平成25218
         国会議員各位656件、報道各位60件、関係各位137件に配信

                   ファックス及びメール送信2
            送信元、公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝

 

 犯罪道路、暖簾に腕押し、糠に釘の連続
虚偽回答の更なる無視


夷隅地域整備センター及び猿田勝浦市長 殿

 猿田市長は1回しかしていない住民説明会で「市長自らバイパス要望した。犯罪に関しては「今更関係ない」、
県都1時間構想、子供の通学安全確保
」等々を主張されました。

 2頁に磯野典正議員へ回答した「勝浦市の議会だより」を添付しますが、明らかな矛盾を質問しますので、
逃げずに即刻回答して下さい。

 

1      夷隅地域整備センターは県都1時間構想は猿田市長が言った事で、県は現在は主張していない。と回答している。

2      通学はバイパスの側道が通れるが、学校も市も側道通学を指導しておらず、子供達は297号を通っている。
その事実に関して。

3 説明会では用地買収は終わったとの事でしたが、議会だよりの回答Aでは「用地買収に着手」とあるが、何故ですか。

  本日、川又次長と電話で話、必ず「これが精一杯の回答です」と書くよう要請した。

                             1

3      犯罪バイパスに「今更関係ない」との犯罪に無頓着な主張の根拠は何か、下記アドレスを精査して回答して下さい。

        代表国本 勝が追求した松野バイパス     松野バイパス犯罪道路の再開

 


                 公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
                   事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
                   事務所 電話/0470-77-1475 Fax/0470-77-1527
                  自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
                      
メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp

                                2

                   戻る                トップに戻る