ、私は、「ノーベル平和賞を受賞した人物」として、「オバマ大統領が日本と米国の不健全な関係を何らかの形で改善」
 して下さることに期待しているのです。

    最初に提出した大統領への協力要請書にて、私は、既に、オバマ大統領には、「世界の指導者にも協力要請する必要性から、訴状を公にすること」を事前に
 お断りしたので、「必要に応じて、近い将来、数年前提出した訴状も公にする可能性」も有ります。


   次期米国大統領選挙にて、民主党、共和党のどちらが政権を取っても、「同盟強化」による「日本への圧力は強まり、最早、集団的自衛権行使の撤廃など不可能」
 なるのは明らかです。


   日本の「平和主義」など維持できるはずはありません。

   既に、安保法整備の立法化前から、「自衛隊と米軍の統合の大きな動き」が起こっているのです。

   「日本全国の自衛隊基地が米軍と統合」し始めています。

   「沖縄の米軍基地」のみならず、京丹後市にも住民に一切知らされないまま、三沢基地と同等の機能を備えた米軍基地建設が始まってしまいました。

   「日本の国家国民の主権」は、戦後、70年前から奪われてはいますが、「公明党が連立政権を樹立」させて以来、急速に日本の独立が遠のき、
 今や、日本政府は「完全に米国の下部組織」になり、「日本の大多数の政治家は、米国の下僕」として、「国民の監視役の役割を行う番犬」に成り
 下がってしまいました。



※ 「創価学会の巨大化、公明党の権力支配強化」に伴い、「国民の知る権利、報道の自由」が奪われ、今や、日本国民は、
 「民意を政治に反映させる術さえ奪われた」のです。



    「特定秘密保護法」などを、事前に施行した後に「集団的自衛権行使の法整備の審議」を行うなどの手法は、正に、「創価学会の経済組織犯罪にて常習的に
 使われる手口」
と同じです。


    私は、何時でも、その「典型的な実例を、物証をもって公」に出来る人間です。


 私は、既に、20年近く前に、この国では、「憲法が形骸化し、全く機能していない」と知りました。


   冬柴鉄三公明党幹事長が糸山英太郎自民党議員と共謀して画策実行した日本の大企業、大金融機関に「巨額詐欺を強要」し、「裁判所までを自在に犯罪の
 道具に使う手口」
を見届け、戦い始め、それ以降、「どれ程多くの法曹関係者、裁判所関係者が組織犯罪にて手下として加担しているか」を被害者として
 把握しました。


   そもそも、国会でも、重要な役職に在った冬柴鉄三公明党議員が糸山英太郎自民党議員と共謀で、「大金融機関にまでに巨額詐欺」を行わせ、「裁判官、書記官ら」
 までを取り込んで、「偽装和議を通過」させるなど、法治国家では有り得ない状況を、既に、自らが被害者として体験させられていたからです。

    私は、既に、「憲法の重要さ」を、認識していたので、「この国の将来に大変な危機感」を抱き始めました。

   「公明党は創価学会の政治部」以外の何物でもなく、創価学会は、公明党の支持母体ではありません。

   「共産党と公明党は支持母体が存在」するとして、同質の政党のように誤解される傾向がありますが、「全く異質な形態」です、

   共産党員、創価学会員は、政治上の主義、主張、政治権力を維持獲得のために活動する意味では同じですが、「共産党員はあくまで政治結社として活動しており」
 「創価学会員は、宗教活動を蓑に政治結社を形成しその政治部を国会に公明党として活動させる偽装宗教団体」である意味では、全く異質な存在です。


   「宗教団体の蓑」を被り、宗教活動を行うと見せ掛け、実態は、『裏から政治経済を操り、選挙工作を中心に活動する結社』であることが、「憲法が求める政教分離」
 反する根拠です。


