平成25513
    シェルター問題! ! !
   国内離婚にもハーグ条約は必須
   元、現、国会議員各位722件、報道各位85件、関係各位257件に配信
              ファックス及びメール送信2
        送信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
          公開質問

大津恵子 様

質問団体       公共問題市民調査委員会(告発会員、平成255月現在344)代表
                      〒299-5211 千葉県勝浦市松野578 国本 勝



  平成25年4月19日衆議員法務委員会で、大津様が10時17分から11分間の
インターネット審議中継を閲覧いたしました。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42688&media_type=fp
 この問題は現実に存在し、問題は大きいと認識しておりますが、その裏側では2頁の離婚では子供は金ずる! !
様な現実もあります。


 大津恵子(参考人 特定非営利活動法人全国女性シェルターネット理事)とネットで紹介されておりましたので、
的確なご回答を戴けると思い公開質問させて戴きました。

             1
 渡邉泰之(参考人 那須塩原市副市長)を閲覧いたしました。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=42688&media_type=fp
 渡邉泰之氏は16分ですが必見です。離婚に関する弁護士、特に裁判官の驚愕する現実の話が聞けます。
ハーグ条約は国際結婚での問題ですが、国内結婚に関しても必要である。

 上記の渡邊氏の参考人質疑は、当委員会がホームページに掲載してきた離婚では子供は金ずる! ! 
の現実よりも更に驚く内容ですので是非閲覧をして戴けると幸いです。

質問事項
1 「弁護士の入れ知恵で、連れ去り(誘拐)シェルターに入れ、そのシェルター側から弁護士に報酬が支払われ、
 シェルターに入れられた子供には精神安定剤投与、夫を虚偽DV者に」等々の現実がありますが、事実でなので
 しょうか。


  子供の拉致問題は、下記に掲載しています。
              離婚では子供は金ずる! !
 離婚裁判前に子供を誘拐しても構わない日本、裁判後は子供と会え無く、子供と会えば誘拐で訴えられ」、
延々と子供の養育費と称して「有り金を全て取られる」不思議な日本。


     又、三谷英弘(みんなの党)氏も本会議で1436分から13分質疑されておりました。


               公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
               事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
               事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
               自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
                   メール/
masaru.k@ray.ocn.ne.jp
                           2

                   戻る           トップに戻る