平成25819
             犯罪者達のスラップ起訴! !
             これが日本国家の現状! ! !
           元、現、国会議員各位732件、報道各位83件、関係各位230件に配信
                ファックス及びメール送信4
         送信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝

 安倍晋三 総理大臣 殿 谷垣貞一法務大臣 殿 法務省 御中

東京高等裁判所 御中 横須賀市御中 神奈川県警本部 御中

 
齋藤氏は昭和39年頃から横須賀市が起こした不動産侵奪で長年に渡り闘ってきましたが、横須賀市と横須賀警察署は
自らの犯罪を正当化する目的で、齋藤氏を告訴した。その事実は平成2536日「起訴状」が送付され、その罪名は
往来妨害罪」という呆れ返る罪名である。

 
                        下記に検証調書を掲載
             http://masaru-kunimoto.com/24-12-11keisatunoekkenkainyuu

 経緯は「トップページhttp://masaru-kunimoto.com/ 横須賀市在住の斉藤冨美男氏の国家犯罪者達との闘い

http://masaru-kunimoto.com/08saitousinotatakai.htmlに掲載しています。

       1

 その検証調書では、齋藤氏が下記の矛盾を指摘しています。

その他、関連事実

平成24年6月11 片山さつき議員への再公開質問。(立法府は税金の無駄使い犯罪を裁かない)

http://masaru-kunimoto.com/24-06-11katayamasatuki.html

                                     2

平成25年2月11    日本は責任を取らせない国家   http://masaru-kunimoto.com/25-02-11sekinintorasenaikuni.html

平成25
年5月18
    大河原裁判の判決! ! !       http://masaru-kunimoto.com/25-05-18hannketu.html

平成25年6月27    最高裁の限りなき利権! !    http://masaru-kunimoto.com/25-06-27kagirinakiriken.html

平成25
年7月4
     最高裁犯罪を許すのか! !     http://masaru-kunimoto.com/25-07-04saicousaihanzai.html

平成25年7月11
    犯罪作成国家! ! !          http://masaru-kunimoto.com/25-07-11kinnkyuuzeseiyousei.html

 

                  大氏の第1回目でっち上げ逮捕の経緯
                http://masaru-kunimoto.com/22-02-26dai1kaiootakasitaiho.html

平成201121日、午後1時頃、竹ア博充東京高等裁判所所長が伊藤 剛総務課庶務係に自ら尻餅をつかせて大氏を丸の内警察に逮捕させ、
証人が出たことで、東京地検の清野憲一検事が「いい加減な不起訴」にし、平成201125日竹ア博充は最高裁長官に 栄転した犯罪。

              
大氏の第3回目でっち上げ逮捕、起訴の法廷の経緯
           http://masaru-kunimoto.com/21-06-29ootakasidai3kaimetaiho.html

上記のデッチ上げが失敗した、竹ア博充最高裁長官他が、平成2072日に日本で初めての裁判員裁判が東京地裁で開かれる事で大氏が邪魔な
事から、平成20629日と30日千葉興行銀行本店前で街宣している大氏他2名を、好都合と千葉興業銀行に「名誉毀損で告訴させ、デッチ上げ逮捕
させた犯罪。


                                   3
              大氏の第4回目でっち上げ逮捕、起訴の法廷の経緯 
              http://masaru-kunimoto.com/22-11-05ootakasidai4kimetaiho.html

大氏から告訴受理をしない事で連日街宣されていた丸の内警察の福島 智警部他が耐えかねて東京高裁に相談し、大氏が目の上のタンコブだった
東京高裁及び竹ア博充最高裁長官他が東京高裁職員に暴行したとの架空の事件をデッチ上げ逮捕し、裁判では証拠ゼロで有罪にした犯罪。 

この裁判の記録を閲覧していただければ、丸の内警察署、東京地方検察庁及び東京地方裁判所が徹底的に大氏をデッチアゲで有罪にしようとしている
のかの記録です。
この大氏の4回にも及ぶデッチ上げ逮捕、起訴は警察庁、最高検、最高裁及び法務省が指揮しているのは明白です。

                   
スラップ訴訟は刑事訴訟で
 一般的には気に入らない人に対して報復的な訴訟を起こす事を意味するが、霞ヶ関等々が気に入らない国民を落し込む為に起こす場合もあり、
上記の大氏の事件は正にその典型である。

                http://masaru-kunimoto.com/25-02-05surappusoshou.html

 

                公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
                         事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
                       事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
                       自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
                           メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp

                                      4

                       戻る                     トップに戻る