※ 憲法第20は、信教の自由は何人に対しても保障するとした上で、如何なる宗教団体も、国から特権を受け、政治上の権力を行使してはならないと定めていますが、
 創価学会、及び、その政治部である公明党は、「最大の権力行使」を行い、『国家、企業、国民から莫大な資産を詐取しているのが実態』です。


    「日本全国津々浦々に存在する創価学会の集会施設」は、「経済組織犯罪」から得た資産で作られていると言っても過言ではありません。

   私の主張に、「創価学会、公明党が一切反論できない」のは、「私の指摘が正しい証」です。


 また、公明党が、私の「国会にての冬柴鉄三元幹事長が画策実行した国家規模の経済組織犯罪の検証、審議を長年拒絶してきた理由」も、
 私が立証を試みようとしている「創価学会の組織犯罪が現実に行われてきた証」です。



   私は、「安倍政権、自民党」を、「憲法違反の偽装政党の公明党の傀儡政権、政党」として、自公連立政権下で立法化した「憲法違反の法律、制度の撤廃」
 目指している一国民です。


    その為には、「実質的に日本の権力を支配する公明党」「解党が不可欠」です。


※ 「公明党を憲法違反の偽装政党」と断定できれば、即刻、「日本が抱える政治経済軍事的問題の多くを解決可能」にできると同時に、
 『独立、民主、法治国家達成』
への道が開けるのです。



   憲法第20条の「政教分離に反する憲法違反の偽装政党」が、「同盟国の傀儡権力を形成」し、『実質的に日本の国家権力の全てが米国に支配され、
 主権が未だ日本には戻されていない』
からです。

   そもそも、「サンフランシスコ講和締結」に伴い、「吉田茂総理が締結した日米安全保障条約からの検証が不可欠」です。

   ロシアのプーチンロシア大統領が、「サンフランシスコ条約まで遡る必要がある」との提言を行った際、大多数の国民は、「ロシアの利益のためと解釈」したようですが、
 私は、プーチン大統領のその提言には、「日本の将来も見据えた日本国民への深い思慮」を感じました。


   何故ならば、「米国との単独講和」に伴う『日米安全保障条約締結」によって、「日本は米国統治から開放されない権力構造」が出来上がったからです。

   当時は、「単独講和を強要」された吉田茂総理には選択肢が与えられていなかったとしても、「米国との単独講和に至る過程」では、反対の国も多くあり、
 「条
約としての法的条件を満たしていない」のは明らかです。

   「米国が反対国の意思を力で抑えて日本に締結させた条約」であり、「吉田茂総理は、同行した池田隼人議員を同席させずに、「密室にて単独で締結した条約」
 言われています。



※ 70年前の「不平等条約」の「日米安全保障条約」が、「岸内閣の日米安保改正」により、「米国による日本の間接統治」へと繋がり、「創価学会、
 公明党が形成する日本の闇の権力構造」の基盤を日本に作った
のです。



   プーチン大統領は、その「日本の闇の権力構造」が、「如何に日本国家国民にとって不利益を及ぼしているか」までを考慮の上で、「サンフランシスコ講和条約まで
 遡る必要性に言及」
して下さったと、私は「肯定的に解釈」しました。


   中国も、「サンフランシスコ講和条約」には参加していません

   「公明党の憲法解釈」と共に、「公明党設立の経緯、創価学会の巨大化の検証」を行うことが、「日本国民の最大課題」と私は考えます。

   安倍総理自身が三年前、第二次安倍自公政権を樹立させた際、公明党幹部の集まりにて、『私の現在の地位は公明党さんのお陰、公明党さんには足を向けて寝られない』
 謝意を表明したことからも、現自民党政権は、「公明党の傀儡」と自らが認めたのです。

