平成2174
            会員各位御中

               ファックス送信
                 本文2
           送信元、公共問題市民調査委員会
     (略、PCR委員会、平成217月現在、告発署名会員351)

       大氏逮捕の状況

 神奈川支部長A男子と神奈川支部会員B女子が平成20629日と30日千葉興行銀行
本店前で街宣をした。
 その理由は千葉興行銀行がB女子の家の新築貸し付けをB女子の母親に貸し付けず、
日本橋建設に違法買い付けし、日本橋建設は倒産しB女子の家は出来ずに新築貸し付け
金の借金だけが残り、千葉地裁は時効を理由にB女子を敗訴にした。
 その事で千葉興行銀行本店前で街宣をするようになり、千葉興行銀行は千葉地方裁判所
に大氏、A男子及びB女子に対する街宣さし止め請求を提訴しており、同年304時迄に
答弁書の提出になっていた。
 その事から同年629日と30日に3人で千葉興行銀行本店前で街宣活動を行った。29日は
警察官が1人だけであったが、30日午後2時半から3時にA男子とB女子が千葉地裁にB女子
の答弁書を届けに行ったが3時頃に千葉興行銀行本店前の戻ると大高氏の姿はなかった? 
その経緯は、大氏を1人にしてA男子とB女子が2時半に千葉地裁に行くと、私服刑事7名が
千葉興行銀行本店横から現れ大氏に『匿名の電話があったので』と告げて『公務執行妨害』
で逮捕した。
 明らかな違法逮捕で千葉興行銀行と教唆している事実が明確になりました。
 同年30日当日、午後4時から千葉地裁でA男子とB女子と千葉興行銀行側弁護士と街宣さし
止め請求を提訴の話合いが行われたが、千葉興行銀行側弁護士は終始無言の状況であった。
 大氏は『10日間勾留は決定』しており、更に勾留は伸びる可能性もあります。




      公共問題市民調査委員会(略、PCR委員会)代表 国本 勝
       事務所&自宅 〒299-5211 千葉県勝浦市松野578
       事務所 電話/0470-77-1475  Fax/0470-77-1527
       自宅 電話/0470-77-1064  携帯/090-4737-1910
            メール/masaru.k@ray.ocn.ne.jp


            戻る            トップに戻る