神子 悟氏の子息が富津警察署、木更津地検及び木更津家裁によって仕組まれ
交通事故被害者から加害者に


 下記の事故報告書内に記載の加藤喜明巡査の名前は偽名、実名は加藤良明であり、担当者欄の近藤は事故現場には来ていない
事実も明らかになっている。
                   (証拠2の虚偽事故報告書)

                 事件の経緯
 平成15727日午後11時35分頃、千葉県富津市の国道16号大堀五差蕗交差点で、千葉銀行行員山崎恵子が飲酒運転、赤信号を無視して、
神子 悟子息の左側面に2時の角度で衝突する車両物損事故が起き、事故現場にきた富津警察署員加藤良明巡査と司法警察員山越基次他が
明らかな捏ち上げの虚偽事故報告書作成同行使他の驚く程の多くを犯し、それらを富津警察署と千葉地方検察庁木更津支部が幇助と共同正犯で隠蔽した
犯罪が始まった。
 更に、その事実を隠蔽する為、千葉地方裁判所家裁木更津支部が裁判判決文を虚偽作成し、富津警察署外の証拠類を約58月隠蔽した等で、神子子息と
その家族達をいわれなき不幸に陥れ、神子 悟に6年以上に渡る真実の追求をせざるをえない状況に落とし込んだ有っては成らない極悪非情な証拠隠滅、
改竄他のでっち上げた犯罪である。
  この証拠の多くは千葉地方裁判所家裁木更津支部が約3年間隠蔽していた証拠類である

 
                           関係者及び富津警察署関係の経緯
 平成15727日午後11時35千葉県富津市の国道16号大堀五差蕗交差点で、千葉銀行行員山崎恵子(31才、以下、山崎という)飲酒運転で赤信号を
無視、神子子息(18才、以下、子息という) の左側面に2時の角度で衝突する車両物損事故が起き、それらの目撃者渡辺諭史氏(証拠1)が富津警察署に通報、
10
分後にパトカーで一人で到着した加藤良明巡査( 以下、良明巡査という) は、既に現場に来ていた山崎の両親と話した後、公務員職権濫用(刑法第193)して
子息に『この事は人に言うなよな、後で面倒な事になるからな、事故は物損で処理するから』と脅迫(刑法第222)した。

 翌日28日、良明巡査は山崎の飲酒運転、赤信号無視等の事故事実を隠蔽する目的で、虚偽の物件事故報告書(証拠2以下、虚偽報告書という) の作成を計画、
加藤喜明と偽名を記入、更に事故現場に来ていない近藤名も記入した事実は虚偽公文書作成(刑法第156)して行使(刑法第158)したのである。
 更に虚偽公文書を行使(刑法第158)する目的をもって富津警察司法警察員山越基次(以下、山越という) に虚偽報告書を提出し決済を求めた。
 山越は良明巡査から提出された書類に、偽名及び現場に行っていない近藤名が記入された虚偽報告書と認識しながら、職権濫用して報告書右下に署名、捺印して
決済した事実は、良明巡査の違法を幇助(62)する目的は、明らかな共同正犯(刑法第60)を行い、更に平成1815日渡辺諭史氏の供述調書も渡辺諭史氏が
供述していない全くの虚偽作成をした。(証拠3)
 山越が署名捺印した書類の上段の押印欄には富津警察署永長康行署長(以下、永長署長という) 7名が決済印を押印する欄があるが、誰も捺印しておらず空欄であり、
杜撰極まりなく公文書にはなっていない虚偽報告書作成である。
 平成15820日永長署長は子息の父親神子 悟( 以下、父親という)の再三に渡る事故時の巡査とあって話をしたいとの頼みに、ファックスで『会う事も名前も
教える事が出来ない
(証拠4)と送付をしてきたのは、明らかに部下を監督する立場を放棄、部下達の虚偽報告書を隠蔽目的で幇助を犯した事実は共同正犯でもある。
 平成151125日永長署長外は虚偽報告書を行使する目的で、外の書類を含めて千葉地方検察庁木更津支部(以下、地検木更津支部という)に送致書と証拠一覧を
送った事実は、上記、犯罪行為、全ての幇助と共同正犯である。
 その他に、父親が事件から現在迄の約58ヶ月に渡って執念で調べ続けた途中で、事実を改竄、隠滅外をされた証拠一覧表(証拠5、以下、証拠一覧という)は千葉
家庭裁判所木更津支部で約3年以上隠蔽(証拠6)されていた。

