平成24125
                           ファクス送信
                      国会議員各位及び関係各位
                             本文2

 立法府は、早急に捏ち上げ起訴他を是正し、最高裁にヒラメ化され高給を
得ている裁判官達の給料を40%減額せよ。それでも平均約1千万円は下らない。
       (国民は犯罪者に支払う納税はしていない)

             公開質問状


平成24125
裁判長   多和田隆史 殿  右裁判官  本間敏広 殿   左裁判官  寺崎千尋 殿

検察    山本佐吉子検事 殿  大滝則和検事 殿

質問団体                公共問題市民調査委員会(告発会員、平成241月現在346)代表
                                      299-5211 千葉県勝浦市松野578 国本 勝
                         電話 0470-77-1064  Fax 0470-77-1527

                                       メールアドレス/masaru.k@ray.ocn.ne.jp

 下記記載のホームページ他を閲覧して戴き、事実で無き場合は反論を平成24210日迄にお願いいたします。
反論無き場合は貴殿達が下記の犯罪を認めた事になります。

          大高氏、第8回目の捏ち上げ裁判のご連絡

 裁判が終了して弁護士会館で弁護士説明会を和順庭が取材した記録 
         
http://wajuntei.dtiblog.com/blog-category-23.html
 当日、群馬県警裏金を内部告発した大河原宗平氏の裁判が大高氏同じ123日午前行われました。
 大河原氏は午後1時半からの大高氏の裁判傍聴後、弁護士会館での説明会にも出席されました。


                           1

下記は当日、強制退去された傍聴人のコメント
 だいたい、この21世紀、検事の取り調べも可視化しようといわれ、検事の取り調べで さえも録画録音しようという 時代で、何よりも裁判所自体は録音をしているのですから、 傍聴者が録音をして何が悪いんでしょうか? もし、傍聴者 が小細工をしようとしたって、 裁判所の公式!? 録音と照らせば、直ぐバレテしまうのですから・・・いやいや、実は、
反対で、裁判所の小細工がバレテしまわないように?(笑)・・・バッグの中身の点検が 終わり、やっと、法廷に入り ました。多和田裁判長が「法廷の秩序を保つため、開廷する 前に」と前置きして、なんだかダラダラ傍聴者への注意 (恫喝!?)をした中で「傍聴者の 録音機を見つけたら」退廷させるとか何とか、そんなことを言ったので、思わず 「どうして ですか〜? どうして録音しちゃいけないんですか〜?」と質問 しました。
 そしたら、多和田裁判長、即座に「退去っ」!? と、のたまい・・・「ええ〜っ??? 何っ、それ?」と言う間に、屈強な 警備員が二人寄ってきて「構外退去です」とハッキリ言い ・・・つまりは、前回は「退廷」であって「構外退去」ではなかった、 ということがハッキリ しました・・・連れ出されてしまいました。弁護士さんも「まだ、開廷前なのに」横暴すぎるというような ことを抗議くださっていたと思うのですけど、なにしろ、連れ出されてしまったので後は分かりません。  まるで、江戸時代のお代官サマもかくや!?(笑) と思えるほどの 多和田裁判長サマの横暴ぶり・・・東京高裁426号法廷は お白州か?(笑)
 それからは何人もの男たちに取り巻かれ、腕で背中を押されるので「触らないでよ」と少々の
抵抗をしているうちに、なんだか、
とっても可笑しくなって警備員サンたちに「ねえ?これって
可笑しくない? 吉本興業? きっと、コントにすれば受けるわよ!」と
言いながら、自分でも可笑
しくってたまらなくなり、笑ってしまいました。だって、屈強な警備員の男たちが、ただ「録音機を法廷
で持ってたら、なんでいけないんですか?」と質問しただけの人間に寄ってたかって、大マジメ
に追い出そうとするんですもの・・・
時代錯誤としか言えないじゃないですか?

 そこへ、もう一人「退去」の人が出たと情報が入ったので「じゃあ、その人と一緒に行けばいい
じゃないですか? 待ってましょうよ」
と言いました。「いやいや待つ必要はありません」とか、
とにかく警備員たちは裁判長サマに忠誠を尽くそうとして、押し問答している
うちにもう一人の運の
悪い方(笑)が、やっぱり警備員たちに強制的に連れ出されてこられて、一緒にエレベーターに乗せ
られ、南門から
追い出されました。

             公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
              事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
              事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
              自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
                  メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp
 

                          2

                  戻る                     トップに戻る