平成24531
                        ファックス送信
        国会議員各位422件、報道各位58件、関係各位112件に配信
                            2

 
 立法府は国家賠償法1条から「故意の文言」を削除せよ

(国家公務員が全ての故意でも個人的責任がないのは国家犯罪である)

 

             公開質問状

平成24531

瀧澤 泉 裁判長 殿 三代川俊一郎 裁判官 殿 梶 智紀 裁判官殿

 

質問団体           公共問題市民調査委員会(告発会員、平成244月現在346)代表
                                  299-5211 千葉県勝浦市松野578 国本 勝
                       電話 0470-77-1064  Fax 0470-77-1527

                                    メールアドレス/masaru.k@ray.ocn.ne.jp

 

 貴殿達には、平成24423日公開質問(2頁掲載)をしていますが回答をせずに、平成24
4
18日貴殿達は、竹ア博允最高裁長官他の犯罪に対する損害賠償訴訟控訴審で口頭弁論をせず、
平成24523日の2回目で判決とされ、その通りに「最高裁判例で棄却」されました。

 下記の質問に対して、平成24610日迄に公共問題市民調査委員会代表にご回答をお願い
いたします。

 

被告  竹崎 博充最高裁長官 岡 健太郎東京高等裁判所事務局長

    多和田 隆史裁判官  杉田 憲治守衛長

    ( 安部 嘉人氏は退任で訴外)

 

1 最高裁判例と憲法、民法とではどちらが優先ですか。ご回答下さい。

 

2 貴殿達は「ヒラメ裁判官」ですか。ご回答下さい。

 

3 この判決よりも「小学校高学年の方がもっとましな判決ができます」貴殿達は如何お考え
でしょうか。イエス、ノウでお答え下さい。

  ノウの場合は明確な理由をお書き下さい。

                           1

 

竹ア最高裁長官の答弁書(現在、他の被告から答弁書は出ていない)

 

1     民法709条 不法行為責任について定めている条文は「故意または過失によっ

 て他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた

損害を賠償する責任を負う」との事実を法律通りに吟味しますか。しませんか。ご回答下さい。

2 最高裁判例(法律ではなく、官僚の利権を守る屁理屈)でしか判決の判断はしませんか。
 ご回答下さい。

 

国家賠償法1

 国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失に
よつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。

 一番最初に竹崎氏が東京高裁長官の時、庶務課の伊東 剛氏に「わざと転ばせ」大高氏を丸の内
警察に逮捕させたが、証言者が出た為、東京地検は20日の拘留で釈放した経緯のアドレスです。  

             大氏、1回目の捏ち上げ逮捕の記録 

             大氏、3回目の捏ち上げ逮捕の記録

3 上記の告訴状を同封しますので、その事実に対するご回答も宜しくお願い申し上げます。
 
 但し丸の内警察の福島 智警部は部下2名に命じて国本の車に告訴状他を放り投げさせ(録音)
その後、再度、丸の内警察に郵送したが、現在迄、受理、不受理の連絡は無しである。
 (福島 智警部も告訴している)

                  丸の内警察署福島警部の違法告訴状受取拒否

 

 

                 公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
                  事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
                   事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
                     自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
                      メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp

                                2

                      戻る                     トップに戻る