平成28229

それはホロコーストのリハーサルだった! !

元、現、国会議員各位1016件、報道各位167件、関係各位2713件に配信
   送信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝

安倍晋三総理大臣 殿         高村正彦副総裁 殿
菅 義偉官房長官 殿    閣僚 各位   自公議員 各位



BCC各位(大拡散希望)
from
藤原節男(原子力ドンキホーテ、原子力公益通報者)
件名:それはホロコーストのリハーサルだった  〜障害者虐殺70年目の真実〜

頭書の件、フェイスブック配信で人気の記事です。メーリングリストでも配信します。

【障害者虐殺70年目の真実】大拡散希望
戦後70年の節目に、「障害者と戦争」について考えるシリーズ・ドイツ編
それはホロコーストの"リハーサル"だった
〜障害者虐殺70年目の真実〜
以下のリンクから全体が視聴できます。

http://dai.ly/x3cvjhq
2015
117日(土)よる11時放送

 600万人以上のユダヤ人犠牲者を出し「人類史上、最大の悲劇」として語り継がれてきた
ナチスドイツによるホロコースト。しかし、ユダヤ人大虐殺の前段に、いわばリハーサルとして、
およそ 20万人ものドイツ人の精神障害者や知的障害者、回復の見込みがないとされた病人たちが
ガス室などで殺害されたことについては、表だって語られてこなかった。
 終戦から70年もの年月がたった今、ようやく事実に向き合う動きが始まっている。きっかけの
一つは5年前、ドイツ精神医学精神療法神経学会が長年の沈黙を破り、過去に患者の殺害に大きく
関わったとして謝罪したこと。学会は事実究明のために専門家を入れた国際委員会を設置、いかにして
医師たちが自発的に殺人に関わるようになったのかなどを報告書にまとめ、2015年の秋発表する。
 番組では、こうした暗い歴史を背負う現場を、日本の障害者運動をリードしてきた藤井克徳さん
(自身は視覚障害)が訪ねる。ホロコーストのリハーサルはどうして起きたのか、そして止めようと
する人たちはいなかったのか・・・。資料や遺族の証言などから、時空を超えていま、問いかけられている
ことを考える。
語り:大竹しのぶ
(内容59分)

【障害者虐殺70年目の真実(分割版)】
ナチスから迫害された障害者たち
1 20万人の大虐殺はなぜ起きたのか

http://dai.ly/x336fe9
2回 ある視覚障害者の抵抗
http://dai.ly/x33j3tu
3回 命の選別を繰り返さないために
http://dai.ly/x37uto1

 第1回、2回とナチス政権時代、20万人以上の精神・知的障害のあるドイツ人らが殺害されたことや、
ユダヤ人迫害が強まる中、ユダヤ人障害者たちを自らの作業所で積極的に雇い、ナチスからかくまった
ドイツ人視覚障害者がいたことを伝えています。
 第3回は、現地を訪れ、これらのことを直に取材してきた藤井克徳さん(日本障害者協議会代表・
自身も視覚障害)が、ドイツの精神医学会の元会長を直撃。なぜ、これだけ多くの障害者が殺され
なければならなかったのか。そしてなぜ、本来命を救うべき医師が加担したのか疑問をぶつけます。
 また、もっと早く事態を察知し、止めようとする人はいなかったのか−。
歴史家や、障害当事者とも対話し、掘り下げます。戦後70の馴染みのキャラクターも登場。
同じ過ちを繰り返さないために、いま私たちが「命の価値」についてどう考えるべきか、時空を超えて
問いかけます。
オットー・ヴァイト盲人作業所博物館
住所:ドイツ ベルリン ローゼンターラ−通り39番地
絵本『パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人』
2015
年8月に日本語訳が出版されました。
作者は、オットー・ヴァイトについて語り継ぐ、当時の唯一の生存者インゲ・ドイチュクローンさん。
それはホロコーストの"リハーサル"だった。

-----------------------------------------------------------------
===
藤原 節男(脱原発公益通報者、原子力ドンキホーテ)キャンペーン===
福島原発3号機は核爆発:背景音楽がショスタコーヴィッチ交響曲第5番第3楽章のyoutube動画
  http://goo.gl/MlHXL1
核爆弾大量製造は、プルサーマルだけで可能、もんじゅ不要 https://goo.gl/7n0alD
脱原発ドンキホーテ
 http://goo.gl/5FhVVN
福島3号核爆発について
 http://goo.gl/U8n84X 
福島3号核爆発動画
 http://goo.gl/RbZRWJ
福島3号核爆発の証拠,セシウムホットボール
 http://goo.gl/SHIrpw
原子力公益通報および「原子力ドンキホーテ」単行本
 http://goo.gl/ovNnlY
「原発と民主主義」講演会資料
 https://goo.gl/Qr5pmU
福島3号核爆発が、福島原発事故放射能の最大原因
 https://goo.gl/JXMWie

(
関連URLs)
核燃サイクル曲がり角?揺れる下北半島
 http://goo.gl/6XOsZf
原子炉級プルトニウムで核兵器
https://goo.gl/0u8nvr
日本が核を持つのは朝飯前
 http://goo.gl/vC0wgq
爆縮レンズ:プルトニウム原爆の課題
 https://goo.gl/40Edgz
爆縮レンズ開発
 http://goo.gl/fmxjau
水素爆弾ウィキペディア
 https://goo.gl/A6qmQE

お読みください。よろしくお願い致します。
関連URLs
経産省前テントひろば 反原発美術館(Occupy Kasumigaseki Anti-nuclear Tent Museum
https://www.facebook.com/antinuketent2015/?pnref=story
原発いらない女たちのテントひろば
http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/
経産省前脱原発テントホームページ
  http://tentohiroba.tumblr.com/  

=-=-=-=-=-=-=
藤原 節男(Fujiwara Setsuo、脱原発公益通報者、原子力ドンキホーテ)
元原子力安全基盤機構検査員
元三菱重工業()原発設計技術者
279-0021千葉県浦安市富岡1-19-7
TEL&FAX: 047-351-7497
携帯電話: 090-1793-4404
E-mail:
 fujiwara_setsuo2004@yahoo.co.jp
「原発と民主主義」講演会資料
 https://goo.gl/Qr5pmU
脱原発ドンキホーテ
 http://goo.gl/5FhVVN
Facebook:
 http://www.facebook.com/setsuo.fujiwara
Twitter:
 http://twitter.com/#!/setsuo2004
原子力公益通報 in JNES: http://bit.ly/1ckclY2 
原子力ドンキホーテの叫び: http://bit.ly/1bXWUi9



        SEALDsの若者の採決前夜のスピーチ!!全文
      http://masaru-kunimoto.com/27-09-18kuoucou.html

                 下記は忘れない
        平成27年9月20 強行採決日は廃案元年! !
       http://masaru-kunimoto.com/27-09-20haian.html

  平成27年8月31 70年談話:安保法案反対の若者ら「矛盾」と批判! !
      http://masaru-kunimoto.com/27-08-31mujyun.html

       平成27年9月2  自公が画策する安保法案の真実! !
       http://masaru-kunimoto.com/27-09-02kakusaku.html

     平成27年9月7  安倍君、今度はどんな言い訳をするの! !

        http://masaru-kunimoto.com/27-09-07iiwake.html


         公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
          事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
        自宅 電話/0470-77-1064   Fax/0470-77-1527

                    携帯/090-4737-1910
       メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp  http://masaru-kunimoto.com/

                  戻る                        
トップに戻る