   総理大臣としては、「口が裂けても言えない言葉」を発したのです。

   何故ならば、総理大臣としてのその言葉自体が、『日本が民主、法治国家ではない証』となるからです。

   私は、小泉政権下、安倍議員が幹事長に指名された時点から、「安倍幹事長を、柴鉄三公明党幹事長が指名し、小泉総理同様、冬柴の傀儡になる」と警告していました。

   安倍議員が幹事長に指名された時点で、冬柴鉄三議員と幹事長を体験した野中元幹事長が『毒饅頭を食べさせられた人間と食べさせられかけている人間』との発言で
 「政界引退表明」しましたが、正に、「核心を突いた表現」でした。

   「冬柴鉄三元公明党幹事長の正体」を把握しない者には、理解し難い表現ですが、私には、野中元幹事長の警告が全て理解できました。

   野中氏の『国家の将来を憂う言葉』をどれ程の議員が理解したのかと、当時、思ったものです。

   今や、日本の政治家の大多数が「毒饅頭に汚染」され、国会自体が腐り切ってしまいました。

   「最大の憲法擁護義務」が課せられた議員の大多数が『自らの憲法違反』に何の罪の意識も感じない国日本は、既に「破壊」されているのです。

   「立法権を国民から委ねられた唯一の人間」が、「憲法違反」を行えば、「国家が国家として維持できなくなるのは当然」あり、「国民が政府の違法行為」を容認すれば、
 「必然的に国家、社会の無法地帯化」は回避不可能になるのです。



※ 「国家国民の象徴としての天皇の存在」の意味も無くなるのです。


   「権力の腐敗」により、既に、「天皇制度崩壊」は始まっております。

   権力者による「天皇の政治利用」は、最早、容認し難いところまできています。

   政治家の「天皇の政治利用」によって、「権力者の国家国民への背任」の全責任を「国民に転嫁できる構造」が既に作られているからです。

   「集団的自衛権行使」に関しても、安倍総理は法制整備を行う前に米国議会で確約し、「独立、民主、法治国家の最高責任者では有り得ない職権乱用」
 行っているのです。


   米国高官は、常に、「日本国民の選択」「民意を尊重するかのような発言」を行いますが、その発言が行われる時は、既に、「日本政府と密約が成立」
 しているのです。

   米国と日本政府の密約に「日本国民が何ら、反対の意思表示」を行わねば「日本国民に責任転嫁させる米国の意図」が私には強く感じられます。

   既に、「日本政府との密約」によって結論が出された上で、「国民に選択肢を与えたかの印象」を与えるのは、「詐欺行為」です。

   米国の要人が、そのような詐欺を行えるのも、「公明党の存在故」です。


※ 「日本の国家権力の腐敗」は、「創価学会、公明党が画策する政治工作に原因がある」と言っても過言ではりません。


   「立法、司法、行政の国家の基盤が完全に崩壊」されているにも拘らず、日本国民の大多数は、未だに、「日本を独立、民主、法治国家」
 「誤解」し続けているのが最大の問題です。

    「日米同盟強化」により、日本国家国民の安全が維持できると考えるのは、全くの間違いです。


※ 「日米同盟強化」とは、「日米安全保障条約」が形成する「日本統治をより強固」にし、「日本国家国民を拘束する権力体勢」を意味するからです。


    率直な表現を使えば、「日本の奴隷化」を意味します。

   安倍自公政権が民意を無視して「暴力的手法で具現化する法律、制度」は、全て、米国に多大な利益をもたらし、「日本には取り返しが付かない損失」を
 与えるものばかりです


   「特定秘密保護法」「集団的自衛権行使」TPP参加」「マイナンバー制度」「アベノミックス」「米国との二国間協議」「武器輸出緩和」など、
 全てが、「米国、英国などの同盟国の日本の政治、経済、軍事支配強化」に繋がるものばかりです。


