平成24615
              ファックス送信
         国会議員各位435件、報道各位58件、関係各位112件に配信
                   送付2


               枝野経済産業大臣への質問

          公 開 質 問 状


平成24615
枝野経済産業大臣 殿

質問団体             公共問題市民調査委員会(告発会員、平成246月現在346)代表
                              299-5211 千葉県勝浦市松野578 国本 勝
                             電話 0470-77-1064  Fax 0470-77-1527

                               メールアドレス/masaru.k@ray.ocn.ne.jp


  平成24614日東京電力から「電気料金の値上げのお願い」が国本宅に届いたので、東電に電話をすると
「お客様相談係」に電話が回されました。

下記の会話は東電首脳陣及び幹部社員の報酬を聞いた後の抜粋

国本   幹部他の報酬は解りましたが、社員にボーナスはおかしい、ボーナスとは会社が儲かって出すもので、
値上げにボーナス支払いが含まれるのは異常である。

相談係  ………………………………

国本   私は独立して個人で仕事をした3年間位は家庭には15万円位入れ、自分自身は「インスタントラーメンか
コッペパンのどちらを食べたら安いのか」等で頑張った。それが当たり前の行動との考えだから、東電社員も
「家族までとは言わないが、直接の社員は原発が廃炉になるまではインスタントラーメンかコッペパンのどちら
を食べたら安いのか」を考えるのが当然ではないのか「考えた事が有りますか」

                       1

相談係  個人で仕事をしている方には外車を乗り回している方もいます。

国本   その方は努力して築き、東電の様に他人に迷惑掛けていない。その人と東電の問題を一緒にする問題か、
    アホンダラ何を考えているんだ。

相談係  ………………………………

  上記、東電の対応を枝野経済産業大臣殿は如何に感じられ、東電の体質が国民に対して「正常であるか否か及び
値上げに値するか否か」を平成24710日迄に国本宛にメール及びファックスにてご回答をお願い申し上げます。

結果は国会議員各位435件、報道各位58件、関係各位112件に配信させて戴きます。

 尚、原発問題は当時の与党政権が「安心安全と言いながら国民を騙し利権で作ってきた」のが問題ですが、現在の
与党議員にも利権を得た議員がいる等、福島他の多くの方からのメールが入っています。



                 公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
             事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
             事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
             自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
                 
メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp

                                 2

                     戻る              トップページに戻る