                         千葉地方検察庁関係
 平成151125日富津警察署永長署長外から虚偽報告書を含む証拠一覧を提出送致された地検木更津支部検事長佐藤利男( 以下、佐藤検事長という)は部下の原 直子
検事(以下、原検事という) を担当に任命。
 平成151218日佐藤検事長と原検事は永長署長外から提出された虚偽報告書を含む証拠一覧を精査しないで、子息を千葉家庭裁判所木更津支部(以下、家裁木更津支部
という)に刑事処分相当で送致(証拠7)し、同日、佐藤検事長と原検事は地検木更津支部は飲酒運転、赤信号無視等の山崎を不起訴(証拠8)にした。
 上記の事実は、佐藤検事長と原検事達が、既に永長署長外と謀議がなされていた違法犯罪で教唆(刑法、61)と幇助及び共同正犯でもあり、飲酒運転、赤信号無視等の
山崎を不起訴にした佐藤検事長と原検事は明らかに永長署長外の提出証拠一覧を違法犯罪痕跡がある事を認識しながら隠蔽したのである。
 地検木更津支部に対して、父親は事件から現在迄の約58ヶ月に渡って執念で調べ続けたが、現在迄、地検木更津支部職員達は被害者の父親にマトモな対応をせずに逃げ
回っている。(証拠9)千葉家庭裁判所木更津支部関係平成151125日地検木更津支部から送致を受けた家裁木更津支部は支部長である仲戸川隆人裁判官(以下、仲戸川という)
自ら担当した。
 平成1638日の裁判調書(以下、調書という)1頁目、下記の記載がある。
 『供述を強いられることはないことの説明欄「裁判官、供述を強いられることはない事を説明した。」非行事実の告知及びこれに対する陳述要旨欄「裁判官、司法警察員作成の
平成151125日付け送致書記載の犯罪事実」を読みきかせた。少年欄「今読まれた事実については、そのとうり間違いありません。2頁目上段の付添人欄「少年が述べた
とおりです。
」』とあるが、それらは法廷では全く行われておらず、明らかな虚偽作文記載である。
 同2頁目の2行目、少年の陳述要旨欄と保護者(父親)の陳述要旨欄と付添人の陳述要旨欄には事実とは全く違う虚偽作文記載、家庭裁判所調査官の意見陳述欄は『既に提出している
少年調査票の意見欄のとおりです。
と虚偽記載、裁判官欄は『決定言渡し(不処分)』と記載しているが、裁判官の判決言渡しの事実は『警察からの通報では、相手の山崎恵子が
赤信号で交差点に入った事が明白であるから。神子 悟子息は不起訴処分
』と言渡した(証拠10)決定的証拠の判決言渡しは記載をしなかったのである。
 3 頁目の右上の決定( 審判不開始・不処分) 欄の主文の「この事件について少年を保護処分に付さない。(審判調書作成省略許可)」に横線2 本をひき、仲戸川の印鑑を押印した事は、
仲戸川自ら職権を濫用して、審判調書作成省略の許可をしていないと虚偽記載、上記に証明したように数々の調書の虚偽記載、改竄をしながら、更に徹底して隠蔽するという痕跡を
残したのである。(証拠11)

 それらの違法虚偽判決文を作成した理由は、家裁木更津支部長の仲戸川が富津警察署永長署長外と地検木更津支部の違法行為を容認する目的で行ったもので、明らかに職権濫用して
事実の隠蔽を目論み幇助及び共同正犯を犯したのである。
 更に、父親と顧問弁護士とが判決及び地検から虚偽報 告書を含む証拠一覧の閲覧等を求めたが、家裁木更津支部と仲戸川や裁判所書記官佐々木吉紀、調査官飛田 勇達は、
3年以上に渡って隠蔽を続けた。
結審後から平成18524日迄、父親と弁護士達が何度閲覧に行っても無かった雄一の少年審判記録が、この日、父親と甲斐弁護士で
木更津家裁に少年審判記録の閲覧に行くと、始めて出てきた。(証拠11)
 その事実は木更津支部長裁判官仲戸川隆人外の組織的な隠蔽で、富津警察署永長署長外と地検木更津支部が違法犯罪を擁護した幇助及び共同正犯を承知で犯したのである。

                           千葉県警察本部
 上記の富津警察署の違法に関して、父親は千葉県警察(以下、県警という)本部長三谷秀史本部長(以下、三谷本部長という)他から始まり、千葉県警察本部広報県民課、苦情処理係
島田(名前不詳)外、多数県警の署員である被告訴人達が富津警察署を擁護、隠蔽して虚偽回答書作成同行使を約58ヶ月以上も続け、父親の事実を知る権利を奪い、騙し続けていた
多くの証拠もある。(証拠12) 
 尚、その後も富津警察署、千葉県警本部、木更津地方検察庁及び木更津家庭裁判所関係者は事件に対して「
曖昧、暖簾に腕押し等々の回答を延々と続けているのである。
        
平成24年6月26日午後4時40分〜5時50分から平成24年8月24日迄の千葉県警本部及び富津警察署の呆れ返る対応


                                       証拠一覧表
証拠1 平成181031日付け高等裁判所の渡辺諭史氏の陳述書
    平成18118日付け高等裁判所の武次修一郎氏の陳述書
証拠2 平成151120日付け加藤喜明名で永長庸行(警視)県警本部長宛の報告書3
    平成15728日付け富津警察署加藤喜明巡査名の物件事故報告書を富津警察署山越基次巡査が
    平成15730日付け受命者欄への署名捺印した文書1
    加藤喜明名は加藤良明であると証言している富津警察署外署員の録音テープ
証拠3 平成151120日付け富津警察署山越基次巡査が渡辺諭史氏から事情聴取した虚偽供述調書7頁に
     渡辺諭史氏が虚偽供述調書作成を訂正した6頁の訂正文書

証拠4から以降は証拠資料の整理が出来次第に掲載


平成2595  如何にも為らない司法関係犯罪! ! !



                 トップページに戻る