   「有形無形の資産が吸い上げられ、国民には負の資産だけが残される関係」が出来上がっているのです。

   「公明党の国家権力支配強化」「米国による日本の隷属強化」は並行して起こった現象です。

   日本は、今や、『独立、民主、法治国家の体裁』をつくろった、『奴隷国家』言っても決して過言ではありません。

   日本が、戦後70年間、主権を取り戻せずにきたのも、「創価学会、笹川組織、公明党が日本に形成する闇の権力構造」に原因があると結論付けられるのです。

   私が「闇の権力構造」と指摘する権力は、「立法、司法、行政のみならず、メディア、暴力団組織までに連携させた権力構造」を意味します。

   「軍事同盟の名の下に行われる米英を頂点とした軍事戦略」も最終的には、済支配、帝国主義拡大が目的です。

   日本は、体裁だけの独立民主法治国家で、未だ、「民主法治国家の蓑を被る帝国に支配され続けている国」である現実を国民、国際社会は認識すべきです。


 戦後、「日本国帝国憲法から現行憲法」に変わり、「天皇陛下が国家、国民の象徴」となったにも拘らず、天皇を「英語のエンペラー」と言う表現を戦勝国の
 英米が変えなかったのも、必要性があったからだと私は解釈しています。



    「エンペラー」とは、「帝国主義国会の君主」を意味し、戦後の「憲法が規定する天皇」とは全く意味が違います。

   私は、長年、何時か、国連機関に天皇の英語訳を日本語の天皇への変更を要請したい」と考えてきたので、三年前に「天皇陛下に提出した請願書にも
 その件についてお願いしました。


   日本の皇室制度、天皇の存在は、「日本古来の世界に類を見ない形態」であるため、日本語の『天皇』をそのまま、英字にするのが適切と考えてきました。

   日本国民の多くは、未だ、日本が天皇制度を維持していることが日本国家国民にとって、「国際社会でどれ程重大な意味を持つか」を認識していないようですが、
 私は、若い頃、世界各国の人々と接触する中、「天皇制の存在が日本の品位維持」にどれ程貢献しているかを知りました。

   天皇陛下にとっても、「笹川良一、岸信介ら戦犯が処刑を免れた者」とは無関係ではおれない立場にあるのです。

   何故ならば、天皇陛下は、ご自身の誕生日さえ、「心から祝えない立場」に置かれているからです。

   「現天皇、明仁天皇が13歳の誕生日」に「戦犯が処刑」され、その翌日に米国は、「笹川良一、岸信介、児玉誉夫を釈放し、日本の政治経済支配の基盤」
 作らせたからです。

   別の表現を使えば、『独立、民主、法治国家』への道を閉ざし、「米国統治の日本の権力構造」を築いたのです。

   「戦犯で処刑を免れた笹川良一が、エリザベス女王から勲章を授与」されたのも、「経済的上納への貢献度」によるものです。

   外国では報道されても、その事実は、「日本では報道規制」によって、報道されることはありませんでした。

   西洋諸国では、「笹川財団」からの「助成金」は、「研究者の評価」にまで繋がっているのです。

   また、「宗教活動に偽装し、創価学会が世界的に組織網」を形成し、「どれ程莫大な資産を世界にばら撒いているか」を国民は認識していません。


 日本国内で、どれ程、「笹川組織、創価学会が凶悪非道な政治経済組織犯罪」を行っても、「治外法権下にあるため、自在に完全犯罪化」が可能であるにも拘らず、
 日本国民はその実態を把握することさえ出来ないのです。



   「日本経済を左右するほどの莫大な資産」が、「創価学会、笹川組織、公明党が一体化した権力を道具にした経済組織犯罪」にて略奪されているのです。

   最大の実例は、「計画的に工作されたバブル経済下の経済組織犯罪」です。

   「創価学会、笹川組織の経済組織犯罪」は、「政治権力と一体化させて最初から計画を練る」ことで確実に成功を収めるのです。

   私が、「創価学会、笹川組織、公明党が一体化した組織犯罪」を「政治経済組織犯罪」と最初から形容したのも、そのような構造を把握していたからです。


 「必要な制度、法律を立法化」させてから、「計画に着手する実態」を把握するには、六法全書を詳細に検証すれば、「公明党が改正、成立させた法律」である
 足跡が確認できます。



