平成26123

又、死という被害者が出る!!

司法はこの現実を何時まで続ける。

元、現、国会議員各位803件、報道各位89件、関係各位517件に配信
            メール及びファックス送信2

     送信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝

 

安倍晋三 総理大臣 殿 谷垣貞一法務大臣 殿 法務省 御中 田村憲久厚生労働大臣 殿 厚生労働省 御中 
最高裁判所、事務所総局及び東京高等裁判所、総務課、
各裁判所、総務課 御中 

 

質問団体            公共問題市民調査委員会代表  国本 勝

 

公開質問

 下記の事件は間接的であるが裁判所と弁護士により追い込まれた死である。

20141121830分]
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20140112-1243193.html

大西隆博岐阜市議(48)が岩手県滝沢市の岩手山登山口近くで凍死していたことが12日、
盛岡西署への取材で分かった。同署は自殺の可能性もあるとみて調べている。

 盛岡西署などによると、11日午前7時45分ごろ、滝沢市の岩手山馬返し登山口近くにある
駐車場で、大西市議が倒れているのを登山者が発見した。

 外傷がないことなどから、事件に巻き込まれたり、遭難したりした可能性は低い。駐車場には
大西市議が乗って来たとみられる車があった。 

投稿の抜粋から(離婚裁判前には子供の誘拐を指示し、面会交流を徹底的に拒否した夫からは、
一円でも吸い取る○○○○弁護士会の元会長○○○子の女弁護士は、典型的な弁護士で有るが
司法は野放し状態です。) 
                 
 離婚では子供は金ずる! !  
                    http://masaru-kunimoto.com/06riconmondai.html
  離婚裁判前に子供を誘拐しても構わない日本、裁判後は子供と会え無く、子供と会えば「誘拐で訴えられ」、
延々と子供の養育費と称して「有り金を全て取られる」不思議な日本

   1

昨年、大西さんと東京家庭裁判所地下食堂で2(延、4時間)程、離婚問題について
お話をしたが、非常に元気で今回の死は明らかにタイトルで記載した死でであり、
離婚
では子供は金ずる! !
 に掲載したように、弁護士は夫側に「虚偽のDV物語」を作り夫側
から「子供を人質に必要以上の金銭を搾取」、裁判所はその虚偽が解ると妻側の弁護士を
指導するのでは無く、裁判所が見抜けなかった失敗の矛先を夫側に向け、更なる搾取に加担
するという犯罪隠蔽を行い子供の人権を蔑にしている。

               当委員会に投稿の実例

            (全て録音ありとの事です)

 20年前の事ですが、離婚後(親権は夫)(実際は妻の姉妹)が子供を出汁に松戸家庭裁判所
に「虚偽の申し立て」を行い、調査官は「妻側の訴えを鵜呑みに」して夫を呼び出し「過去が
有るから離婚に至った
」と夫に詰め寄り、夫が「妻が約2千万円も身内に流し、男と浮気する等々
との虚偽を立証
」すると、裁判所は一丸となって「過去は関係無い」と開直り、その後は裁判官、
調査官、事務官及び調停員等々の全員が妻の肩を持ち、夫が「過去とは何時から過去なのか」との
追及には一切答えられずに逃げ回り「一度も法廷を開かずに有りもしないデタラメな判決をする」
という暴挙も平然と行った。

 これが人権救済機関とノタマウ日本司法の現実である。

加盟した筈のハーグ条約さえ守らずに形骸化させているのである。

 

           公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
            事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
            事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
            自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
               
メール/masaru.k@ ray.ocn.ne.jp

                        2

                     戻る                    トップに戻る