平成2595
如何にも為らない司法関係犯罪! ! !
元、現、国会議員各位732件、報道各位83件、関係各位230件に配信
           ファックス及びメール送信2頁
    配信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝 

安倍晋三 総理大臣 殿 谷垣貞一法務大臣 殿 法務省 御中 最高裁判所、事務所総局及び
東京高等裁判所、
竹ア博允最高裁判所長 殿、富津警察署、千葉県警本部、千葉地方裁判所
及び木更津家庭裁判所 各位

 

質問団体                  公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
                         事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578


 千葉県富津警察署が千葉第2支部長神子 悟氏の子息を交通事故被害者から加害者にした事件  
http://masaru-kunimoto.com/12kamicojiken.html 平成21312日木更津検察に行き、デタラメな
公文書関係を追及したところ、下記の事務官は交通事故は時効と逃げ、「時効に関して、虚偽公文書作成同
行使は平成227月、山崎とその弁護士の恐喝は平成23年迄あるので告訴する
」と伝えると、事務官は
受付ます(録音)と回答した。 


                衝突時の記録
     http://masaru-kunimoto.com/15-07-27shoutotujinokiroku.html
 この事故は神子雄一が富津市青木方面から君津市人見方面に向かった走行中、事故の起きた富津25の甲信号機が
赤色を表示していたことから減速し、停止線で一旦停止し、富津市大堀1丁目方面から君津市人見方面に向かう対面
信号機乙の信号機が赤色になったため、間もなく信号が神子雄一進行方向の対面信号が青に変わることを知っていた
ので、徐々に速度を上げ時速約5kmでゆっくり走行していたところ、左方向から走っていた山崎恵子の車が神子雄一
の運転する車の左側面に衝突した事故である。


                       1

                    信号サイクルの矛盾
    http://masaru-kunimoto.com/15-07-30singousaikurunomujyun.html
  平成15730日付け「交通規制(信号機)告示状況報告書」の信号サイクルは平成1629日神子雄一と
父親神子悟が「業務上過失傷害保護事件」の調査をするための出頭要請を受けて千葉家裁木更津支部へ出向いた際、
飛田調査官に見せてもらったものと同じである。神子悟は、この時山崎車対面信号(乙信号機)の青表示を10秒と
する自らの調査結果を持参し、飛田調査官が10秒ではなく、8秒であるとして修正し、その他は神子の調査結果と
同じであると述べた。


 平成24年現在も富津警察署、千葉県警、木更津検察等々は「曖昧な回答に終始」しているのである。

 上記の事案で平成24年6月26日午後4時40分〜5時50分から平成24年8月24日迄の千葉県警本部及び富津警察署の
呆れ返る対応
を下記に新規掲載しました。

       http://masaru-kunimoto.com/24-06-26keisatunoodorokutaiou.html


         全国の警察が告訴告発を受け付けない典型的な犯罪手口に関して
        http://masaru-kunimoto.com/22-05-28jyurisinaiteguchi.html


         公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
        事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
        事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
        自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
            メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp
                      2

                戻る             トップに戻る