   必ず、表面から見れば問題なく見え、「裏から見れば、政治経済組織犯罪の道具」として使える法律ばかりだからです。

  バブル経済以前に、「民事不介入の原則」など、法治国家としては有り得ない制度が導入され、「警察が介入できない状況」を作ったのもその良い実例です。

   「民事暴力と、民事不介入」は、表裏一体の関係にあるのです。


 巨額の経済組織犯罪である「刑事犯罪」を「民事訴訟」にすり替え、莫大な資産を民間から詐取することを可能にしたのです。


   私は、創価学会、笹川組織、公明党が一体化して画策実行した経済組織犯罪で、被害者であるにも拘らず、「9年間も複数の裁判所共謀の民事訴訟で被告」にされ、
 「裁判所の密室」で「組織と裁判官らがどのように連携するかの実態」を自らが確認し、「闇の権力の暴力の実情」を国民に詳細に説明できる人間になりました。

   また、「検察特捜部にて告訴」を試みて、それが「如何に告訴人の生命を危険に晒すか」を思い知らされました。

   同時に、「最高裁判所、最高検察庁が官邸を支配する公明党の指令で動く実態」も明確に把握しました。

   その種の経済組織犯罪の被害者は、「救済の道を全て閉ざされ、財産のみならず、生命までを奪われるのが実態」です。

   最高裁判所、最高検察庁以下、全ての下部組織の「組織的犯罪を立証できる物証」が揃った段階で、私は、「国会にての検証、証人招致の請願」を行い、
 並行
して「最高検察庁、警察庁にも告訴状提出」を繰り返しましたが、全て、黙殺されてきました。

   最高検察庁だけは、返事をせざるを得ないため、『最寄りの警察、検察に行くように』との「提案の文書を添えて訴状を返却」してくるのが常でした。

   兵庫県警本部、大阪府警本部以下、数え切れない数の警察にて協力を求め、創「価学会、笹川組織、公明党には日本の警察が介入できない実態」を自ら確認したからこそ、
 「大阪地検特捜部」にて、「冬柴鉄三、糸山英太郎、池田大作ら三名の告訴」を試みたのです。


   大阪地方裁判所、執行裁判所の組織的犯罪を何年も被害者として把握していたため、最高裁判所に「東芝、糸山英太郎ら提訴の事件を上告する段階」では、
 既に、私は、「検察特捜部も連携すると予測」し、リスクを覚悟で告訴を試みたのです。


   予測通り、「大変危険な圧力」が各方面から掛けられました。


※ 近年の「国会を始め、裁判所、検察」は、「無法者、暴力団組織が形成する国家組織」と言っても過言ではないのです。


   政府を批判する殆んど全員の野党議員も、本気で公明党と戦う気など全くなく、国民を誤魔化すために、『野党としての役割を演じているに過ぎない』からです。

   国会議員であれば、『公明党の憲法違反』をもって、「解党」に繋げられる「権限」が与えられているにも拘らず、「それを行わないこと自体がその証」です。

   安倍総理を幾ら批判しても『安倍総理が公明党の傀儡』に過ぎない事実を誰もが認識し、時間とエネルギーの無駄と認識した上で、「対決を行っている振り」を
 しているだけです。

   「公明党との対決」は、「米国政府までを裏から支配する組織との対決」を意味することを誰もが認識するからです。

   その意味では、「小沢一郎代表の事件」での「裁判所、検察からの圧力」は「最大の脅威を与野党議員に与えた」と言えます。

   現在の国会議員で、「全面的に国民の側に立った言動」を行っているのは、山本太郎共同代表だけです。

   繰り返しますが、山本太郎共同代表は、「安保法制備の委員会」で、『日米安全保障条約』を『売国条約』と表現し、「鴻池委員長から撤回」を求められましたが、
 彼は誰よりも適切な表現を使ったに過ぎないのです。


