大氏3回目の逮捕、起訴された裁判等々の経緯他

 平成21629大他2名が千葉興業銀行本店前で違法迂回融資に対する街宣に対して、竹ア博允最高裁判所長官は、
1回目に大をでっち上げ逮捕した事件では、証人が出た為に挫折したことで、最高裁としては大をでっち上げで逮捕する
絶好の機会と捉え、東京地方裁判所で平成21年7月2日初めての裁判員裁判が行われる前に、大が東京高等裁判所正門前で
違法判決他を街宣するのを阻止する目的で逮捕させた犯罪である。
(他2名は、A男子、B女子と記載)

 裁判の進行は、最初に成瀬朝子検事が『千葉興銀から告訴状が提出されたのは平成21731日』と宣言、その後、千葉興銀
職員が『告訴状を出したのは平成2164日』と証言。しかし、平成2164日の告訴状は無く、千葉地裁は大達の告訴状
追及に数か月してから虚偽作成した。

 尚、千葉地裁の彦坂孝孔裁判長は判決後、東京高等裁判所に栄転、東京高裁の山崎 学裁判官は判決後、千葉地裁所長に栄転。

 公開質問等々を下記に年月日順に掲載

                       大氏、4回目のデッチ上げ逮捕、起訴、拘留


平成21年7月4日    大氏逮捕の状況。

平成21年7月5日    大氏2度目の逮捕に際して。

平成21年7月9日    大氏2度目の逮捕の詳細

平成21年7月13日    千葉県警、千葉公安、千葉地検及び千葉地裁デッチ上げの実体。

平成21年7月26日    こんな見え見えの違法行為を許せるのか。

平成21年8月15日    傍聴の送付。

平成21年8月21日    3人の裁判期日が伸びた。?????

平成21年8月27日    平成21年9月4日頃にA男子の保釈申請の結果が決定。

平成21年9月1日    A男子の保釈申請が却下。

平成21年9月2日    大氏「
裁判所は其処までやるかと」絶句。

平成21年9月14日    千葉県警記者クラブに3人逮捕のお知らせ等々。

平成21年9月20日    排師徳彦弁護士に陳述書送付のお知らせ。

平成21年9月24日    傍聴席98席から46席への法廷変更。

平成21年9月30日    検事は主張するが、ハンドマイクでは「大音量」にはならない。

平成21年10月3日    既に3人は面会禁止及び公判の経緯。

平成21年10月15日   大氏の保釈。

平成21年10月21日
   請願書の提出。

平成21年11月1日    村上謙介検事、成瀬朝子検事への公開質問。

平成21年11月20日   土肥景子検事への公開質問。

平成22年2月26日    彦坂孝礼裁判長、土肥景子検事への公開質問。


平成22年4月25日    彦坂孝礼裁判長の判決。

平成22年4月26日
    大氏の支援者から彦坂孝礼裁判長他の問題点の指摘等々

平成22年9月19日    山崎 学裁判長、片多 康裁判官、川村順治裁判官へ公開質問。

平成22年11月17日   これが裁判と言えますか!! 山崎 学裁判長、片多 康裁判官、川村順治裁判官他へ公開質問。

平成22年11月23日   片多 康裁判官への公開質問。(高知地裁で白バイ事件をデタラメ判決後、東京高裁裁判官に栄転)



                   トップページの戻る