平成25411
                      緊急是正要請
       元、現、国会議員各位722件、報道各位85件、関係各位257件に配信
                 ファックス及びメール送信2
            送信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝

        シェルターで子供に精神安定剤投与! !

        子供の人権は金銭欲で破壊の実態! ! !

安倍晋三総理大臣 殿

田村憲久厚生労働大臣 殿

質問団体                 公共問題市民調査委員会(告発会員、平成254月現在344)代表
                                         299-5211 千葉県勝浦市松野578 国本 勝

 
 人権派と称する弁護士とシェルター関係者による拉致した幼子に「精神安定剤を飲ませ子供の
人権を無視して金銭欲に酔いしれる
」との投稿がありました。


                         1

 婚裁判で弁護士が子供を拉致して連れ去る行為を当然の様に指示する事を禁止させるべきです。

 子供は、父親の方が良いと言って生活をしていましたが、 或る日、母親側が登校途中を待ち伏せして
拉致して車で連れ去る事を弁護士が指示しました。  

 連れ去られた子供は、此の卑劣な行為によって、奪われた友達や先生、父親との関係が子供の精神状態を
錯乱させ、シェルターに隔離される突然の出来事等々に情緒不安定に陥る子供に対して、公的機関は直ぐに
精神安定剤」と言う「毒薬」を飲まし、不要な薬で子供の体に異変が起き、逆に健康な体が益々病んで
行くのです。

 子供は母親に対して暴力を振ったり、登校拒否を起こしたりしましたが、裁判官も弁護士も全く無視!他人の
子供がどうなろうが知った事では無く、金銭欲で勝利する事が弁護士の目的で子供の人権には無頓着です。

 公的機関とは何をする所なのですか? 裁判官、弁護士は、本当に子供の事を考えているのですか!

子供の親権は母親と決めつける判決が子供の心身を「病ませる」のです。

この様な「子供を救う為にも法で子供を守って」下さい。

 

                                   平成2542日の投稿より

 

 子供の拉致問題は、下記に掲載しています。
               離婚では子供は金ずる! !
  離婚裁判前に子供を誘拐しても構わない日本、裁判後は子供と会え無く、子供と会えば誘拐で訴えられ」、
 延々と子供の養育費と称して「有り金を全て取られる」不思議な日本。

 

 

          

                公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
                  事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
                  事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
                  自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
                      メール/
masaru.k@ray.ocn.ne.jp
                             3


                      戻る           トップに戻る