   小沢代表も民主党への政権交代が確実視された頃、「日米安全保障見直し」「米軍基地の日本からの撤退」など、間接的な表現で『売国条約撤廃』を国民に
 訴えかけていたのです。


   日本では、殆どの政治家が「国民の生命と財産を危険」に晒すことによって、「自らの権力、地位を守り、経済的利得享受している」と言っても過言ではありません。

   「創価学会、公明党と言う日本最大のタブーに触れないこと自体がその証」でもあるからです。


※ 複数の国が、「創価学会をカルト指定」しているにも拘らず、「日本では、創価学会が形成する偽装政党の公明党に、日本の政治家、メディア、有識者の大多数が
 媚び諂い、総理大臣までが、頭を下げるこの異常事態」
を放置する「国民にも責任」があります。



   戦後、大多数の日本国民は、「国家の将来以上に個人の生活の経済的安泰だけに関心」を寄せ、「政治に無関心できた付け」が今回ってきたのです。

   今、国民が目を醒まさねば、日本は、「未来永劫」、『主権を取り戻すことなど不可能』になります。

   「何故、日本には世界に類を見ない形態の米軍基地が未だに全国に存在するのか」、また、「宗教団体であるはずの創価学会が、
 何故、これ程の政治介入を行えるのか」
を国民は真剣に考えるべき時でもあります。


 「創価学会」が、日本の大都市を始め、地方、町々に、「巨大な会館、集会場」を維持する必要性は、「米国による日本統治」と密接に関係しているからです。


   大多数の創価学会員、及び、公明党員、公明党議員も把握していない事実ですが、「創価学会が形成する組織網」とは、国家を人体に例えて形容すれば、
 「大動脈から毛細血管に至るまでの組織網を形成」し、「国家(人体)を自在にコントロールできる構造」なのです。

   「政治、経済組織犯罪」、「社会、人的情報収集」から、「選挙工作」まで、「全てが創価学会の拠点」で行われ、「国会の頂点、米国の中枢と繋がっている」のです。

   大都市にある巨大な創価学会会館は、「厳重な警備体勢」が敷かれ、「外国の大使館以上に出入りが困難」になっています。

   それは、「日米安全保障条約により形成された米国の日本統治と不可分の関係」にあるからです。


  これは、私の妄想ではありません。


   公明党の設立、創価学会の急速な巨大化と、1960年安保「岸内閣における日米安全保障条約改正」の過程、及び、その後の
 「公明党出現後の日本の政界を詳細に検証」
すれば、私の指摘に納得して頂けるはずです。

   私がその事実を把握したのは、平成8年、「冬柴鉄三元公明党幹事長の正体」を把握し、彼が、「笹川了平に続き、糸山英太郎らと何十年もの長きに渡って
 国家規模の経済組織犯罪を主導してきた人間」
と確認できた時でした。

   両親が設立した複数の企業内に「昭和30年代前半から、創価学会と笹川組織が組織内組織を形成」し、一体化して巨額経済組織犯罪を行う過程で、
 それらの反社会組織が公明党を設立させて、政党化させた過程までを検証できたから
です。


 当時は、多くの大金融機関から信用金庫に至るまでの膨大な融資の記録や、「冬柴鉄三が我々企業の代理人として作成した偽装契約書」など、
 数々の物証が残っていたため、「将来、創価学会、笹川組織が一体化した経済組織犯罪の研究所までを設立させよう」と真剣に考え、「整理整頓して
 保管していた」
のですが、私が、平成13年、「巨額詐欺の加害者である東芝、糸山英太郎」が提訴してきた民事訴訟を「最高裁に上告」するのと並行して、
 「大阪地検特捜部にて冬柴鉄三、糸山英太郎、池田大作ら三名を告訴」した時点で、「膨大な物証が盗まれた」ため、今は、少ししか物証は残っておりませんが、
 冬柴鉄三が不正を強要した「東芝その他の企業、第一勧業銀行、大和銀行を始め、住友生命の子会社であった三和信用金庫などの架空融資、迂回融資の実態」を
 立証できる物証
は残っています。


   幸か不幸か、冬柴鉄三は、「経済組織犯罪にて裁判所を道具として使う習性」があったため、「裁判記録が最大の物証」として残せたのです。

   また、「最高裁判所、検察が連携して、被害者である我々企業を潰し、経営者を闇に葬る工作を行った実態」を「検証、立証する物証」は残してあります。

   創価学会、笹川組織、公明党が一体化して、『裁判所、検察に共謀させる凶悪非道な経済組織犯罪』にて、どれ程多くの企業、経営者が葬られてきたか知れないのです。

   「我々企業乗っ取りを最終段階で失敗」させたため、「倒産に向けて有りとあらゆる手口」を使ってきましたが、私は、企業だけは守り続け、乗っ取りを
 失敗させた後「平成8年から数年前までは事務所だけは維持」していました。

    複数の企業の社屋、不動産を裁判所共謀で奪われ、事務所を借りて存続させていましたが、遂には企業活動を止めざるを得なくなりました。

    しかし、「昨年までは、決算書も提出」していたのですが、昨年の決算時から大阪府、大阪市が決算書受け取りを拒否され始めました。

    「創価学会の組織犯罪」にては、「国税局、税務署も指令に従って動く実態」があるのです。

   一旦、標的にされた企業は、「絶対に延命できない運命」を強いられるのです。

   冬柴鉄三元公明党幹事長、糸山英太郎元自民党議員が創価学会、笹川組織と連携させて弊社に送り込んできた「暴力団知能犯舎弟ら」を追い出した後、
 「訴訟攻撃」を掛けられ、「企業は急速に困窮状況」に陥った中、私は、代表であった母と交代して「国家権力の暴力」とも戦い続けなければならなく
 なったのです。

   私に、常に、「権力の暴力」が掛けられ続け、「生命までを脅かす圧力」が掛けられてきたのも、私が、そうした「日本の根幹に関わる権力の闇の実態」
 公にする行動を起こし続けたからです。

    私自身が「国家権力の暴力の被害者」になったことで、「この国の権力の闇の構造の全貌」を誰よりも把握できる人間になれたのです。


 私の「権力との戦い」も終わりを遂げようとしています。


    何故ならば、現在、日本は、「完全同盟支配の国になるか」「独立民主法治国家として再生するか」の「岐路」に立たされているからです。

    我々親子二代に渡る「壮絶な戦い、苦しみ、悲しみが無駄に終わらない」ことを祈るのみです。

    また、先の大戦で、亡くなった若者達の死を無駄にさせないことこそが、「現在の日本国民の義務」です。

    「近隣諸国の多くの市民の命まで奪った先の戦争」を二度と繰り返さないためにも、「権力の健全化が不可欠」なのです。

    天皇皇后は、現在、日本国民に代わって、「フィリピンに慰霊の旅」をしておられる最中です。

   「国会議員の大多数が天皇皇后のお気持ちを共有していない」のは、「憲法違反の集団的自衛権行使容認に賛同する議員の方が大勢を占める国会の状況」からも
 明らかです。

   日本国権法を、「米国から強要された憲法」と批判する者も存在しますが、日本国憲法には、「日本国のみならず、世界の安泰のための自然の摂理」が貫かれています。

   また、「日本国憲法制定」にては、「長年苦労した公民権運動の指導者の理念」も注ぎ込まれたと聞いています。

    日本国民が現憲法を指針として歩めば、「必ず、世界平和に貢献できる国民になれると私は確信しています。

                   
                                                                                     以上

                                      戻る                                                トップに戻る